のぞみ34号台車亀裂についてJRが対策を発表

のぞみ34号台車亀裂についてJRが対策を発表

スポンサーリンク

新幹線に亀裂が

先日博多発東京行きのぞみ34号で亀裂が入っていた事件でJR西日本が対策を発表しました。

事件の概要

2017年12月11日(月曜日)、「のぞみ34号」〔博多駅(13時33分)発 東京駅(18時33分)行き 16両編成〕において、走行中に異臭と床下からの異音を認めたため、17時3分ごろ、名古屋駅で床下点検を実施しました。点検の結果、13号車歯車箱付近に油漏れを認めたため、前途運休としました。

また、その後の点検において、当該台車に亀裂および継手の変色が確認されました。

どれくらいの亀裂?

台車は川崎重工業が07年に製造。鋼材製で車軸を固定し、2台で新幹線の車体を支える。トラブルがあった台車を博多総合車両所(福岡県那珂川町)で調べた結果、台車枠(長さ約3.3メートル、幅約2.1メートル)の1カ所に両側面約14センチ、底面約16センチのコの字形の亀裂が見つかった。JR西によると、亀裂は底部から上部に向かって進み、あと3センチで最上部に達して鋼材が折れる恐れがあった。

JR西日本

JR西は亀裂の原因について「現時点では不明」としたが、運輸安全委員会は重大インシデントと認定。中橋和博委員長は19日、「突発的に亀裂が生じたとは考えにくい。台車に細かい傷があり、何回か走行するうちに広がったのではないか」との見方を示した。

途中で異常に気が付かなかったのか?

小倉駅(北九州市)を発車した同日午後1時50分ごろに客室乗務員が異臭に気づき車掌に報告したが原因は分からず、東京の指令員の指示で岡山駅から乗り込んだJR西の車両保守担当者三人のうち少なくとも一人が、次に停車した駅で詳細な点検が必要ではないかという趣旨の提案をしたが、実施されずに新大阪駅まで運転を続けた。

列車は同駅でJR東海の乗務員に引き継がれ、JR西の保守担当者も降車した。

博多駅を出発後、JR東海による床下点検で運転を打ち切った名古屋駅まで、三時間半近く走り続けた。運輸安全委員会は新幹線で初の「重大インシデント」に認定。運輸安全委やJR西、製造した川崎重工業などによる調査が続いている。岡山駅(岡山市)から車両保守担当社員が乗車した。

どこの世界でもあることですが、定時制等を売りにするがあまりに、異常があるのを都合よく解釈してしまうことがあります。

専門用語でいうと「バイアス」というやつですね。

バイアスとは?

人は情報を伝達するときに、いろいろな判断をします。その判断に影響を与えているのが経験とか現状です。バイアスとは、何か異常を感じた時に、「おかしいんじゃないですか?止めたほうがいいですよ!」という意見を、「今までもこういう経験はあるし、振動とかもひどくなってないから大丈夫じゃない?」みたいに都合よく考えてしまうことです。

今回の事件では、最終的には事故に至る前に運行をやめているので、個人的には非常にいい判断をした!と思っています。

こういうケースの場合ズルズル事故が起こるまで運行を続けがちですが、遅れや損失に負けずに運行をやめたのは英断だと思います。

重大インシデントとは?

航空、鉄道、船舶の交通における、「事故が発生するおそれがあると認められる事態」のこと。通俗的には「あわや大事故」となりかねなかった事態というように理解される。

航空法や鉄道事業法では、事故につながる懸念が認められる事態が発生した場合に、その状況を国土交通大臣に報告する義務が設けられている。この規定に該当する事態が重大インシデントと呼ばれている。

航空法では、重大インシデントは「航空事故が発生するおそれがあると認められる事態」

を指す。そして、「航空事故」とは、航空機の墜落・衝突・火災による機体の炎上、航空機による人の死傷、航空機内における人の死亡・行方不明、および、航行中の航空機の損傷、といった事態を指す語である。すなわち、航空における重大インシデントは、航空事故には至らずに済んだものの一歩間違えれば事故が発生しえいたという状況を指します。

国土交通省運輸安全委員会が、重大インシデントの発生した原因の調査や再発防止のための研究を行っている。

航空業界では時折発生していましたが、鉄道業界では初めてです。これがあると関係者は報告をしたり調査をしたりとなかなか帰れない日々が続くそうです。安全手大切ですね!

JRの再発防止策

JR西日本の吉江則彦副社長は「安全性への信頼を裏切った」と謝罪し、全台車で微細な傷の有無を確認する臨時検査を実施するとしたうえで次の3項目を対策として挙げている。

  1. 異常が無いことを確認できない場合は、躊躇無く 列車を止めることを徹底する
  2.  今回の事象を踏まえて「音、モヤ、臭い」等が 複合的に発生した場合は、直ちに列車の運転を見 合わせて車両の状態を確認することを徹底する
  3.  現地の状況がより正確に指令員に伝わるように、 コミュニケーションツールの活用を検討する 。

以上に加えて、社長を委員長とする「新幹線安全性向上委員会」を12月16日(土曜日)付けで立ち上げました。本件の原因究明と再発防止に向けた調査、対策の策定および実施を進めるとともに、新幹線の安全性向上を図っていくということです。

こういう事件は事故につなげなかったのはよかったと思うけど再発防止に頑張ってほしいですね!

事故関連記事はコチラ↓

航空事故!着陸後空港からはみ出たトルコ機

電車で出産!めでたいのに批判するやつがいる

ネパールで旅客機が着陸失敗 49人死亡確認 滑走路反対から進入?

飛行機遅延!インドで牛が滑走路侵入!

管制システムのトラブルで飛行機が引き返す

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

ザキトワ 不調の原因は成長期!?

大谷翔平 初2,3塁打!話題沸騰中!

伊調馨 パワハラで栄和人コーチを訴える! 様々なところで影響も

スピードスケート女子高木美帆 メダル届かず!

サーフィンやりたい テイクオフ編!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。