サーフィンを観る人を増やしたい!

サーフィンを観る人を増やしたい!

スポンサーリンク

今日は、趣味であるサーフィンについて書きたいと思います。

2020年東京オリンピックで、サーフィンが公開競技として開催されることが決定しましたね、千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(志田下ポイント)が競技会場に選ばれたということで、今後サーフィンにスポットが当たっていくのではないでしょうか。

といってもサーフィンってする人にしかわからない色々なこともあると思うので、今回は成り立ちから調べてみました。

さ調べてみると思った以上に知らないことが多かったので、またサーフィンの魅力に一つ気づいたような気がします。

サーフィン結構最近できたような感じがしますけど、実は結構歴史が古いんです。

「サーフィンの歴史」

少なくとも、西暦400年頃にはサーフィンの原形のようなものが存在していたと考えられています。

航海術に優れた古代ポリネシア(イースター島~ニュージランド~ハワイの三角形のエリア)人が、漁の帰りにボートを用いて波に乗る術(サーフィング)をはじめ、そこから木製の板に乗る様になった、というのが最も有力な説とされています。

古代ポリネシア民族については、決闘した勇者たちの話や、山の部族に嫁いだためにサーフィンができずに悲しんだ女性の話など、いろいろな話が伝わっている。

さらに、サーフィンは古代ポリネシア民族の儀式にまで登場したりと、この文化の中心的存在にまで上り詰めていました。

カメハメハ大王もサーフィン

ハワイのカメハメハ大王もサーフィンを嗜んでいたと言われています。あの銅像になっている人までがサーフィンをしているとは驚きですよね。

ヨーロッパ人で初めてサーフィンを目撃したのは、イギリス人の探検家ジェームス・クック船長だと言われています。

クック船長サーフィンを目撃

クックは、タヒチとハワイでサーフィンを目撃し、そのことを航海日誌に書き残しています。その後、これら島々にキリスト教宣教師たちなどヨーロッパ人が移り住むようになります。

宣教師たちは、布教にあたってポリネシアの文化は野蛮であるとみなし、文明化を理由に彼らの文化の一部であったサーフィンを禁止し、さらにサーフボードを取り上げて焼いてしまった。

こうして、ポリネシアにおけるサーフィンは近代において一度終焉を迎えました。サーフィンにも迫害を受けた歴史があるんですねー、こんなに楽しいのに

このように、水があれば泳がずに移動できる物を作ろうと思い舟ができた事や、雪と傾斜があれば「滑ってみよう!」と思いスキー(現代スキーは除く)が生まれた事からも、世界各地の要所々々で自然発生的に起こったものであり、起源の断定は不可能とする説もある。

また、日本に於ける起源は、1950年代に米軍により日本にサーフィンが伝わったとされる前から波乗りをしていた人も多く、実際に板子乗りをしている戦前の写真もあるそうです。

「日本のサーフィン」

江戸時代の文献に、出羽国庄内藩領の湯野浜において、子供達が波乗りをしている様子を綴った記述や、「瀬のし」と呼ばれる一枚板での波乗りが行われたという記録が残っているらしいです。すなわち、現在の山形県庄内地方が日本の波乗りの文献的な発祥の地と見なす意見があるようです。
どんな記録か見てみたいです。

現在の形式の日本でのサーフィンの発祥の地は、神奈川県藤沢市鵠沼海岸から茅ヶ崎市一帯、鎌倉市、千葉県鴨川市、岬町太東ビーチと言われており、第2次大戦後日本に駐留した米兵がそれらのビーチでサーフィンをしたのがきっかけという説があります。
九州に行ったときは佐世保の米兵が始めたということを聞いたことがあるので、米軍基地からサーフィンは流行っていったんですねー。

「サーフィンの大会の始まり」

1966年7月11日に第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川市の鴨川海岸で開催されています。やっぱり日本のサーフィンのコンテストの開催は千葉からスタートしたんですねー
1982年からは日本プロサーフィン連盟(JPSA)によるプロ大会「JPSAサーキット」(現在のJPSAツアーの前身)も行われています。

「サーフィンの大会って何するの?」

サーフィンがオリンピックの種目になった!
ほとんどの人は、そもそもサーフィンの試合って何するの?という感じではないでしょうか。

当たり前の話ですがサーフィンをします。
波に乗って、いろんな技を決めたりするのを審判が見て採点します。

大会の規模にもよりますが、1試合、15分~30分の間で行われています。
採点は、波にテイクオフ(波に乗って立つこと)したところから、ボードから海に落ちたり、自分からプルアウト(波に乗るのをやめて、裏側に抜けること)したところまでを1本として、1本ごと採点します。
制限時間内に波に乗り、得点が高かった2本の合計により争われます。
人数は、予選等では4人同時に試合を開始したりしますが、ベスト8以上は、1対1で行われることが多いです。

トップのツアーはBSで放送中

最近ではBSでWSL(世界プロサーフィン連盟)が開催するチャンピオンシップ(通称CT)が放送されるようになったのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

最近では、アメリカ育ちの日本人、五十嵐カノア選手が活躍しているので注目です。

また、サーフィンの詳しい技とか見どころについてシリーズ化していきたいので、また見てね!

サーフィン関連記事はコチラ↓

サーフィンを始めよう

実際に海でサーフィンしよう!

サーフィンでテイクオフをうまくする方法

奄美のサーフスポット

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

大谷翔平 二刀流で全米に衝撃

イチローホームランをキャッチ

髙木菜那 マススタート 金メダル!初代女王に!

相撲理事選、貴乃花親方わずか2票で落選!

北朝鮮へトランプ大統領が攻撃準備か!?

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。