スピードスケート 小平奈緒 オリンピックでの思いを語り涙・・・

スピードスケート 小平奈緒 オリンピックでの思いを語り涙・・・

スポンサーリンク

オリンピックを振り返る

平昌五輪も後半戦に突入しましたね!フィギュアスケート男子では羽生結弦さんが連覇を達成、スピードスケート女子500メートルでは小平奈緒さんが悲願の金メダルを獲得したりメダルラッシュに沸いていますね!そんな中、小平さんがコメントを発表しました。

金メダルは名誉、でも生き方が大事!

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。
所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。
――今のお気持ちは。
「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」
――ご家族と話をしましたか?
「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」
――どういうことを伝えたい?
「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」
――早く金メダルには触れたいですか?
金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが強いです
――お父さんが「人間形成は周囲の人々のお陰」と言っていました。相沢病院に一言お願いします。
私は本当に人に恵まれた人生だったと思っています。相沢病院との出会いは必然であり偶然。本当に苦しい時も、成績よりも私の夢を応援してくれた。患者さんや職員の方々で喜びを分かち合えればと思っています」
――韓国の李相花選手との友情を、改めて教えてください。
「彼女は本当に、ワールドカップの時から仲良くしてもらって、スケートに対する思いは素晴らしいものを持っていて、学ばせてもらいました。私がだめで彼女が優勝したときに、私は滑走後のクーリングダウンで泣いていて、彼女は一緒に泣いてくれたので、私も気持ちに寄り添いたいなと思いましたし、彼女のお陰で次のステップに進めることがあったので、彼女との友情は深まってきたのかなと思います」
――(今年1月に亡くなった)住吉都選手への思いがあったら教えてください。
「(目を赤くしながら)正直、彼女のことは何度も何度も思い出すことが多くて、やっぱり考えないようにしていても、常に頭に浮かんでしまっていたので。それでも主将として、レースに集中して臨まなければいけないと考えていました。これは言っていいか分からないですが、住吉選手が『奈緒が金を取ったら私が取ったのと同じ』と言っていて、救われたような思いだったのですが、こうやって金メダルを取ることができて、本当は本人に報告したかったのですが、できないのは残念だと思います」
――(海外メディアから)五輪は選手の物語が現れる場だと思います。他国の選手との友情や、国を代表する誇りなどがあります。それぞれについて、どう思っていますか?
「そうですね。国に対しての誇りは、やはり日本でスポーツの専門家がたくさんいたり、独特の知恵で高めようとしているところに日本らしさがあると思っています。それは日本人の勤勉さのようなところには誇りを持っています
また、他国の選手とは、スポーツは言葉のいらないコミュニケーションだと思っています。世界の人たちの心を動かしますし、競い合って高め合っていく中で、スポーツの究極の姿が人々を動かすと思うので。
競い合うことも大事なんですけど、国の文化や言葉を知ることで、さらにスポーツの楽しさが増すといいますか。他の国の選手はどんな思いを持っているのか、どんな文化を持っているのか知ることは、その競技を高めるために必要だと思っています」
――今回の五輪、どんなアプローチがあったから金メダルを取れたと思いますか?
「やはり大学1年生から結城匡啓先生、チームメートと積み上げてきたものが鍵になったと思います。気づきや発見をしっかり共有しながら、お互いにいいところ、悪いところを指摘しながら自分たちの発見を伸ばしてきたというか。そういったところがつながったのかと思います」
――(メダルを取れない)主将のジンクスもありました。どのように主将を受け入れましたか?
「正直、主将の打診を受けた時には恥ずかしがり屋ですし、人前に出るのは苦手なので、金メダルを取れないという話も聞いていたんですけど、先生に説得されて、『奈緒にしかできない』と言ってもらえた。
将来に生きてくることを納得できたので、その後はジンクスはあまり気にせず、気にならないぐらいやるべきことに集中できたと思う。自分自身の競技を終えて、チームの応援に回りたいと思っている。男子500メートルを応援しに行きたいと思っています」
――ノートに記録していると聞きました。どんなことを記録しましたか?
「まだ書いていません。滑りのビデオを振り返りで見ていたんですけど、まだ書いていません。これからゆっくり振り返りたいと思っています。1500、1000メートルの学びは多くて、500メートルに向けて修正しなければいけない点は、1000メートルで得ることができたので。ノートに書いて次の挑戦につなげたいと考えています」
小平選手の会見!名言が多いですね!人格者と韓国で人気になるのもわかる気がします。

スポンサーリンク

小平奈緒は韓国でも話題!

日本の金メダリストは韓国でも注目度大だ。開催国のスタースケーター、李相花(28)と戦いながらノーサイドの精神を見せた小平は、人格が素晴らしい「人性甲」だと大絶賛されている。

スピードスケート女子500メートルから一夜明けた19日。小平がレース後に銀メダルの李を抱き締め、互いをたたえ合う姿は多くの韓国紙が取り上げ、2人の友情物語を感動的に報じた。

さらに、小平の李への気遣いにも注目。小平が五輪新記録をマークしトップに立ったことで、会場は大歓声で沸いた。しかし、小平は口元に「シーッ」と指をあて、観衆に静かにするよう促した。次に滑るのは李。最大のライバルが集中できるようにという小平の配慮だった

韓国のKBSニュースによれば、この「シーッ」がオンラインコミュニティーで話題に。人格が優れているという意味で、小平を「人性甲」と呼び、その行為を称賛しているという。ほかにも「これこそが外交」「泣きそうになった」などと李を応援していた韓国国民の心も、大きく揺さぶったようだ。

ライバル イ・サンファ選手五輪後の思いを語る。

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)に次ぎ、銀メダルを獲得したイ・サンファ選手、その裏にはいろいろな思いがあったようです。

母国で3連覇の偉業を逃して号泣し、小平に慰められ、抱擁したシーンは話題を呼んだ。その裏には今シーズン、女王として並々ならぬプレッシャーがあったという。2位続きだったことを受け、「(試合で)銀メダルを獲ったら罪人になった気分だった」と語ったことを地元紙「スポーツソウル」が伝えている。

銀メダルから一夜明け、イ・サンファは取材に応じた。記事によると、死力を尽くした銀メダルに対し、インターネット上で大きな感動をもらったと反響を呼んでいることについて質問を受け、“氷速女帝”は「昨年から銀メダルで始まって銀メダルで終わった。銀メダルを獲ったら罪人になった気分がした」と打ち明けたという。

2連覇を果たし、常に勝つことを求められた五輪女王だったが、今季は11月のワールドカップ(W杯)初戦で小平の後塵を拝し、以降も日本の女王の背中を追いかける展開が続いた。母国の大きな期待を受け、戦い続ける重圧があったのだろう。2位であることをのように感じる日々を過ごしたが、友人、ファンの存在が支えになったという。

「この一言にオリンピック3大会連続メダリストの人生がにじみ出た」

「昨年から銀メダルで始まって銀メダルで終わった。銀メダルを獲ったら罪人になった気分がした」記事でも「この一言にオリンピック3大会連続メダリストの人生がにじみ出た」と伝えている。

ただ、重圧から涙がこぼれると、小平が慰めてくれた。常にライバルとして見られ続けたことについては「私も奈緒もオリンピックに向けて前進していた。話をする時間もなく、二人とも敏感だった。話をするのが微妙だった」と振り返ったという。

その後に生まれた“涙の抱擁”は「それぞれ時間があったが、全てが終わったのでお祝いのやりとりをしたのだと思う」と語ったという。

そして、記事では「アラームを7個くらい合わせていたので、全て消して起きたい時間に起きて、食べたいときに全部食べて、全ての荷を下ろして休みたい。アラームは昨日から消した」と笑って話したことを伝えている。

22年北京五輪挑戦については「まだはっきりとは答えられない。競技が昨日、終わった。またお話します」と即答は避けたという。しかし、世界の檜舞台で再び、小平と繰り広げる熱戦を見たいファンも多いことだろう。一つの“十字架”を下ろしたイ・サンファが歩む道に注目が集まっている。

オリンピックのライバル関係には心に残るものがありますね!

スピードスケート関連記事はコチラ↓

平昌 スピードスケート女子 小平奈緒 日本女子初の金!

平昌 スピードスケートチームパシュート女子 高木美帆 勘違いでヒヤリ

小平奈緒 日本女子初の金!

高木美帆 メダル届かず!

髙木菜那 マススタート初代女王に輝く!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

平昌スキーエアリアル田原直哉すべてをかけた五輪の結果は?

北朝鮮美女応援団団長ヒョン・ソンウォルとは?

NHK「ピョンチャンオリンピック デイリーハイライト」のゲスト解説者、「岩垂かれん」さんが気になる

大谷翔平開幕から二刀流で全米に衝撃!

藤井聡太 目指せ7段昇段!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。