スノーボード女子スロープスタイル 藤森由香 日本勢は藤森トップ鬼塚は風に涙・・・

スノーボード女子スロープスタイル 藤森由香 日本勢は藤森トップ鬼塚は風に涙・・・

スポンサーリンク

(12日、平昌冬季五輪第4日、スノーボード女子スロープスタイル)

鬼塚雅、風の状態が悪く、技術でカバーできるものではなかった。風に負けた

あふれる涙を止めることができなかった。「自分の実力を出し切れなかった」と唇をかんだのは、メダル候補に挙げられていた鬼塚雅(星野リゾート)だ。

【写真】スロープスタイル女子決勝の競技を終えた藤森由香=白井伸洋撮影

雪煙が舞うほどの強風が吹き荒れる悪条件だった。コース後半にある三つのジャンプ台では、目まぐるしく変化する風向きに苦戦し、ほとんどの選手が転倒。その風に、鬼塚ものまれた。

決勝で滑った2本はいずれも、二つ目のジャンプ台で着地に失敗。「(コーチから)追い風だって言われてスタートを切っても、(ジャンプ台まで)行ってみたら向かい風になっていて……」。

五輪に向けて仕込んできた大技に挑戦することもできず、19位に沈んだ。日本代表の今井勇人コーチも悔しさをにじませ、「風の状態が悪く、技術でカバーできるものではなかった。風に負けた」。

なお日本人のトップは藤森由香(アルビレックス新潟)の9位、広野あさみ(TJR)が12位、岩渕麗楽(キララクエストク)が14位、鬼塚雅(みやび)(星野リゾート)が19位だった。

金メダルをさらったのは、1月にあった世界最高峰のプロ大会「ウィンターXゲームズ」を制したジェイミー・アンダーソン(米)だ。「運がなかった」と鬼塚は嘆くが、一方で五輪2連覇を達成した実力者は、技の難易度を抑えて刻々と変わる風に柔軟に対応してみせた。

スノーボード藤森由香「満足の滑り」 最後の五輪、転倒も攻め貫く けがに悩まされた競技人生

けがに悩まされた競技人生を歩んできた。2014年ソチ五輪後にスノーボードクロスから転向し、平昌で新しい種目に挑んだ藤森由香。「日本代表としてこの場に立ち、滑り切れたことに満足している。私の好きなコースで楽しかった」と笑顔を浮かべた。


「1本目が良かったので2本目は自分のやりたい技に挑んだと思う。私の方が緊張しました」。姉でスノボ選手の太田由美さん(33)は出身の長野県長和町(ながわまち)のパブリックビューイング(PV)で観戦した。

次々と転倒する選手の姿に緊張してPVを見ていた祖母の藤森知代子さん(90)も「よく頑張ったねと言いたい」とたたえた。
「初めは賞品が楽しみだった」。藤森がクロスを始めたのは小学4年生のとき。大会を重ねるごとに才能が開花した。実家がスノボショップを営んでいたこともあり、環境に恵まれていた。
藤森の実家近くでペンション「夢風船」を営む相沢法子(のりこ)さん(60)は、わが子のように見守ってきた。「大人顔負けのスキー技術で、近所でも評判の女の子だった」
五輪4度目となる藤森だが、順風満帆だったとはいえない。クロスは4~6人の選手が並んでコースを滑り降り速さを競う。接触して転倒する激しさから「雪上のモトクロス」といわれ、けがは付きものだった。
19歳で初めて出場した06年トリノでは7位入賞。しかし10年バンクーバーでは公式練習中に頭部を強く打ち病院に入院、医師から欠場を宣告された。その前年にも練習で転倒し、全治1カ月の腰椎骨折を負っていた。
種目転向し、初のワールドカップとなるはずだった一昨年11月の大会では、公式練習で転んで頭を強打した。五輪は今回で最後と決めている。藤森は残るビッグエアで「強い気持ちで滑って、自分の最高の技を出したい」と意気込む。
相沢さんは「今回は結果的に転んでしまったけれど、攻める姿勢を貫いて格好良かった。ビッグエアを悔いなく滑って、チャンピオンになって」とエールを送った。

風の影響は他の競技でも、日程変更相次ぐ!

韓国・竜平(ヨンピョン)リゾートで行われる予定だった平昌五輪アルペンスキーの女子大回転は12日、強風のため15日に延期となった。11日も花形競技の男子滑降が延期になったほか、スノーボード女子スロープスタイル予選が実施されなかった。大会序盤から山岳部で行われる雪上競技の運営に支障が出ている。

標高700メートルを超える平昌では風力発電の施設が勢いよく回る。スキージャンプ台に詳しい関係者は「こんな所に、よく造った」と驚いたほどだ。この日、同所であったノルディックスキー複合の公式練習は3回飛べる予定だったが、1回で打ち切りになった。
別会場であったスノーボード女子スロープスタイル決勝は予選がなくなって全選手が出場するため、演技回数は通常の3回から2回に減った。開始時間は1時間15分遅れ、転倒者が相次ぐ荒れた展開となった。メダル候補ながら、2回とも着地が乱れて15位に終わったアンナ・ガサー(オーストリア)は「風がどうなるかは宝くじのよう。公平な試合だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」と嘆いた。
近年の冬季五輪で悪天候に泣かされたのは1998年長野五輪。白馬八方尾根であったアルペンスキーの高速系種目が視界不良などのため連日のように日程変更に追われた。
大会組織委員会は安全性を優先して運営。試合は自然の中で行うため延期や中止は織り込み済みだが、選手は集中力を維持できるかも問われている。

関連記事はコチラ↓

平昌オリンピックスノーボード平野歩夢最高難度の連続技で金狙う!

平昌オリンピック 選手の敵は意外にも時差?

スキージャンプ!レジェンド葛西 準備は万端!

北朝鮮の話題ばかり? いまいち盛り上がらない平昌五輪・・・現地に漂う「嫌なムード」

懐かしいゲームを語る「スパルタンX

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。