北朝鮮への経済制裁が生み出したもの、覚せい剤の国内消費拡大

NO IMAGE

スポンサーリンク

北朝鮮の覚醒剤の現状とは

北朝鮮当局が、国内に蔓延する麻薬汚染に対し、金正恩体制の維持に悪影響を及ぼしかねない、と危機感を抱いている。近年、そんな情報が北朝鮮ウォッチャーにもたらされるようになった。

北朝鮮の物流を支える覚醒剤

北朝鮮では今、全国の公式・非公式の市場に中国製品を中心とした様々な商品が豊富に並んでいる。

あるシンクタンクの調査によると、隣接した中国の都市で調達した商品は早ければ、2日後には、北朝鮮の地方市場に届くという。

諸外国との交流が著しく制限されるなか、北朝鮮国内の流通網の整備が進んだのか。

いや、「迅速な物流には、覚醒剤が絡んでいる」とは、中国と国境を接する平安北道の貿易商の解説だ。「物品を運ぶ運転手の多くが、オルム(覚醒剤)を使っている。そうすれば、二晩程度は眠気を催さずに、目的地までまっしぐらだ

本気とも冗談ともとれぬ言葉だが、北朝鮮当局が違法薬物の蔓延に、業を煮やしているのは事実だ。

学生にも蔓延

筆者は、北朝鮮中西部・平安南道のある都市で昨年5月、秘密警察・国家安全保衛部(現国家保衛省)の地方組織が、違法薬物の取り締まり強化を目的に、地元住民の一部を対象に行った秘密集会の詳細な記録を入手した。そこには、麻薬犯罪の摘発事例が生々しく報告されている。

「この女は『カネは殺される覚悟で、稼がなければいけない』と抜かし、麻薬狂信者として策動して逮捕された逆賊だ」

集会で演壇に立った地方の保衛部幹部の報告によると、「この女」とは、下宿生活をしていた元女子大学生。卒業を目前に控え、麻薬に手を染めた。

「優秀な成績で卒業したい」と勉学に励むのを見た、下宿の女主人の「この薬を鼻に当てて吸えば、不眠不休で頑張れる」との甘言につられて使い出し、常用するようになったという。

元女子学生は、覚醒剤を1か月半使い続けていたのが発覚、退学になった。女主人は捕まったが、元女子学生はこの時はどういう訳か、逮捕を免れた。北朝鮮で横行する賄賂が効いた可能性もある。

退学後覚醒剤で荒稼ぎ!

「退学になった女は、カネをたくさん稼いで、快楽に浸って生きて行こうと決めた。下宿に居座り、食堂を運営した」

そして元女子学生は、覚醒剤を「売る側」に回るのだ。客を店に連れ込むと、まず酒を提供する。

客に酔いが回ってくると、「肌を大胆に露出した姿で」客の隣に座り、薬を鼻に当てて吸う。そして、その様子を眺める客にも勧める。

「客の気分が高揚してくると、女はまた吸う。さらに客には、錠剤(覚醒剤)も服用させる。

客はここまで来ると、すでに我慢の限界だ。女と2人で午後8時から翌朝8時まで性行為にふけった。男はその後、3日間は起きることができなかった。目が覚めると、薬を求めて、再び女を訪ねていた

元女子学生はこのようにして、多くの男を薬漬けにして一晩に30万、40万ウォンを稼いでいたという。30万ウォンと言えば、北朝鮮市民の月給の40倍前後に当たる高額だ。

北朝鮮を見張る中国の厳しい監視

北朝鮮で製造される覚醒剤などの麻薬は2000年代後半まで、中国への密輸を経由して世界に売りさばかれた。しかし、中国は近年、国境を通じた密輸に厳しく目を光らせている。

朝鮮中央通信は2011年2月、中国の公安国境警備隊が、その前年に麻薬の密輸阻止を強化し、国境地域で計2153件の事件を調査・処理し、2883人を逮捕、各種の麻薬約4tを押収したと報じた。

自国の恥ともいえる内容を、北朝鮮が報道するのは極めて珍しい。中国側の強い発表要請があったのだろう。それだけ、取り締まり強化を求める中国の圧力が厳しいということだ。

中国への密輸が難しくなったために、北朝鮮の密売組織は、だぶついた麻薬を売りさばこうと、販路を国内に求める。人々は厳しい監視社会の中で、一時の慰みを得ようとし、薬物汚染は広がっていく。報告からは、そんな実態が浮かび上がる。

保衛部幹部は集会で、次のように深刻な懸念を吐露し、報告を結んでいる。

「個人が社会的生命を失うことは、何でもない。しかし、このような(麻薬使用者の)隊列が増えていけば、最後には、祖国という大きな家が崩れ、国が滅びてしまう」

路上の売春婦にも覚醒剤が横行!

北朝鮮で庶民を相手に売春を行う女性たちの、目を覆わんばかりの実情が明らかになった。覚せい剤の力を借り道端に立ち、わずかコメ数キロ分の現金を得るために、コンドームを着けない男性を相手にする。

外見と年齢で決まる金額
「恵山市の駅前広場には、夜になると多くの売春を持ち掛ける女性や客引きが現れます。

一回の値段は中国元で20元(約300円)から30元(約450円)。客引きがいる場合には別途10元(約150円)を払います。行為をするのは近所の民家や宿屋の一室。

コンドーム無しで病気も蔓延!

男性はコンドームを着けません。客は軍人がねらい目です。駅前に降り立つ軍人は将校の場合が多く、出張のための現金を持ち歩いているためです。電車も予定通りに動かないので、時間をつぶす需要もあります」。

北朝鮮北部・両江道(リャンガンド)第一の都市、恵山(ヘサン)市の事情に詳しい脱北者は25日、デイリーNKジャパンの取材にこう答えた。30元は約4万北朝鮮ウォン。コメ9キロ程度が買える。

いずれの場合でも男性はコンドームを着用していない点が特徴だ。元々、性に対し保守的な北朝鮮では、コンドームの着用率が低いことで知られている。WHOは同国における避妊具の普及率を69%としているが、筆者がインタビューした多くの男性のコンドーム着用率はなんと「ゼロ」であった。チュ記者のブログはこう続く。

「妊娠した場合には、女性が処置をするだけです。性病検査などはしないので、梅毒など、たくさんの性病が蔓延しています」

本来は恥じらいの多い北朝鮮の女性たちに、勇気をもたらす「覚せい剤」のまん延!

「売春する女性の多くは、麻薬に酔った状態で道端に立ちます。『オルム(氷)』と呼ばれる麻薬(覚せい剤)は1グラム50元(約750円)程度で買えます。これを10回に分けて吸うんです。こうすることで、夜通し通りに立つことができるようになるだけでなく、見知らぬ男性の前での恥ずかしさも抑えることができるというのです

「オルム」はメタンフェタミン、すなわちヒロポンのことだ。地域と品質によって異なるが、北朝鮮では1グラム(10回分)を50元から120元(1800円)で気軽に買うことができる。

北朝鮮で売春が、職を持てない女性の主要な収入源になっていることは、これまで本誌を通じ何度も述べてきた。女子大生から主婦まで、商売をする元手が無い者にとっては、唯一とも言える生計手段として完全に社会に根付いている。

だが、女性たちを待ち受けているのは「破滅」である。北朝鮮には麻薬中毒患者のための施設などなく、自慢の「社会主義無償医療システム」も、薬品はすべて市場で自前に入手しなければならないという、看板倒れに過ぎないのが実態だ。性病か薬物中毒で倒れれば、現金収入が絶たれ、死ぬしかない。

あらゆるセーフティネットのない社会、北朝鮮で、今日も貧しい庶民の女性は道端に立ち、無防備にその体を差し出しているのである。

北朝鮮関連記事はコチラ↓

北朝鮮の覚せい剤

北朝鮮のミサイルを撃ち落とせ

北朝鮮に経済制裁が効かない理由

北朝鮮へトランプ大統領が攻撃準備か!?

北朝鮮 金正恩の実の妹金与正、韓国で存在感示す!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

韓国10億円返す、過去にも同じようなことが・・

イチロー気になる行き先は?

イチローに戦力外通告の危機!

オリンピック特需 いろんなものが意外に流行った韓国

フィギュア団体 長洲未来 日本メダルならず!長洲未来のふとももが話題に

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。