相撲理事選、貴乃花親方わずか2票で落選!

NO IMAGE

スポンサーリンク

大惨敗に終わった理事選

2日に投開票が行われた日本相撲協会の理事候補選は、劣勢が予想された貴乃花親方(元横綱)が落選した。しかも、当選ラインを大きく下回るわずか2票。

負け戦を覚悟した出馬だったとはいえ、1カ月前に理事解任処分を受けたばかりの元大横綱の立候補に、親方衆からの支持は全く集まらなかった。

貴乃花親方不敗神話崩れる!

日本相撲協会の理事候補選に向かう貴乃花親方(2日午後、東京・両国国技館)
貴乃花一門からは貴乃花親方と阿武松親方(元関脇益荒雄)の2人が理事候補選に出た。無所属の錣山親方(元関脇寺尾)ら3親方を含めて持ち票は11票とみられていたが、投票結果は貴乃花親方が2票、阿武松親方は8票と合計10票どまり。副理事候補選も、錣山親方が落選する憂き目を見た。
2010年から4期連続で理事を務めてきた貴乃花親方は、これまで一門の枠を超えて若手・中堅の親方衆を中心に協力を得てきた。今回は立候補当日の1日に部屋のホームページで「大相撲は誰のものか? その公益性の意味を考え直し、正す時期にきている」と訴えたが、支持は全く広がらなかった。
無謀な出馬だった。一門内で阿武松親方に一本化するなか、票読みの段階から勝算は見えなかった。元横綱日馬富士の暴行事件を巡って協会に報告を怠り、弟子の貴ノ岩の聴取要請も再三拒否するなどで、先月4日に理事解任の処分を受けたばかり。

一般の会社役員であれば、処分からこの短期間で役員に復帰することはあり得ず、少なくとも今回は出馬を辞退して「1回休み」とするのが常識のように思えた。
貴乃花親方の狙いは何だったのか。投開票後、当選した貴乃花一門の阿武松親方はこう語った。「(理事候補の無投票当選ではなく、親方衆に)投票をしていただくことが、やはり相撲協会の活力になると私たちは話していた」。票数が伸びないことや落選は覚悟していたという。

次へのステップとしては目的を達成か!?

出馬が相撲協会の活力になったかは疑問だが、ある程度は目的を達成できたのかもしれない。
前日の昼には部屋のホームページに理事立候補の決意表明を掲載し、協会の現執行部を暗に批判しながら相撲界の理想像を説いた。沈黙を続けてきただけにインパクトは大きく、テレビのワイドショーや情報番組はこの話題で持ちきり。ネット上でもすぐにニュースとして取り上げられて拡散した。貴乃花親方は「とにかく行動あるのみ」と語ったことがあるように、そこに打算はないのかもしれない。だが、結果的に「次の理事選」へ向けても大きなアピールとなったのも間違いない。
貴乃花親方を中心とした劇場型ともいえる騒動が起き、そろそろ3カ月がたつ。角界には問題が山積しており、協会内で無用な対立をしている時間はないはずだ。ある中堅親方は「みんなで協力し合い、まとまっていくことが大事。足の引っ張り合いをしている場合ではない」と訴えている。

票のカギは時津風一門

初めて2人を立てた貴乃花一門への警戒感で、他の五つの一門はほぼ結束を守った形で、各候補者が得票を伸ばした。
鍵を握ったのは、16人で鏡山親方(元関脇多賀竜)1人を擁立した時津風一門だった。当選ラインは9票で確実。そこで11票獲得して、余裕のある残り5票を他の一門に回した。
相手は時津風一門として当選して欲しいが、足元に不安のあると思われる候補だ。まずは、支援している八角理事長(元横綱北勝海)に1票。次は出羽海一門の境川親方(元小結両国)へ1票。前回選挙で票の割れた伊勢ケ浜一門の高島親方(元関脇高望山)には計3票が渡った。
その他では高砂一門に反理事長派がいたが、外に票が出たのは2票。うち1票は子ども同士が結婚した貴乃花親方(元横綱)へ回ったと見られる。
貴乃花親方と最下位争いをすると思われた出羽海一門の山響親方(元関脇巌雄)の基礎票は5票。そこに貴乃花一門と高砂一門から計3票を上積みした。
結果的に基礎票が物を言った。11票で2人を目指した貴乃花一門には、初めから厳しい選挙だった。

やくみつる氏、理事選を振り返る

漫画家、やくみつる氏(58)が2日、レギュラーを務めるフジテレビ系「みんなのニュース」(月?金曜後4・50)に出演。この日、東京・両国国技館で行われた日本相撲協会の理事候補選挙で貴乃花親方(45)=元横綱=がわずか2票しか集められずに落選し、5期連続の当選を逃したことに言及した。
貴乃花親方は1日付で貴乃花部屋のホームページを更新した際、日本相撲協会理事候補選挙に立候補した理由について声明文を発表。協会の現状について「度重なる暴力事件や不祥事により、国民の皆様の期待を大きく裏切り、社会的な信用を損なった結果、組織としての公益性や透明性が大きく問われております」と厳しく指摘し、「大相撲は誰のものか? その公益性の意味を我々は考え直し、正す時期に来ている」などと問題提起していた。
やく氏は「己の理念のようなものを表明されたことはよかったと思う」と評価した上で、「本当に公益法人として改革、公益性や透明性を高めるとなると、理念だけでは済まないどえらい問題がある。そこに手をつけられるか。それはある程度自分が地位を高めてからでないと、とてもじゃないと動かない」と今後を心配していた。

暴行事件の対応影響か?

最大の敗因は、元横綱日馬富士の傷害事件に絡む対応への評価だった。巡業部長としての報告が遅れたほか、「警察の捜査を優先する」として被害者の貴ノ岩の協会聴取を度々拒んだことで、評議員会からは理事を解任されている。
ある親方が言う。「なぜあんな行動を取るのか。いろんな人に説明を求められて困った」。協会関係者からすれば、説明を拒み、問題を長期化させる姿に見えたのだろう。それは拒否感にもつながっていった。

活力ある組織に

貴乃花一門から出馬して初当選した阿武松親方(元関脇益荒雄)は、一門から2人が立候補した経緯について「投票して頂くことがその後につながると信じて臨んだ」と説明した。「大事な仲間で友人」という貴乃花親方(元横綱)との同時当選はならず。「ファンに愛され、活力ある組織になるよう全力で仕事をしたい」と厳しい表情で語った。
同じく初当選の芝田山親方(元横綱大乃国)は「置かれている状況を踏まえて協会を支えるのが使命だ。人それぞれ性格があるが、協会として一本化していきたい」。前回落選した高島親方(元関脇高望山)は最多得票での当選に「一門が団結した結果」と語った。
再選した尾車親方(元大関琴風)は事業部長として一連の不祥事の対応にあたってきた。「残念なことが二度と起こらないように、再発防止に取り組んでいく」と決意を述べた。

貴乃花親方関連記事はコチラ↓

貴乃花一門、気になるもう一人の候補者阿武松親方について

貴乃花親方、「理事選」基礎票では圧倒的不利なのに「当選」予測が出る理由、相撲通が思いを語る。

貴乃花親方、理事選で錣山親方を推薦か?

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

今井メロが語るオリンピック予選敗退後の地獄

中学生、学校から水銀持ち出し土壌汚染!

ザキトワ不調の原因

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。