貴乃花親方、理事選で錣山親方を推薦か?

貴乃花親方、理事選で錣山親方を推薦か?

スポンサーリンク

理事選以外にも注目

横綱白鵬(32)に続き、横綱稀勢の里(31)も19日、休場することが決まった。6日目にして大波乱の初場所(東京・両国国技館)だが、角界の親方衆の視線は、その終了後に行われる理事選へ向けられている。さらにある意味で理事選以上に熱いのが、同時に行われる副理事選だ。

各部屋は代表者の選考に苦労

定員3人の副理事は、評議員会(池坊保子議長)の承認なく親方衆(現在98人)の投票で決まるが、理事(10人)よりも狭き門。「25票取れれば当選確実」(相撲部屋関係者)とされ、誰を立候補させるか、各一門でなかなかまとまらないのが実情だ。

親方衆の協会での役職は、上から

(1)理事長

(2)理事

(3)副理事

(4)役員待遇委員

(5)委員

(6)年寄

(7)主任

(8)参与(定年退職者の再雇用)に分かれている。

副理事は、2階級降格の処分を受け、理事から役員待遇委員となった貴乃花親方よりも上位だ。

現在は前回2016年の副理事選に立候補して当選した玉ノ井(41)=元大関栃東、芝田山(元横綱大乃国)、藤島(元大関武双山)の各親方が務めている。

このうち玉ノ井親方は出羽海一門だが、「貴乃花親方(45)=元横綱=と同じ中学(明大中野中)の後輩。玉ノ井親方は巡業部副部長として、降格処分まで同部長を務めた貴乃花親方を支えてきた」(前出の相撲部屋関係者)。

貴乃花一門が次回副理事選の候補として白羽の矢を立てているのが、無所属の立場で17日に都内で行われた一門会に出席した錣山(しころやま)親方(54)=元関脇寺尾=だ。

錣山親方を推す理由

昨年12月に「自由な立場でモノが言える立場になりたい」と時津風一門を電撃離脱。現在の役職は「委員」で、副理事となれば2階級昇格。「協会を良くしていくために発言していきたい」という錣山親方にとって願ったりかなったりだろう。

ただ、別の作戦もささやかれている。

「貴乃花親方が理事選に立候補し再選されても、親方の言動に批判的な評議員会で却下される可能性がある」(貴乃花部屋の有力支援者)

そこで錣山親方を貴乃花一門の理事候補として推す声もあるというのだ。各一門の思惑が火花を散らし、風雲急を告げている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

白鵬(32)が休場すれば、稀勢の里(31)は平幕の嘉風に押し倒されて早くも4敗目で5場所連続の休場。波乱の続く大相撲1月場所5日目のこの日、土俵の外でもちょっとした話題があった。

やくみつる氏も指摘貴乃花親方は「虚言癖」の持ち主か

貴乃花親方(45)が部屋のホームページを更新、暴行事件の被害者である弟子の貴ノ岩(27)が3月の春場所での復帰を目指していることを明らかにした。

貴乃花親方が貴ノ岩の様子などに関して公の場で説明したのは初めてのこと。「これから本人に未来を切り拓かせるためには、今回の事件を乗り越え、精神的肉体的な懸念を克服し、後遺症の恐怖にも打ち勝たなければなりません。そのための指導は、惜しむことなくして参ります」などとつづっているが、これに反応したのが協会内部の親方たちだ。

「弟子を守るとか、指導は惜しまないなんて、よく言いますよ」と、親方のひとりがこう言った。

「親方は通常、部屋で弟子たちと寝食を共にします。それこそ朝稽古に始まって夜寝るまで弟子たちの面倒を見る。弟子の日常まで把握しなければ本当の意味での教育はできないし、弟子の行動に関しては責任を負う立場にあるからです。けれども、貴乃花親方は通い品川の自宅から江東区の貴乃花部屋に通っているのです。よんどころない事情があって部屋に通っている親方も中にはいますが、ほんのひと握り。というか、通い親方なんてほとんどいません。貴乃花部屋であんな事件が起きたのも、親方の目が行き届いていない何よりの証拠ですよ」

親方の言う「あんな事件」とは昨年暮れの12月29日、新三役の貴景勝、貴公俊・貴源治の兄弟が銀座の繁華街をジャージー姿でウロウロ。あろうことか師匠の貴乃花親方が理事解任提案された翌日、服装規定違反の失態をしでかし、年明けの稽古総見で春日野理事から叱責された一件のことだ。

「弟子たちの失態は、はっきり言って貴乃花親方の指導力不足、通い親方の弊害さ」と、親方連中のひんしゅくを買ったのは記憶に新しい。

防犯カメラで弟子の様子を監視か!

貴乃花部屋に関していえば、こんなウワサもある。2016年に中野から現在の江東区に移転。その際、改装工事に関わった関係者がこう言った。

「部屋には、いくつか防犯カメラが備え付けられているといいます。もちろん、防犯上の目的でしょうけど、カメラは部屋の内部にもあるというのです。だとすれば、別の場所にいても、内部の様子が分かることになります」

あるテレビ関係者によれば、「他に大切な用事があるのか、貴乃花親方は部屋に行かないこともある」そうだ。まさかカメラがあるから部屋に行かないなんてことはないだろうが、用事があるときは、別の場所から防犯カメラで弟子たちの様子を監視しているのかどうか。いずれにせよ、弟子たちがハメを外した一件ひとつとっても、住み込みの親方と比べて目が行き届いているとは言い難い。弟子たちの不始末は、貴乃花親方の師匠としての資質と無関係ではなさそうなのだ。

貴乃花親方は4日の評議員会で、理事職を解任された。暮れの理事会では、理事・巡業部長として協会への報告義務を怠ったこと、危機管理委員会による調査への協力を拒否したことが問題視された。

組織の要職に就きながら務めを果たさずに職を解かれたかと思えば、親方としても疑問視されている。

貴乃花親方は角界を改革したい、膿を出し切るなどと言っているらしいが、組織人としても親方としても共感を得られない人が、どうやって角界を「改革」し、「膿を出す」のか。単なる不満分子という気もしてくるのだ。

相撲関連記事はコチラ↓

相撲理事選、貴乃花親方わずか2票で落選!

貴乃花親方、「理事選」基礎票では圧倒的不利なのに「当選」予測が出る理由

貴乃花一門、気になるもう一人の候補者阿武松親方について

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

小室哲哉引退会見

イチローの気になる行き先!

イージスアショアの実力!

航空事故トルコあわや海へ転落!

フィギュア女子注目選手!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。