GACKTブログで本名公開の真相を語る!

NO IMAGE

スポンサーリンク

GACKTさんが本名を公開して話題になっていますね!私は正直格付けと、高校時代に見た衝撃的なマリスミゼルのイメージしかなかったんですが、ブログを読むといろいろな思いが、載っていて驚きました!

事業主としてのGACKT

GACKTさんの本名は「大城ガクト
「初めてこんな風に本名で出ることとなる」
GACKTさんは2017年12月26日更新したブログで、自身が参画する仮想通貨の事業「SPINDLE」について言及しました。

「SPINDLE」公式サイトには、「Team / Advisors」のページに「BLACKSTAR Members」として、「大城ガクト」の名前が記載されている。プロフィール欄には歌手活動をはじめとするこれまでの実績とともに、
「語学(日、英、中、韓)も堪能で、2012年にマレーシア・フィリピン・香港に移住し、事業投資を中心に多くのアジア諸国のビジネスシーンで活躍。現在は諸外国との政府・王族との親密な関係を築き、アジア諸国のブリッジストラテジスト・ビジネスインフルエンサーとして国内・海外の企業マーケティングを牽引している」これまでも名前を出さずに目立たないようにやってきたというが、今回は「キッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという当たり前の想い」と「世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思った」ため、表に出る決意をした。本名で出ることは初めてだという。

さらに、仮想通貨の可能性について、「国境とか国や政治を超えた【貨幣の民主化】ともいえる」と主張。紙幣や銀行の建物が姿を消し、
「国単位の支配体制から、新たな経済の世界地図が作り変えられる。これは近い将来必ず起こることだ」
と予見しています。

私は、正直こんなに事業をGACKTが行っているとは知りませんでした

事業に着手した理由については、
「仮想通貨における投資の優位性に気付いてもらうために広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思ったから」
と明かした。

と、事業家としての一面を知ることができました。

GACKTの投資論

「日本人は勤勉な民族だ。
戦後教育によりほとんどの日本人が
投資教育を受けずにただ仕事をすることを美徳としてきた、
この戦後数十年間。

これにより国は凄まじい復興を遂げた。

だが、今のボクらの生活はそんな祖父や祖母のいわば預金だけで
生活をなんとかさせてもらってるようなものだ。

世の中を見渡すと

殆どの人が疲弊している

なぜか?

『給料が少ない』
『お金がない』
『生活にお金が足りない』

そして、
それを改善するためには、
転職をするか、
仕事を増やすか、
の選択肢しかないと本気で信じているからだ。

日本人の多くは、
給料の高い仕事はいい仕事で
安い仕事はダメな仕事と思っている人が異常に多い。

それでは、
給料の安い仕事は無くなってもいいものなのか?

無くなっては困る仕事が
実際はいっぱいある。

それでは、
仕事とはなにか?
ハッキリと答えられる人がどれだけいるのだろうか。

ボクはこう思う。

仕事とは?
周りの大切な人を支えるもの、
街を支えるもの、強いては国を支えるもの。

つまり、
これは【義務】とも言える。
その対価が給料ということだ。

そして、
日本人の多くは偏っていて
大きく欠けている思考が存在する。

【投資】だ。

投資とは?
生活を豊かにするためのもの。

生活を豊かにするために投資をし
キッチリと自分のやるべき仕事をする。

これは豊かなライフプランを実現するためには
絶対的に必要な思考だ。」

最近自分もやりたいことと、経済力の差を考える時があります。

確かに、投資は胡散臭い気もするし、損する怖さがあるからねー

思い切って勉強して、勝ち組になりたいなー!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

イチローに戦力外通告の危機!

大谷翔平開幕から二刀流で全米に衝撃!

藤井聡太 目指せ7段昇段!

平昌 パシュートマススタート 髙木菜那 マススタート初代女王に輝く!

元スノーボード代表、今井メロが語るオリンピック予選敗退後の地獄

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。