北朝鮮のミサイルを防衛!イージス・アショアの実力!

北朝鮮のミサイルを防衛!イージス・アショアの実力!

スポンサーリンク

イージス・アショアとは

最近よく飛んでくるミサイルどうにかできないものでしょうか?最近話題になってるイージス・アショアの実力を見て見ましょう!

日本の新たなミサイル防衛システムとして、地上配備型のイージス・アショアの導入が閣議決定された。取得費用は1基あたりおよそ1,000億円と見られており、2基導入が計画されている。

 そもそもイージスって何?

イージスの語源アイギス「AEGIS」は、ギリシャ神話に登場する主神ゼウスの持つ盾で、あらゆる邪悪を防ぐと言われている。RPGで最強の盾で必ず登場するやつです。その名の通り、様々な脅威に対抗可能なシステムとして生まれました。

開発が始まったのは1963年。まだベトナム戦争にアメリカが本格介入する前で、既に半世紀以上経過しています。

この時は予想されうるソ連の多数の攻撃機による対艦ミサイルの統制された同時攻撃から、味方の空母機動艦隊を守ることを目的としていました。このために重視されたのがリアクションタイム短縮と同時対処能力の確保でした。

これを実現するために、SPY-1フェイズドアレイレーダー

(艦橋前後に4面貼り付いている8角形の物体)と高度な情報処理を組み合わせ、多数の目標を同時に探知・識別し、艦対空ミサイルを発射・誘導できるイージス艦が誕生したのは1983年。いわば空母機動艦隊の盾として、多数の空からの脅威を防ぐ、「目」と「槍」の機能を1隻にまとめた艦船なのです。

すでに100隻以上のイージス艦が米海軍で就役し、日本、スペイン、ノルウェー、韓国、オーストラリアでも導入、または導入計画が進んでいて、艦船用システムのベストセラーとなっている。

イージス・アショアって何?

イージス・アショアは、イージス艦のシステムを陸上に移したもの。海洋を移動可能なプラットフォームとしての柔軟性は失われるが(ただし、時間はかかるが移設は可能)、常に警戒・発射可能な即応体制を構築可能で、航行に必要な人員も確保しなければいけないイージス艦と比べて人的リソースは少数で済み、低コストで運用できるとみられる。

元々、イージス・システムは、前述したように空母機動艦隊を守る軍艦用のシステムだった。

しかし、海上自衛隊でイージス艦導入に携わった大熊康之元海将補によれば、「現時点で予測不可能な脅威を撃破するために、後日必要となる新しいウエポンとウエポンシステムの統合化された増備が可能」であることがイージスの重要な設計思想だという。

これにより、元々考えられていなかった弾道ミサイル防衛に対しても、イージスはソフトウェア改修や装備の増設等で対応出来る。

イージス・アショアは、弾道ミサイル等の脅威に対するミサイル防衛を担う施設として、日本に導入されようとしている。

北大西洋条約機構(NATO)はイランの弾道ミサイルを想定して、2015年にルーマニアに配備、2018年にはポーランドにも配備を計画している。

現行のミサイル防衛システムとは何が違うの?

発射された弾道ミサイルが、宇宙空間を飛翔中(ミッドコース)に迎撃する。

その迎撃ミサイルには、SM-3ミサイルを用いるが、日本が導入するイージス・アショアには、現行のイージス艦が搭載するSM-3ブロックIAより大型で高性能なSM-3ブロックIIAを搭載すると見られる。

長射程を有するブロックIIAにより、2基を設置すれば日本全土をほぼカバー出来ると言われている。

北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が叫ばれて久しいが、世界的には巡航ミサイルの拡散・高性能化も懸念されている。

弾道ミサイル防衛(BMD)だけでなく、巡航ミサイルも含めた脅威に対応する、統合防空ミサイル防衛(IAMD)という概念が拡がりつつある。アメリカが開発中の艦対空ミサイルSM-6を搭載することで、広範囲の巡航ミサイル迎撃も可能になる。

また、日本に設置されるイージス・アショアのレーダーには、現行のSPY-1ではなく、開発中のSPY-6を搭載するとも報道されている。

最新のレーダーで性能を向上させてからの配置は、安心感増しますよね!

裏を返せば、それだけ高性能の物を配置しなければならないということですが。

 どこに設置されるの?

直近の報道では秋田県の新屋(あらや)演習場と山口県にあるむつみ演習場が候補地とされており、選定のために行う調査費を今年度の補正予算に盛り込むという。

これまでに候補に挙がっていた場所は、いずれも日本海・東シナ海に近い自衛隊施設の敷地だ。北朝鮮から日本に向けて弾道ミサイルが発射された場合、SM-3の理想的な迎撃位置は発射地点と目標の中間に近ければよいが、本州に設置する場合は日本海側が都合がよい。

既存の自衛隊施設内に建てることで、土地取得費用を抑え、警備上でもメリットがある。

11月16日の朝日新聞によれば、政府は高出力の電波を発するレーダーを置く関係上、既存の航空自衛隊のレーダー基地に配備する可能性を探っていたが、敷地面積の確保が出来ず見送ったという。

いつ完成するの?

導入までおよそ5年を想定しており、来年度予算で導入が決まったら、完成は2023年度になる。

土地は既にあるので、建設自体のハードルは低い。しかし、前述のように、SM-6やSPY-6といった新機軸を導入する場合、アメリカ側の同意や開発がイージス・アショアの導入に間に合うのかといった政治的問題、開発スケジュールの問題も考えられる。

何か問題はあるの?

予想されるのは政治的問題だ。かつて、ロシアは日本のミサイル防衛には特に何も言ってこなかったが、国境の西で接する東欧にミサイル防衛網が構築されつつある現在は、さらに極東でもミサイル防衛が強化される事態に神経を尖らせている。

今年3月の日ロ防衛相会談や11月の日ロ外相会談でも、日本のミサイル防衛に懸念を示しており、イージス・アショアの配備は日本側が意図せずともロシアとの関係悪化、対抗措置を受ける可能性がある。

また、陸上設置による、抗堪性の低下もある。イージス艦は港に停泊中こそ脆弱だが、一度沖に出てしまえば、探知・接触は困難だ。

一方、どこにあるかハッキリしているイージス・アショアは、破壊工作員や低空を侵入する巡航ミサイルの脅威が現実的なものとなる。

イージス・アショアの運用を任される陸上自衛隊は、この対策に頭を悩まされるかもしれない。

そして、人員の問題だ。イージス・アショアを運用するのは陸自とみられるが、20年以上イージス艦の運用経験がある海上自衛隊に対して、陸自には経験がない。

また、これまで長距離の地対空ミサイルは航空自衛隊、中距離・短距離ミサイルは陸自と、運用が棲み分けられてきた。

それが一気に宇宙空間を狙うSM-3から、長距離飛翔するSM-6まで陸自が任されることになるかもしれない。イージス・アショアの運用人員の育成や、ノウハウの確立が迅速に出来るのかという課題が生じてくる。

日本のミサイル防衛体制そのものも考慮すべき点がある。これまで、日本のミサイル防衛は、海自のイージス艦、空自のPAC-3が担ってきたが、これに陸自のイージス・アショアが加われば、3自衛隊でミサイル防衛を担うことになる。

一刻も早い行動が求められるミサイル防衛が、3組織に分散されることになる。現在も進められている3自衛隊の統合運用を、さらに確実に、緊密にしていく必要があるだろう。

もっと細かい問題を言えば、電波の届かない水平線の向こうの目標を迎撃可能な長射程を有するSM-6を有効に活かすためには、情報を取得するデータリンクが必要になる。

このデータリンクが日本にはまだなく、並行して導入を進める必要がある。

解決すべき課題は山積みだが、なにより日本の戦略として、脅威にどう対応するかが重要だ。このごろは北朝鮮のミサイルの脅威が叫ばれているが、ついこの前は「中国牽制」ばかり言われていた。

その中国でも巡航・弾道ミサイルの高性能化が著しい。ミサイルが落ちると北朝鮮ばかりに囚われるのではなく、もっと周囲を見回して脅威を見定めることが必要だろう。

早くミサイルからの脅威から逃れられる日が来るといいですね!

イタチごっこになるかもしれないけどミサイルが落ちてから後悔するより、しっかりとした準備が大切ですね。

軍事関連記事はコチラ

イスラエルF16 シリアに撃墜される!

改造空母で中国に対抗!

北朝鮮と対峙する日本海の今

中国に対抗F-35Aとは?

自衛隊 F35B導入へ!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

のぞみ亀裂でJRが対策を発表!

ファミコン名作ダウンタウン熱血物語

イチローに戦力外通告の危機!

フィギュア女子世界選手権 ショートはコストナー!ザキトワを抑えトップ!

雪道をランニング!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。