北朝鮮へトランプ大統領が攻撃準備か!?

北朝鮮へトランプ大統領が攻撃準備か!?

スポンサーリンク

韓国、北朝鮮へ特使を派遣する

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は5日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長をトップに、徐薫(ソ・フン)国家情報院長ら「特使団」を北朝鮮に派遣。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、文大統領の親書を手渡し、米朝対話の意向を確認できるかが焦点となってます。

異例の閣僚級2人の派遣は、ドナルド・トランプ米政権による「北朝鮮の非核化」に向けた決意に脅えていることの裏返しといえる。有事に備えた、米軍と中国人民解放軍の動きとは。

アメリカ北朝鮮への攻撃準備か!?

まず、最新情報を報告したい。米情報当局関係者から入手したものだ。
「ジェームズ・マティス米国防長官は2月初旬、『北朝鮮への、あらゆる軍事作戦の準備に入れ!』との極秘指令を出した。米軍はすでに、アジア太平洋地域で『弾薬・ミサイルの備蓄』を完了した。トランプ氏の命令で、戦略爆撃機や原子力潜水艦がいつでも即攻撃に入る。臨戦態勢だ」

「CIAが脱北者などの協力で、北朝鮮内部に反正恩一派をつくることに成功した。正恩氏のそばに一派の人間がいる。米国は、正恩氏の正確な居場所を把握している。経済制裁で朝鮮人民軍全体が飢え、一部幹部らは正恩氏を恨み、クーデターを条件に命乞いを始めた。正恩氏は護衛を倍にしたが、狂乱状態になっている」

気になる中国の動きは?

中国の情報もある。米国の軍事行動を容認しているという。情報はこうだ。
「中国人民解放軍が2月から、中朝国境近くで、米軍の攻撃開始と同時に強行する『北朝鮮進攻作戦』の実戦訓練を行っている。兵士らは、朝鮮語で『ひざまずけ!』『撃つぞ!』などと叫び、核施設などを制圧する演習を繰り返している。北朝鮮に接する遼寧省などに、十万人規模の難民収容所も完成した」

パラリンピックの終了が一つの区切りか?

韓国と北朝鮮は「南北融和・朝鮮半島の危機回避」を演出している。だが、ウソだ。朝鮮半島危機(第2次朝鮮戦争の勃発)は高まっている。
事実、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックが終了する18日以降、いつ米朝衝突が起きても、おかしくない。
トランプ政権の決意を示すように、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2月28日、「米軍は先週、北朝鮮問題の外交努力が失敗した際に備えて、朝鮮半島有事を想定した『秘密の図上演習』をハワイで実施した」と報じた。
米CNNテレビは1日、複数の関係筋の話として、「北朝鮮が米本土を攻撃可能な『核・ミサイルの開発』に成功した場合、関連技術をイランやパキスタン、テロ組織などに拡散させることを阻止するため、北朝鮮への軍事行動の実施を検討している」と報じた。

防衛省も備えを

防衛省関係者は「米国は、トランプ氏の『ゴーサイン発動』に備えた態勢を整えた」といい、こう続けた。
「トランプ政権は2月以降、軍事作戦に否定的だった『対話優先派』を一掃している。次期駐韓米国大使に内定していたジョージタウン大学教授のビクター・チャ氏の人事が白紙となり、国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表の辞任も明らかになった。」

「米国は2月末、北朝鮮への海上密輸を阻止するため、事実上の海上封鎖にも踏み切った。4月に米韓合同軍事演習も行う。米軍は、原子力空母『カール・ビンソン』を筆頭に3つの空母打撃群と、『ボノム・リシャール』など3隻の強襲揚陸艦を投入する。史上最大規模だ。北朝鮮は耐えられない」

外事警察関係者がいう。

「米朝衝突になれば、北朝鮮は100%勝てない。米国が要求する『核・ミサイル開発の完全放棄』をのむ以外、助かる道はない。同時に、米国は『日本人拉致被害者の解放』も要求する。安倍晋三首相が政治生命をかけた『拉致被害者奪還』のチャンスだ」
河野太郎外相は今月中旬、ワシントンを訪問する方向で調整に入った。レックス・ティラーソン国務長官や、マティス氏と会談し、パラリンピック後の北朝鮮対応について協議する。

韓国文大統領は、微妙な立場に立たされる

韓国の文大統領は、北朝鮮と一体なのではないか。北朝鮮に「核・ミサイル開発の完全放棄」を強く要求せず、北朝鮮の「米国本土を狙う核・ミサイル完成の時間稼ぎ」を助けている。特使派遣も時間稼ぎだ。米国はそう見ている。
国家間の約束である慰安婦問題の日韓合意も事実上反故にし、北朝鮮と並んで日本を罵倒し、北朝鮮包囲網に穴をあけようとしている。恥知らずというしかない。
トランプ政権は、文政権を「同盟国の裏切り者」とみて、韓国には事前通告なしで北朝鮮攻撃に踏み切るつもりだ。さらに、貿易赤字問題などで韓国を徹底的にたたくという。日本も断固たる対応を決意すべきだ。

北朝鮮、トランプ米大統領の発言に反発 「誤解するな」

トランプ米大統領が記者団との夕食会で「北朝鮮が対話を求めてきた」などと発言したのに対し、北朝鮮は4日、「こちらの意図を誤解してはいけない」とする声明を出した。


北朝鮮外務省が4日に発表した声明は、米国が北朝鮮との対話に条件を付け、核・ミサイル計画の放棄を求め続けるのは「理不尽な行動」だと非難。「核放棄へ向けた対話にしか応じないと言い張り、完全な非核化が実現するまで『最大限の圧力』をかけると言い続けるのは、実にばかげたことだ」と反発を示している。
声明はまた、北朝鮮側が「対話は可能」との立場を明示したことを認めたうえで、その意思表示に対して米国側が示した反応からは「対話を再開するつもりがないとの結論に至らざるを得ない」と主張。

「対立の悪循環からだれも望んでいない事態が生じるか、あるいは朝鮮半島に我が国や世界の望む平和が訪れるか、それは完全に米国の態度次第だ」と強調した。

トランプ大統領の対応は?

トランプ氏は3日、ホワイトハウス記者団が主催する恒例の夕食会に出席。冗談を連発したスピーチの中で北朝鮮に言及し、「先日電話で『対話したい』と言ってきた。私は『こちらも同じ望みだ、でもそちらが非核化しなければ。この先の様子を見よう』と答えた」と話した。
同氏はさらに「前向きな動きが出ているのかもしれない。そうであることを願う」「我々は会うだろう。何か前向きなことが起きるかどうかが分かるだろう」と発言した。「これはずっと前に解決されるべき問題だった」とも語っていた。

 

北朝鮮関連記事はコチラ↓

北朝鮮 平昌五輪閉会式に高位級代表団を派遣 美女応援団は失速

北朝鮮 金正恩の実の妹金与正、韓国で存在感示す!

平昌五輪の露骨な政治利用ともみえる北朝鮮の「ほほ笑み外交」の行き着く先とは?

日本、北朝鮮対話の可能性は?

北朝鮮の話題ばかり? いまいち盛り上がらない平昌五輪・・・現地に漂う「嫌なムード」

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

北朝鮮 美女応援団 帰国後洗脳を受ける!韓国特使を歓迎する裏で何が・・・

防衛省イージスアショアの能力向上を発表!

北朝鮮覚醒剤問題

韓国10億円問題、過去にも同じようなことが・・・

オリンピック特需 いろんなものが意外に流行った韓国

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。