関東で大雪!いろんなところで大混乱!

関東で大雪!いろんなところで大混乱!

スポンサーリンク

大雪影響が大

大雪の影響で鉄道のダイヤが大幅に乱れるなど帰宅ラッシュに影響が出てますね混乱が早く収まることを願いたいですね。

都内の鉄道では遅れが相次ぐ

JR東日本などによると、22日夕から中央線快速や山手線、京浜東北線などで運行本数を減らした。新宿駅(東京都新宿区)や渋谷駅(渋谷区)、品川駅(港区)、横浜駅(横浜市)などでは入場規制が実施された。私鉄は東急田園都市線の下りで約1時間20分、小田急江ノ島線の下りで約1時間の遅れが出た。

JR東日本は午後から山手線、京浜東北線、埼京線など首都圏の広範囲で本数を減らして運行。東京と長野方面を結ぶ「あずさ」など特急も午後から運行を取りやめた。私鉄も大幅にダイヤが乱れ、東急電鉄は田園都市線で1時間を超す遅延が発生。駅構内に人があふれて危険と判断し、午後4時から渋谷駅で入場を制限した。JRの蒲田駅、京急電鉄の品川駅などでも入場規制があった。
夕刻、渋谷駅では「降雪の影響でホームが大変混雑しております」と放送が流れ、帰宅を急ぐ人たちでごった返した。
千葉県に住む大学生の女性(22)は、バイト先をいつもより4時間早く出て帰途についた。「こんなに混むなんて……。困りました」。あまりの混雑に普段使う路線の利用を断念し、別の改札へ向かった。

新幹線でもダイヤの乱れ

東北新幹線は22日夕、那須塩原-新白河駅を走行中の新幹線でパンタグラフが降下するなど3件のトラブルがあり、一時運転を見合わせた。最大で約1時間10分の遅れが生じ、約1万6000人に影響した。東海道新幹線も午後2時50分から速度を落として運行し、最大約40分遅れた。

高速道路でも通行止めなど影響

中日本高速道路などによると、午後8時現在、東名高速道路東京インターチェンジ(IC)-厚木IC、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)茅ケ崎ジャンクション-県央厚木ICの上下線などが通行止めになった。都心と東京・お台場をつなぐ「レインボーブリッジ」は上下線で通行止めになり、一時数十台が立ち往生した。

空の便 成田、羽田で影響

空の便も羽田空港と仙台空港に発着する便を中心に欠航が相次いだ。午後8時50分までに、日本航空で122便、全日空で97便の欠航が決まり、乗客計約2万6000人に影響が出た。
成田国際空港会社などによると、午後7時20分ごろ、マニラ発の日本航空機(乗客乗員192人)が着陸後に滑走路で一時立ち往生した。けが人はいないとみられる。雪の影響の可能性があるという。

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。
JALでは、22日は羽田を午後5時30分に出発予定の伊丹行きJL131便や、那覇を午後4時40分に出発予定の羽田行きJL916便など、羽田や成田を発着する国内線56便が欠航。約7200人に影響が生じる。
ANAでは、22日は羽田を午後3時に出発予定の札幌(新千歳)行きNH69便や、新千歳午前10時20分発予定の稚内行きNH4821便など、羽田や新千歳発着の国内線42便が欠航。約4800人に影響が出る見通し。
エア・ドゥ(ADO/HD)では、22日は羽田を午後3時50分に出発予定の新千歳行きHD29便などや、新千歳午後4時発予定の仙台行きHD108便など、羽田や新千歳を発着する計22便の欠航が決定している。
ソラシドエア(SNJ/6J)では、22日は羽田を午後5時50分に出発予定の大分行き6J95便など、羽田発着の11便が欠航。約970人に影響が出る見込み。23日は、羽田午前8時5分発予定の宮崎行き6J53便の欠航が決定している。
気象衛星による22日14時7分現在の雲の画像(気象庁提供)
ピーチ・アビエーション(APJ/MM)では、22日は関西空港を午後2時に出発予定の仙台行きMM135便など、仙台や成田、羽田の発着便を中心に、国内線12便、国際線3便が欠航。1892人に影響が出る見通し。23日は、羽田午前1時55分発予定のソウル(仁川)行きMM809便の欠航が決まった。ピーチでは、22日と23日の欠航は現時点のもので確定だという。

交通事故も多発!

首都圏がまとまった積雪に見舞われた22日、鉄道を中心に交通機関が大きく乱れ、帰宅する人の足を直撃した。事故やけが人も相次いだ。23日も雪の影響は続くとみられ、入試の開始時間を遅らせる学校もある。
東京消防庁によると、都内では22日午後5時現在、降雪による転倒事故で少なくとも40~80代の16人が救急搬送。搬送されたのは男性11人、女性5人で重傷者はいなかったという。警視庁によると、22日午後4時半までに、雪が原因の人身事故が9件、物損事故が74件発生した。


新宿駅にいた東京都文京区の会社員、高橋康洋さん(55)は「午後から長野県へ1泊で出張する予定だったが、特急が運休したので出張はなくなった。会社からは自主的に帰るように言われているので、もう直帰します」と話した。
東京都港区のレインボーブリッジでは22日午後、数台が絡むスリップ事故が発生し、車約50台が立ち往生した。高速道路でも、圏央道や東名高速道路の一部区間など、関東地方を中心に通行止めが相次いだ。東日本高速道路によると通行止めは23日も続くおそれがあるという。
23日に入試を予定している首都圏の私立大学や私立高校では、開始時間を遅らせる学校もある。和洋女子大学(千葉県市川市)は23日の一般入試の開始時間を30分遅らせることを決定。推薦入試を予定している明治大学付属中野八王子高校(東京都八王子市)は、開始時間を4時間遅らせる。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

雪道をランニング

雪道をランニング2

川内氷点下の中世界記録達成!

航空事故!空港から飛び出たトルコ機!

貴乃花親方、理事選で錣山親方を推薦?

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。