フィギュア女子 宮原、坂本自己ベスト 個人的にはオズモンドが気になる

フィギュア女子 宮原、坂本自己ベスト 個人的にはオズモンドが気になる

スポンサーリンク

フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム

フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラムが行われ、宮原知子選手と坂本花織選手が出場した。

今シーズン、グランプリファイナル優勝のザギトワ選手が世界最高得点で1位。世界選手権2連覇のメドベージェワ選手が2位となっている。

宮原選手は4位、坂本選手は5位発進。3位まではそれぞれ約3点差と5点差がある。ここから逆転できる可能性とは――。

荒川静香さんが語るハイレベルな戦い

平昌五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の後、荒川静香氏は日本の宮原知子選手(19)と坂本花織選手(17)に「メダルの可能性を強く感じています」と述べた。

女子ショートは2018年2月21日に行われ、上位陣が会心の演技を連発。大会前から優勝争いを繰り広げると目されていたOARの2強、エフゲニア・メドベージェワ選手(18)が女子SP世界最高記録を更新する81.61点をマークすると、アリーナ・ザギトワ選手(15)が82.92点ですぐに更新した。
3位争いは混沌としている。ショート3位のケイトリン・オズモンド選手(22)は78.87点、4位の宮原選手は75.94点、5位の坂本選手は73.18点で、いずれもショートの自己ベストを更新。6位にはカロリーナ・コストナー選手(31)も73.15点で続く。
23日のフリーに向け、この点差について、トリノ五輪金メダリストの荒川静香氏は21日放送の「news every.」(日本テレビ系)で
いま3位から6位までは大きな得点差と言えず、メダル圏内と言えます。宮原選手は3位と3点差、坂本選手は5点差。3位のオズモンド選手は本来『ショート貯金型』の戦いをする選手なので、『フリーに強い』日本選手にメダルの可能性を強く感じています
と話している。3回転ジャンプの基礎点が5点前後であることを踏まえると、フリーのジャンプ1回のミスで順位はガラリと変わる。

宮原知子選手4位発進

宮原知子選手は、先日行われたフィギュア団体でジャンプの回転不足などミスがあったが、短い期間で修正され、ショートプログラムでは、自己ベストを更新する完璧な演技。4位で23日に行われる、女子シングル・フリーへ臨む。

宮原選手はジャンプに不安を残していた。11日の平昌五輪団体戦ショートで、冒頭の3回転ルッツ+3回転トウループの連続ジャンプがともに「回転不足(アンダーローテーション)」の判定を受け、出来栄え点(GOE=完成度に応じて-3~+3の加減点がつく)も-1.2点がつけられた。
それが個人ショートでは文句なしに着氷。本人はショートの後、「団体戦で回転不足を取られてしまったので、次こそは、と思って頑張りました。少しの間でしたが個人戦まで練習してきました」と、一時帰国して練習した成果を感じているようだった。
ただ、GOEは+0.7点。上位陣が連続ジャンプで軒並み+1点以上を得ているのと比べるとやや見劣りする。

10年バンクーバー五輪代表の小塚崇彦氏は21日放送の「Nスタ」(TBS系)で、
「ジャッジの中に『宮原選手=回転不足』のイメージがあるのかもしれない。今日も連続ジャンプの後で、『審議』の黄色いランプがついていたんですよ。本当にきれいな流れのあるジャンプだったと思うんですけど、審議がつくということはまだジャッジの頭の中に残っているのかなと思います。審議ランプがつかないきっちりとしたジャンプを跳んでいくことで、高得点を積み重ねられると思います」
と見解を述べている。

坂本花織選手も自己ベスト!5位

四大陸選手権で初優勝を果たすなど、急成長している坂本花織選手。演技後、「今までで一番よかった」と語ったように宮原選手に続き、坂本選手も自己ベストを更新する会心の演技を見せ、5位。メダル獲得をかけ、フリーに挑む。

坂本選手について、荒川氏は前出「news every.」で
「坂本選手はジャンプで勝負に出て、得点源にしていくタイプ。ショートは基礎点が1.1倍になる後半にすべてのジャンプを跳びました。3回転フリップ+3回転トウループは基礎点が高く、GOEで加点も積める素晴らしい出来」
と語った。ショートで跳ぶ3度のジャンプをすべて後半に配置したのは、今大会で坂本選手以外に、ザギトワ選手とメドベージェワ選手の上位2人だけだった。
坂本選手は直近1月の四大陸選手権でも同様のプログラムで挑んでおり、フリーは7回中5回のジャンプを後半に配置(宮原選手は7回中4回)。最終的にショート(71.34点)、フリー(142.87点)、トータル(214.21点)いずれも自己ベストを更新した。そのタイミングで平昌五輪に臨んでおり、勢いに乗っている。

カナダ オズモンド安定した演技でメダルを狙う!

昨季世界選手権2位のオズモンドが隙のない演技でメダル圏内につけた。冒頭のフリップ―トーループの連続3回転で2点近い加点を引き出し、その後も危なげない滑りで自己ベストを更新する78.87点をマーク。OARの強豪2人に迫り、「集中できた。滑っていて楽しかった」と振り返った。


2014年ソチ五輪でカナダの団体銀メダルに貢献したが、足首を骨折して翌シーズンを棒に振った。苦境を乗り越え、個人戦のメダル候補に成長した22歳は「4年前と比べ、すごく落ち着いている」と言う。2度目の大舞台で臨むフリーに向けて「やることは変わらない。練習通りに滑るようにしたい」と穏やかに話した。

注目のロシア、ザギトワ!女王を上回る!

世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(18)が自らの世界歴代最高得点を塗り替えた後、信じられないようなことが起きた。3人後に滑った15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)がさらに歴代最高を更新したのだ。「うれしい。予想していなかった」と本人も驚いた様子だ。

映画『ブラック・スワン(Black Swan)』の音楽に乗せて15歳とは思えない成熟した演技を披露したザギトワは、SPで歴代最高となる82.92点を記録して首位発進した。

世界女王のメドベージェワを上回れた理由は、ジャンプの難易度。ともに演技後半に三つのジャンプを固めるが、ザギトワの方が基礎点の高いジャンプを跳ぶ。女子でも成功例の少ないルッツ-ループの連続3回転は高さも幅もあった。両手を上げて跳ぶ3回転フリップは軸も細くて美しく、出来栄え評価で満点がついた。

シニアに昇格した今季前半はSPでジャンプを必ず一つミスし、演技後は泣きそうな表情を見せていた。それがメドベージェワ不在のグランプリファイナルを制した頃から変化した。今年1月の欧州選手権では実力でメドベージェワを破り、女王の風格も出てきた。

1.31点のリードでフリーに臨む。「ベストパフォーマンスを見せるだけ」と言うが、圧倒的な技術点を稼ぐザギトワがそれを見せた時、頂点に立つ可能性は高い。

メドベデワ巻き返しなるか!

平昌冬季五輪、フィギュアスケートの女子シングル・ショートプログラム(SP)で2位につけたOAR(ロシアからの五輪選手)のエフゲニア・メドベデワ(Evgenia Medvedeva)が21日、自身の世界最高得点を更新して首位に立った同胞アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)との金メダルをめぐる「戦争」に備えているとコメントした。

ザギトワと同じく五輪デビューとなった18歳のメドベデワは、「私たちは友人であり、年頃の女の子です。私たちはお互いに何でも話すことができる関係です」と話す一方で、「しかし氷上では戦わなければなりません。私はちょっとした戦争だと感じています。スケートをするときは一人です」と金メダルへの意欲を示した。

一方のザギトワは、挑戦を受けて立つとコメントしている。

「私はこれまで繰り返し言ってきました。エフゲニアと私はとても仲の良い友人です。しかし練習や試合ではライバル感情が芽生えます。それは良くないことでもネガティブなものでも、悪意のある敵対心でもありませんが、心の中にあるんです」

SP後の会見で、完成された演技と生真面目な性格について質問されたザギトワは、「私はとても落ち着いています。感情は出しません。感情を派手に表すことはしないんです」と答え、さらに半ば弁解するように「これが私という人間なんです。私の性格なんです」と続けた。

両選手は国家ぐるみのドーピングで今大会には中立の立場で出場しているOARにとって第1号となりうる金メダルを争うことになるが、メドベデワは「メダルについては考えないようにしています。私の最大の目標はクリーンなフリースケーティングを披露することです。納得のいくパフォーマンスをすることです」と、英語で応じた。

SPでメドベデワは、先日の団体戦で自身が記録した世界記録を更新する81.61点をたたき出した。その数分後に記録を塗り替えたザギトワは、「得点を見たときはとてもうれしかったのですが、スコアのことは期待していませんでした。これが人生最高のパフォーマンスですが、まださらに輝く余地があります」と話している。

4年前のソチ冬季五輪でロシアは、アデリナ・ソトニコワ(Adelina Sotnikova)が女子フィギュア史上初の金メダルを獲得している。

メドベデワは当時を思い出し「そのとき私はたったの14歳でした。ロシアが金メダルを取った時のことを覚えています。本当に素晴らしかったです。私は椅子に座りながら『私も同じ気持ちになりたい』と思いました」と話した。

同じ経験をするのは誰か――23日に明らかになる。

明日のフリーが楽しみですね!

日本勢のメダル期待したいです!

 

フィギュアスケート関連記事はコチラ↓

フィギュア女子!四大陸選手権!日本表彰台独占!

平昌 フィギュア団体開幕宇野昌磨首位、全体でも3位発進!

平昌フィギュア男子羽生結弦!オリンピック連覇66年ぶりの偉業に挑む!

フィギュア女子世界のライバルたちのオリンピック前哨戦結果オリンピック注目選手 フィギュア女王 メドベデワ

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

大谷翔平 初2,3塁打!話題沸騰中!

自衛隊 F35B導入へ!

高木美帆世界選手権総合優勝!日本人初の快挙!

ブルーインパルスが名古屋で訴えられる!

北朝鮮覚醒剤問題

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。