東京オリンピックまでに体操が見れる人を増やしたい! ゆか編

東京オリンピックまでに体操が見れる人を増やしたい! ゆか編

スポンサーリンク

前回機械体操のルールを説明したので、今日は、「床」について紹介したいと思います。

「床とは?」

床運動(ゆかうんどう)ともいわれています。12×12メートルの正方形のゆかの上で、体操競技の技を用い演技をします。男子は、徒手体操的運動・平均わざ・静止わざ・力わざ・跳躍わざ・跳ね起きわざ・倒立回転わざ・宙返りわざを組み合わせて演技をします。

女子は、アクロバット系の技、音楽合わせたジャンプの組み合わせ、ターンを組み合わせ演技する。男子は70秒以内、女子は90秒以内で演技しなければならず、時間超過は減点の対象となります。

また、12×12メートルのラインからはみ出ると、ラインオーバーとなり減点となります。正方形のゆかの四隅を使わなければなりません。
たとえば、各頂点をABCDとし、Aから演技を開始したとすると、かならずB, C, Dに一回は到達しなければなりません。

最近の床運動では、多くの加点を得るために連続して宙返りを続けなければならないため、単発のダイナミックな技が発表されにくいという問題点が出ています。

技の種類

「平均技とは?」

いわゆるバランス技です。片足で立ち、もう片方の足を水平に保ったり、または床に対し垂直な位置まで上げて、2秒間制止する技です。
片方の足を軸として、もう片方の足を横から上げていき、Yの字になるようなY字バランスに代表される様々な技があります。

両手はその技によって位置が変わってきますが、どんな技でもふらついたり足が伸びきっていない、2秒間静止できないなど美しさが欠ける実施がなされると減点となります。
大体は、最後の宙返りのシリーズの前に呼吸を整える目的で使われることが多い感じです。

「力技」

両腕の力を使って、2秒間の静止を求めるわざです。
代表的なものは、身体を水平にして腕だけで浮かせる上水平や中水平、手をついて脚を腹筋であげる、脚上挙などがあります。
これも、美しさに欠ける演技であったり、2秒間静止できない場合は減点になります。
上水平などの水平わざは、ゆかに対してどれだけ水平に近い状態であるかも得点に関わります。
静止する以外にも上水平からそのまま倒立まで持っていくような技も力技に入ります。
普通の人からしたら、どこに力を入れたらそんな体勢になるんだ!と思ってしまうようなわざです。

「回転技」

回転わざは、あん馬のような閉脚旋回や開脚旋回などをゆかで行います。トーマス旋回から開脚倒立で回転する「ゴゴラーゼ」のようなブレイクダンスで使われるようなわざも認められています。
個人的にかなりカッコイイ技だと思っています。意外にD難度以上をとれるので、侮れない技です。

谷川翔選手が得意としてます。

「宙返り技」

ムーンサルトやシライなどといった、空中で体を回転させるわざです。
ゆかでは、前方系と後方系の両方の宙返りを実施しなければならなりません。また、ひねりを加えたわざも要求されます。
この宙返りわざの着地が決まるかどうかが、得点に大きく響いてきます。
特に最後の着地を決めるかどうかが印象に大きく関わるので、見どころのひとつです。

「ゆかの見どころ」

最近のゆかの見どころといえば、やはり「白井健三」選手ですね。
ゆかだけでも、シライという技が三つもあります。
シライという技は、複雑な閃きでできた技じゃないですが、人間の限界に挑戦している感じがします。

「シライとは?」

白井選手が一気に有名になった技です。
「シライ・グエン」とも呼ばれています。
これは、同じ時期に同じ技を発表されたので、二人の名前がついているのです。
どんな技かというと、ロンダードからバク転をした後に後方伸身宙返り4回ひねる技です。
難度は、F難度に認定されています。
白井選手以外でやってる選手は、あまり見られません。
白井選手の最後を飾る技です。

「シライ2

この技は、前方伸身宙返りを3回ひねる技です。
難度は、F難度に認定されています。
演技の中盤に前方抱え込み宙返り1回ひねりから続けてシライ2を実施します。
C+Fで0.1の組み合わせ加点がつきます。
あまり、注目されずにいますが、間違いなく白井選手の強力な得点元になっています。

これに気づいてる人は、結構体操通だと思います。

「シライ3」

最近発表されて、世界を震撼させた技、それが「シライ3」
後方伸身2回宙返りを3回ひねる技です。
体操マンガの「ガンバfly high!」ですら登場していない、凄まじい技です。
難度は、最高難度のH難度です。
白井選手の最初を飾る技です。
体力を使う難しい技なので一番先に行います。
これが着地まで決まると後は安心して見られる気がします。

「白井選手のその他のわざ」

シライ以外にも連続した伸身宙返りをやたらとひねってきます。
それぞれが割と高難度なのでもの凄く組み合わせ加点がつきます。
個人的に好きなのは、ちょっと場所を移動するのに使う側方宙返り1回ひねりです。みんなあんまりやらないのでオシャレだと勝手に思ってます。

こんな感じで今回も体操愛を語ってしまいましたが、少しでも興味を持ってもらうと嬉しいです。
まだまだ、白井選手は、技を発表していくと思うので、今後も注目していきたいと思います。

体操関連記事はこちら

体操の見方基礎編

体操の観方 あん馬

体操の観方 つり輪

体操の観方 跳馬

体操全日本選手権 まさかの展開

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

大谷翔平捻挫!

イチロー開幕戦出場!

レスリング栄和人氏パワハラで辞任

スキーエアリアル 田原直哉 オリンピック後早くも始動!

防衛省イージスアショアの能力向上を発表!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。