北朝鮮の話題ばかり? いまいち盛り上がらない平昌五輪・・・現地に漂う「嫌なムード」

北朝鮮の話題ばかり? いまいち盛り上がらない平昌五輪・・・現地に漂う「嫌なムード」

スポンサーリンク

2月9日からいよいよ開幕する平昌冬季五輪。韓国にとっては1988年ソウル五輪以来30年ぶりのオリンピックで、しかも史上初の冬季五輪だ。

大会前は北朝鮮の話題が先行している平昌五輪

国際スポーツ大会開催に強い意欲を示し、ワールドカップに世界陸上、F1などのメガスポーツ・イベントを開催してきた韓国からすれば、実に意義深いスポーツイベントになってもおかしくはないはずだが、どういうわけか平昌五輪だけはなかなか盛り上がらない。

世論調査機関のギャラップ・コリアが2017年2月に行った調査では「関心がある」という回答が48%と半数を下回り、米経済誌フォーブスが昨年末に掲載した記事によるとチケットの売り上げは目標だった110万枚のうち、1/3以下となる33万枚しか売れていなかった。

ところが、最近は状況が一変。19日の南北閣僚級会談で北朝鮮の五輪参加が決まって以降、韓国では「平昌」の二文字を見ない日はない。北朝鮮からやって来る芸術団や美女応援団のことはもちろん、1月20日に正式決定した女子アイスホッケー「南北合同チーム」の関連ニュースが毎日のように報じられているのだ。

それだけ人々の関心が江原道の山間にある小さな街に注がれている証拠だろう。

それまで平昌五輪をめぐる最大の話題は、「人々が関心を持たないこと」だった。しかし今は違う。平昌五輪に関する記事にはコメントがたくさん付くようになり、日常生活で話題に上る回数も増えた。ようやく「オリンピック・モード」のスイッチが入った印象だ。

「もっとも、肝心のオリンピックの価値は埋もれてしまっている」と自嘲気味に嘆くのは、『中央日報』のソン・ジフン記者だ。同紙スポーツ部の記者として先月から平昌入りしている彼は、ため息交じりでこう語る。

「良くも悪くも人々の関心が高まったのは事実ですが、関心が注がれているのはあくまでも南北合同チームや北朝鮮で、オリンピックそのものではありません。スポーツイベントとしてのオリンピックの価値が、政治的イシューに埋もれている状況なのです」

確かに韓国求人サイト「アルバ天国」が今年1月に行ったアンケートを見ても、「平昌五輪に関心がある」との回答が77.6%で、以前よりは関心が高まったことを感じさせる。

オリンピックより北朝鮮に注目

ただ、韓国メディアが連日報道しているのは、北朝鮮の平昌五輪参加による政治的意図や市民らの反応、韓国入りした「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長や北朝鮮選手団のルックスと言動など、北朝鮮に関するニュースばかり。

1月23日に江原道メインプレスセンターで行われた開・閉幕式メディアブリーフィングでは、国内外の記者から北朝鮮や南北合同チームに関する質問ばかり繰り返された。大会の見どころや注目選手、競技の魅力などはなかなか目にすることができず、世間では平昌五輪ならぬ「平壌(ピョンヤン)五輪」と囁かれるほどである。

「北朝鮮の参加を賛成する人々が多いのも事実。大会期間中は半島の平和が保証されるわけですから。ただ、女子アイスホッケーにしても、アルペンスキーにしても、ショートトラックにしても、北朝鮮は出場資格を正当に勝ち取ってはいない。にもかかわらず政治的決断が多分に働いた特別扱いで平昌五輪に出場できることに嫌気を感じる者たちも多い。オリンピック精神に反するのではないか。そんなネガティブな見方もあるんです」(ソン・ジフン記者)

韓国の組織委員会も平昌五輪を盛り上げようと躍起

そうした話題先行型の“北風”に負けじと、韓国の組織委員会もさまざまなマーケティング活動を展開して、平昌五輪を盛り上げようと躍起だ。前出のソン記者も言う。

「現在、微力ながらオリンピックの雰囲気を醸し出しているのが、スターを多数起用した聖火リレーと、マスコットキャラクターを活用したマーケティングです」

昨年11月から行われてきた聖火リレーは、まさにスターたちがめじろ押しだった。過去の五輪メダリストはもちろん、女子プロゴルフのイ・ボミ、K-POPアイドルのスジ、さらには韓流スターのチャン・グンソクなど多くの著名人が投入された。

スホランとバンダビ

白虎の“スホラン”とツキノワグマの“バンダビ”といった大会公式マスコットも大活躍。16年6月の発表時は「どこか残念なキャラ」と厳しい指摘もあったが最近は人気で、今年1月に発売されたマスコット人形のニューモデルは1週間で4万セットも売れたという。

このマスコット人形の売れ行きでもわかる通り、“平昌グッズの売れ行きはそこそこ堅調だ。

大手デパートなどでは平昌五輪公式グッズの期間限定ポップアップストアを運営しているが、昨年末に発売された平昌五輪の公式商品「平昌ロングダウンコート」は、発売当日にほぼ完売するほどの大人気を博した。

先日は、平昌五輪を記念して1日1万個限定で発売したマクドナルドの「平昌韓牛シグネチャーバーガー」があっという間に全店舗で売り切れ。

この“意外と盛り上がっている”かのような現象に対し、『韓国スポーツ経済』をはじめ多数の韓国メディアは「ただの遊び感覚にすぎない。この雰囲気がそのまま平昌五輪の興行へ繋がる可能性は…」と分析する。ソン記者も語る。

「例えばオリンピック関連コンサートやテレビ各局が用意周到に準備している平昌五輪特番も多数予定されているのですが、それらはまったく話題にはなりません。逆に言えば、今、話題になるのは聖火リレーとマスコット、関連グッズくらい。肝心の競技観戦については、あまり話題になっていないのです」

観客席がガラガラの可能性も

それはチケットの販売率を見ても一目瞭然だ。1月26日に発表されたチケットの売り上げ率は72%。以前に比べるとだいぶ引き上がってはいるが、ソン記者はとある問題について懸念を示した。

「売られたチケットの中には、平昌五輪組織委員会の要請によって地方自治体や企業などが大量に購入した分も含まれています。企業が1000枚を購入したとすれば、はたしてそれが1000人の観客となるでしょうか。チケットは完売しても、観客はガラガラな試合があるかもしれません

さまざまな不安要素を抱えたまま開幕を迎えようとする平昌五輪。せっかくのオリンピックを台無しにすることだけは避けたいものだ。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

平昌オリンピックメダル予想で日本金「3」個。連覇狙う羽生は?スピードスケートに注目!

平昌五輪主将・小平奈緒の涙 結団式前に同級生が死去

フィギュア女子!四大陸選手権!日本表彰台独占!

北朝鮮美女応援団を韓国へ派遣!練習開始!

オリンピック注目選手 フィギュア女王 メドベデワ

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。