イスラエルのF16ファルコンがシリアに撃墜される!

イスラエルのF16ファルコンがシリアに撃墜される!

スポンサーリンク

F16撃墜される

イスラエル軍は10日、同国北部で戦闘機がシリア軍から大規模な攻撃を受け、1機が墜落したと発表した。報復としてシリア国内の12カ所を攻撃したとしている。

報復合戦の結果か

イスラエル軍はこれに先立つ同日未明、シリア中部パルミラ近郊にあるイランの軍事施設から発進してイスラエル領空に侵入したイランの無人機を、戦闘ヘリコプターで撃墜していたという。

同施設に対して戦闘機8機で報復攻撃を仕掛けたところ、シリア軍から激しい対空砲火を浴びた。

墜落したF16戦闘機のパイロット2人は脱出したが、うち1人はこの時に重傷を負ったとされる。

軍の声明によると、報復攻撃の対象にはイランがシリア領内に設けた軍事施設4カ所が含まれていた。声明は「イランとシリアによる重大な主権侵害に対し、今後も断固とした措置を取る」と表明している。

イスラエルのダノン国連大使は国連安全保障理事会に対し、イランの行動を非難して「挑発」の停止を求めるよう要請した。

一方でシリアの国営シリア・アラブ通信(SANA)は、イスラエルによる基地攻撃という「新たな侵略行為」への報復として、同国空軍が複数のイスラエル軍機を攻撃したと伝えた。

またイラン外務省の報道官は、イスラエルが同国の無人機を撃墜したとの主張を「ばかげている」と一蹴(いっしゅう)した。

米国務省の報道官は同日、イランによる「悪質な活動」に引き続き抵抗していくと述べた。

ロシア外務省は全関係国に自制を求めたうえで、「シリアや他国の主権と領土を無条件に尊重する必要がある」と強調した。

緊張高まるイスラエル

トランプ米政権が肩入れするイスラエルとロシアの支援を受けるシリアの間ではこの数カ月、特に緊張が高まっている。

イスラエル軍の発表によると、この日朝、シリアからイスラエル上空に飛んできたイランの無人機を戦闘用ヘリコプターで迎撃。報復措置として、イスラエル軍の戦闘機がシリアにあるイランの無人機管制施設を攻撃した。戦闘機に向かってシリア軍の対空ミサイルが発射され、戦闘機はイスラエル北部に墜落した。
 イスラエルはかねて、シリアのアサド政権を支援するイランが将来のイスラエル攻撃を視野にシリアで軍事拠点の構築を進めていると危機感を募らせてきた。

スポンサーリンク

 

F16(ファイティングファルコン)とは

F-16はアメリカの軽量戦闘機計画でゼネラル・ダイナミクス社(現ロッキード・マーチン)によって開発された戦闘機である。アメリカ空軍では次期主力戦闘機としてF-15が採用されることが決まっていたが、F-15は高性能であると共に高価な戦闘機であったために、F-4とF-104全機の更新が難しく十分な数を揃えることが出来なかった。そのためにF-15を補完する低コストな戦闘機の開発が求められ、LWF(軽量戦闘機)計画が始まった。この計画においてYF-16とYF-17が試作されたが、YF-16が採用されF-16となった。(YF-17は後にF/A-18として海軍に採用されている)

F-16は胴体と主翼が一体化したブレンディットウイングボディを持ち、機内容量の増加や空気抵抗の減少、重量の低減などを実現している。機体フレームはジュラルミンなどアルミニウム合金78.4%、高張力鋼11%、複合材3%、チタン合金0.8%、GFRP6.8%で構成されている。

フライ・バイ・ワイヤ

操縦系統には航空機として初めてフライ・バイ・ワイヤ機構を採用し、パイロットの操作を電気信号に変換しコンピュータで制御して昇降舵などを動かしている。操縦系統は4重となっており、メカニカルのバックアップは持っていない。従来の油圧式に比べ軽量で故障が少なく、CCV技術を用いた飛行制御により、軽快な運動性能と高い操縦性を得ている。導入されたCCV技術の例としては機体の縦方向の安定性を意図的に低下させて運動性を高めるRSS(静安定緩和)や飛行状態に応じて主翼前後縁のフラップを最適な位置に動かして旋回性能を向上させるMLC(機動荷重制御)があり、また、9G以上の負荷や最大でも25.2度以上の高迎え角が発生しないように機体が自動制御されている。これらにより低高度域での機動性はF-15をも凌いでいる。

サイドスティック

操縦桿は一般的な中央配置ではなくコクピット右コンソールに配置するサイド・スティックとし、シートリクライニング角を30度と大きくすることでパイロットの対G能力を高めている。操縦桿自体も前後左右2.5mmとほとんど動かない感圧式となり、操縦桿を動かした量ではなく操縦桿に加わる圧力を感知してそれに応じて舵面変角量を制御している。

エンジンはF-15と同じプラット&ホイットニー社F100を単発で装備、後にゼネラル・エレクトリック社のF110も使用できるようになった。

F-16はコスト削減のため既製品の使用や部品の共通化、F-15のエンジンを単発で使用するなどし、安価で小型軽量かつ高性能な戦闘機となり世界各国で採用され、現在までに4000機以上が生産されるベストセラー機となった。

軍事関連記事はコチラ↓

陸自AH64ヘリ墜落、直撃の2軒のほか7軒で被害 陸自が確認

防衛省イージスアショアの能力向上を発表!

自衛隊 F35B導入へ!

中国に対抗F-35Aとは?

自衛隊が改造空母でF35Bを導入!?

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

北朝鮮 金正恩の実の妹金与正、韓国で存在感示す!

中国の貨物船とイランタンカーが奄美沖300キロ沖で衝突、沈没!奄美の海岸に大量漂着物!

マラソン最強の市民ランナー川内選手世界記録達成!

イチローホームランをキャッチ

ザキトワ 不調の原因は成長期!?

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。