大谷翔平海外の反応最新「奪三振ショー&出塁率10割!二刀流に期待!」

大谷翔平海外の反応最新「奪三振ショー&出塁率10割!二刀流に期待!」

スポンサーリンク

大谷翔平が奪三振ショー&出塁率10割!二刀流に期待!

エンゼルスの大谷翔平投手が2日(日本時間3日)の練習試合で2回2/3を4安打2失点8奪三振と好投。
米国でも大きな注目を浴びている“ルーキー大谷翔平”が、メジャーデビューへ向けて着実に適応を進めています。

大谷翔平の奪三振ショー

2月24日(同25日)のオープン戦初戦に比べて直球の力強さが増す中、この日称賛を浴びたのはスライダー
MLB公式インスタグラムが、3回に超有望株のケストン・ヒウラを空振り三振に仕留めた場面を動画で紹介すると、ファンから「これは違法にしなければ」「イケてる」などと驚きの声が上がっている。

 初回は1死からヒウラに二塁打を浴びながら無失点に抑えるも、2回は3連打を浴びて2点を失った大谷。その後、打者2人を打ち取ったところで、特別ルールで攻守交代に。しかし、アウトは全て三振に奪うなど、ボールの威力はあった。

 そして、“本領発揮”となったのが3回。テイラー、ヒウラ、フランクリンを三振斬り。2回途中から5者連続三振に仕留め、52球でマウンドを降りた。捕手のリベラがMLB公式サイトの記事で「初回、彼はマウンドを見ていた。マウンドを把握しようと努めていた。彼は進歩を見せ、最後のイニングは並外れていた」と振り返ったように、3回はまさに圧巻の投球。特に、初回に二塁打を許していたヒウラに“リベンジ”を果たした1球は強烈だった。

大谷翔平メジャーでも二刀流?

 外角低めへと鋭く沈み込むボールに、ヒウラはなす術なし。バットは虚しく空を切った。MLB公式インスタグラムが「えげつない」の一言を添えてこの動画を公開すると、地元ファンからも驚きの声が次々とあがった。

「本当にえげつない」、「将来のエース」、「ビースト!」
「ウィッフル・ボールの動きだ」、「この男は素晴らしい」
「今年、観るのが最も楽しみな選手」、「残酷だ」
「ヤンキースに行けば良かったのに」
「彼はフリスビーを投げている!!」
「彼はウィッフル・ボールを投げているのか?」
「ショータイム」、「これは違法にしなければ」
「彼はクレイジー」、「イケてる、イケてる、イケてる」
「彼は火星からやって来た」

ウィッフルボールとは?

 野球が原型となっているスポーツ「ウィッフルボール」では、穴の空いたプラスチックのボールが使われる。信じられないような変化をすることが特徴だが、大谷のボールはそれほど変化する印象を与えたようだ。

大谷翔平本人は、登板後のNHKのインタビューでスライダーについて「いまいち変化のキレであったりとかはあまり良くなかった」と話していただけに、状態がさらに上がってくれば、ファンの衝撃はさらに大きくなるだろう。

二刀流成功なら「スーパースターだった」イチローを超える存在に?

 1997~2001年にエンゼルスで活躍した長谷川滋利氏。その長谷川氏という人物は、オリックスからエンゼルスに移籍し、5年間で287試合登板、30勝27敗16セーブ35ホールドという好成績をマーク。
その後、マリナーズに移籍して2005年までプレーし、メジャー通算では517試合登板で45勝44敗33セーブ70ホールド、防御率3.71と偉大な成績を残した。517試合登板は現在もMLB日本人史上最多の数字だ。

あの長谷川氏が太鼓判

大谷翔平の偉大な先輩が、“後輩”の大谷翔平投手の活躍に太鼓判を押した。2月28日(日本時間1日)にキャンプ地のアリゾナ州テンピを訪れた同氏は、地元メディアの取材にも答えており、活躍次第で大谷は「イチロー以上になるかもしれない」と語っている。地元紙「ロサンゼルス・タイムス」が報じた。

「ロサンゼルス・タイムス」は「元エンゼルスのシゲトシ・ハセガワはショウヘイ・オオタニがどう歩んでいくか分かっている」とのタイトルで記事を掲載。「キャンプでの打撃練習で見せる特大のホームランから、大谷のもつパワーに疑いの余地はない」とした上で、長谷川氏のコメントを紹介している。

イチローはスーパースターだった、マイケル・ジャクソンやマドンナのような。大谷がもし投打で成功すれば、イチロー以上になるかもしれない

長谷川氏が語る大谷翔平が伝説になるための鍵は?

 イチローと同僚でもあった同氏は、その圧倒的な輝きを目の当たりにしてきた。二刀流の大谷は、そのレジェンドを超える可能性を秘めているという。

 長谷川氏は環境の変化などに対応し、メジャーで結果を残した。ただ、当然、その裏には並々ならぬ努力があったはずで、「ピッチングだけでも、(アメリカで)アジャストするのはとてもタフです」と記事の中で振り返っている。

大谷が苦労する可能性もあるが、それでも「打撃でも投球でも、決して簡単にはいかないでしょう。ただ、彼は全てを楽しんでいるように見受けられます。それこそが鍵です。その瞬間を楽しむべきでしょう」と期待が圧倒的に勝っているようだ。

長谷川氏が語る大谷翔平の活躍に期待してもいい?

 長谷川氏のキャンプ訪問については、地元紙「オレンジ・カウンティー・レジスター」も報じており、「彼はダルビッシュや田中のような存在になるだろう。現時点では彼に過度の期待をかけることはできない、と私は思います」とコメントしたことも紹介。
 また、オリックスのシニアアドバイザーを務めていることから「彼は敵だったので好きではなかったですが、今ではエンゼルスの一員なので応援しています」とも話していたという。
 

 まだ23歳の大谷には、大いなる可能性が残されている。日本時代のように、周囲の期待を遥かに上回る活躍ができるか。期待は膨らむばかりだ

大谷翔平の打率&出塁率は10割

エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米アリゾナ州ピオリアでのオープン戦・パドレス戦に「2番・DH」で出場し、“打者デビュー”を果たした。1安打2四球1打点と打率&出塁率“10割“の好スタート。24日(同25日)の“投手デビュー”から2日後の打者としての出場に、米メディアはシーズン中の起用法のヒントが見えたと伝えている。
 大谷は1、2打席目と四球を選ぶと、4点を追う5回1死二塁の場面で迎えた3打席目には右腕マリオットからセンター前ヒット。ここでお役御免となった。相手選手からは打席での雰囲気、選球眼などに称賛の声が集まる中、米全国紙「USAトゥデイ」はその起用法に注目している。

「現実はこうだ:登板の2日後、ショウヘイ・オオタニはエンゼルスの指名打者としてプレーする」

 エンゼルス首脳陣が大谷入団時から二刀流として起用する方針を明かしていたことを紹介。「とは言ったものの、それは極めて素晴らしいこと」とした。
 その上で、「カクタスリーグ(オープン戦)が行われるこの2月の時期に、レギュラーシーズンに向けた各チームのプランが示されるようなことはないが、オオタニに関しては、ラインナップの割り当てからシーズン中に可能性としてあり得る彼の起用法についてのヒントが伺える」としている。

大谷翔平の適切な起用方法

 もちろん、メジャーでの成功を成し遂げるために、エンゼルスはこれから大谷の最適な起用法を模索していくことになる。開幕前までにそれが決められれば最高だが、果たしてどうなるか。
同紙は、厳密には大谷がまだマイナー契約である事実にも触れ、「多くの見極めがこれからシーズン開幕までの間になされていくことになる。そして、オオタニは前例のない挑戦に挑むことになる」と指摘。

大谷翔平はエンゼルズにとっても希望の星

 一方で「しかし、オオタニがその挑戦を乗り越え正真正銘の二刀流を可能にした選手として(メジャーの舞台に)現れる希望は、未だに十分残っているのだ。そしてそれは、なんて素敵なことであろうか」と大きな期待も寄せている。
 オープン戦では、これから投手としてのイニング数、球数も増えていくだけに、疲労を見ながら打者としての起用法を考えていくことになる。それでも、投手デビューからわずか2日後に見せた打者としての輝きが、エンゼルスに大きな希望をもたらしたことは確かだ。

相手キャッチャーも注目の活躍!

 初打席では2球で追い込まれながら四球を選び、得点圏で迎えた第3打席には甘い球を見逃さなかった“二刀流”に、パドレスのA・J・エリス捕手は「打席ですごく自信を持っているようだった」と感心せざるを得なかった。

この日、大谷が打席に立つ姿を最も近くから見たエリスは、オープン戦初打席で追い込まれながらも、落ち着きを失わない23歳に「ストライクゾーンを知り尽くしている。選球眼がいい」と称えた。
パドレス先発ライルズと2番手バウマンは制球に苦しみ、「最初の2打席は打てる球がほとんどなかった」。それでも2四球を選んで出塁。「根気強く打てる球を待っていた。変化球にもスタンスを崩されていなかった」と分析。
「間違いなく打席ですべきことを知っているし、バットをコントロールする能力を持っている」とした。

大谷翔平の初安打と今後

 記念すべき初安打となったのは、右腕マリオットと対戦した第3打席の初球だった。内角を攻めようとした球が甘く入ったところを見逃さずに強振。「打ち頃の球を思いっきり振り抜いてセンターに運ばれたよ」と苦笑いした。

 パドレスは大谷獲得に尽力したチームの1つ。オフに大きな話題となった大谷について、エリスもまた感心を抱いていたようだ。「自分は野球の大ファン」という36歳捕手は、大谷の二刀流挑戦について「彼の挑戦を見守ることはいいこと。野球界にとって素晴らしいストーリーだね」と1人のファンとして楽しみにしている。

 ファン、メディア、そして選手仲間からも注目を浴びる大谷の挑戦。誰もがその成功を望んでいるようだ。

大谷翔平選手の他のニュースはコチラ!↓
大谷翔平選手アメリカではどう見られている?
大谷翔平開幕前の調子は?
大谷翔平の開幕スタメン?
大谷翔平が開幕戦初打席初ヒット!

↓大谷翔平選手の記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓
イチロー打撃練習動画を公開!気になる行先は?
イチローの行き先難航!イチローならではの悩みも・・・
スキーエアリアル 田原直哉 オリンピック後早くも始動!
伊調馨 告発状を夕刊フジが入手 真実はどうなっているのか
平昌 フィギュア女子 ザギトワ 圧倒的な演技で金

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。