平昌 スノーボードハーフパイプ 平野歩夢!激闘の末の銀メダル!

NO IMAGE

スポンサーリンク

平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は95.25点でマークし、ソチ大会に続く2大会連続の銀メダルを獲得した。

 

世界から絶賛!圧倒的なパフォーマンス!

快挙をもたらした2本目に五輪史上初の連続4回転を成功。歴史的な偉業に対し、海外ファンも「アユム・ヒラノは神だ」「モンスターだ」「本物だ。この男は余裕でやってのけた」と絶賛の嵐となっている。

圧巻のパフォーマンスだった。2本目。平昌の曇天に飛び出した日本のエース・平野は「ダブルコーク1440」を決めたが、止まらない。もう一本連続で決め、極寒の会場は一気に騒然となった。これが、五輪史上初となる連続4回転を成功させた瞬間だった。

1月28日のウィンタースポーツの世界的祭典「冬季Xゲーム」で連続4回転を史上初めて成功させ、世界を震撼とさせていた。しかし、さらに重圧が襲う4年に一度の大舞台で再び成功。完璧にフィニッシュし、95.25という高得点を叩き出した。

世界中のスノーボードファンは、歴史的な偉業とともに華麗な飛翔を見せた日本の19歳に対し、賛辞を惜しまなかった。

絶対王者ショーン・ホワイトとの熱戦!

競技後、優勝したショーン・ホワイトとがっちりと、抱擁を交わした。うれし涙を流すホワイトとは対照的に、すっきりとした表情を見せた平野。冬季五輪史に残るような、歴史的な名勝負を演じ切った同士、健闘を称え合った

「ショーンも自分の事で一杯だったと思う。お互い『おめでとう』と声をかけた感じです」

前回ソチ大会では大本命のホワイトが4位に沈む中、15歳の平野は銀メダル。一気にスターダムにのし上がった。

一方、ホワイトは大怪我を負い、不振に喘いだこともあった。だが、この大舞台で、強い王者の姿を見せつけられた。

「一度、去年バチバチでやり合って勝ったけど、五輪でも勝ちたかった。3本目しっかり決めたかったですね」

五輪で勝ちたかった――。サバサバした気持ちの中にも、偽らざる本音ものぞかせた。4年後、2022年の北京五輪。平野は23歳、“レジェンド”ホワイトは35歳。再戦の可能性はある。

東京オリンピックにも参戦!?

平野には、以前から“ある噂”があった。2020年の東京五輪、新種目のスケートボードで夏季五輪に挑む、夢のようなプランだ。

関係者によれば、実現の可能性はゼロではなく、ホワイトも同様に米メディアに参戦が取りざたされた経緯もあり、スノーボーダーの間で熱が高まっている。

「まだ決まってないですけど、徐々にって感じですかね(笑)今シーズン終わってゆっくり考えたいですね!」

慎重にコメントしたが、挑戦の可能性を、否定はしなかった。心身ともに研ぎ澄ませてきた五輪の舞台が終わったばかり。しばしの充電の時を経て、次へ向かう舞台は果たして……。決断に、大きな注目が集まるのは間違いない。若きスーパースターの視界の先には、何を見据えているのだろうか。

「俺は人が出来ない事をやりたいから、そこを着々と目指して行きたいですね。はっきりとは決まってないですけど何かしらで(笑)。そういうものを、何かしらで自分のモノにして行きたいですね」

前人未到の領域へ――。夢へと通じる道を、歩き続ける。

ホワイト“奇跡の連続4回転”…試合後に告白「今朝までできなかった」
 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、“カリスマ”ショーン・ホワイト(米国)が97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得。

全体最終で登場した最終試技で平野歩夢(木下グループ)を逆転し、涙の逆転Vを飾った。平野が五輪史上初めて2連続で成功させた「ダブルコーク1440」の連続技を決め返したホワイトは「今朝までできなかった」と告白。

極限まで追い詰めた平野らライバルを「誇りに思う」と称賛した。地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。

 その勝負強さは本物だった。2本目に珍しく転倒し、迎えた3本目。95.25点をマークしていた平野を超えるには平野の決めた大技で対抗するしかない。2本目で日本の19歳は「ダブルコーク1440」の連続技を決めていた。記事では全体最終試技を前に追い詰められた絶対王者の状況を、こう伝えている。

「1440に着地するだけでは十分ではなかっただろう。ホワイトはヒラノに対抗するには1440を連続で決めるしかなかった。彼はやらなければ、批難される。ホワイトはパイプ高く急上昇すると、衝撃的に困難なトリックに挑み、すべて成功させた。その結果、97.75。3度目の金メダルを勝ち取ったのだ」

 3度目の金メダルを決めたカリスマは泣いた。雄叫びを挙げ、雪の上で膝まずき、感動を爆発させた。記事によると、ホワイトは2大会ぶりの歓喜の瞬間を、こう明かしたという。

平野歩夢最高難度で金メダルを狙う!

フィギュア女子団体、長洲未来のふとももが話題に!

2018年2月14日 平昌五輪の露骨な政治利用ともみえる北朝鮮の「ほほ笑み外交」の行き着く先とは?

高木美帆3000メートルメダル届かず!

ショートトラックでドーピング陽性!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。