自衛隊F35B導入へ!改造空母「いずも」で運用開始?

自衛隊F35B導入へ!改造空母「いずも」で運用開始?

スポンサーリンク

F35B導入!

政府は3月20日、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」策定に向けた自民党の提言骨子を踏まえ、短距離滑走で離陸できる最新鋭ステルス戦闘機F35B導入の検討を加速させた。

空母で運用?

F35Bを載せることを念頭に護衛艦「いずも」を事実上の空母に改修することも視野に入れる。防衛大綱などに反映させていく構えだ。 自衛隊は現在、空母を保有していない。敵基地攻撃能力も有する戦闘機を載せる空母保有構想には、専守防衛を逸脱するとの批判もある。
自民党の提言骨子では、防空戦力の強化へF35Bを配備するよう要請した。滑走路の短い空港でも使えるため、沖縄県・尖閣諸島を含む南西諸島防衛での活用を視野に入れる。

Fー35Bの導入にあたり統合運用強化か!

安全保障調査会と国防部会の合同会議で、防衛力整備の基本方針「防衛計画の大綱」(防衛大綱)の年内見直しに向けた、政府への提言の骨子案を了承した。陸海空の3自衛隊の統合運用を強化するため、統括して指揮を執る「統合司令部」の常設化を提案。空母の導入や空母に搭載できるF35B戦闘機の取得も求めた。
小野寺五典防衛相はF35Bの導入と、いずもの空母化を将来課題としているとみられる。今月2日の参院予算委員会で、いずもでF35Bの発着が可能か調査していると明らかにした。

◆防衛大綱見直しに向けた自民党の提言骨子
・統合司令部や南西地域統合任務部隊の常設化
・多用途防衛型空母、F35Bの導入
・統合防空ミサイル防衛(IAMD)の態勢整備
・敵基地反撃能力の保有の検討

宇宙も見据えた防衛政策多用途空母の導入も!

提言は、陸海空の区分にとらわれず、宇宙やサイバーも含めた領域横断的な防衛構想が必要だと指摘した。統合司令部に加えて、南西諸島防衛に特化した統合任務部隊の常設化も打ち出した。短距離離陸・垂直着陸が可能なF35Bなどの航空機を搭載でき、掃海や医療設備の機能も持つ「多用途防衛型空母」を導入する案も示した。

統合防空ミサイル防衛(IAMD)の態勢整備

弾道ミサイルのほか、敵の航空機や無人機、巡航ミサイルなどに総合的に対処する統合防空ミサイル防衛(IAMD)の態勢構築を提唱。攻撃を受けた後、敵基地を巡航ミサイルなどで攻撃する「敵基地反撃能力」の保有の検討も政府に求めた。5月下旬をめどに最終的な提言をまとめる。

空母やF35Bの導入、IAMD構想の実現には、巨額の費用を要する。中谷元・安保調査会長は「提言には具体的な防衛予算の指標も書き込みたい」と述べた。

すでにF-35Aは、三沢基地にて訓練開始

航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が1月26日、空自三沢基地(青森県)に到着し、初めて配備された。空自は2018年度中にさらに9機を三沢基地に配備し、計10機で飛行隊を編成。領空侵犯への対応や北朝鮮の警戒監視活動に当たる見通しだ。
小牧基地(愛知県)を離陸したF35Aは午前11時ごろに三沢基地に着陸。放水アーチをくぐり、隊員ら約400人に拍手で出迎えられた。鮫島建一司令は「厳しさを増す安全保障環境の中、平和と安全の確保に大きく貢献する。着実に運用体制の確立に取り組む」と話した。


小野寺五典防衛相は26日の記者会見で「優れた能力を持つF35の配備は安全保障上極めて大きな意義がある」と述べた。
F35Aは老朽化したF4戦闘機の後継機で、全長15・6メートル、全幅10・7メートル。米ロッキード・マーチン社製で、レーダーに映りにくいステルス性が高いのが特徴だ。空自は最終的に計42機の取得を計画している。

気になるF35Bの配置先は?

防衛省が航空自衛隊の戦闘機部隊を大幅に増強する検討に入ったことが分かった。現行では12個飛行隊(1個飛行隊の定数約20機)の戦闘機部隊を14個まで引き上げる方針で、現在1個飛行隊を置いている新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)に1つ増設することなどで14個とする。

東シナ海から太平洋などへ活動範囲を拡大させる中国の脅威をにらみ、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを新たに導入すれば新田原基地への配備が有力視される。
戦闘機部隊の増強は、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」の焦点の一つとなる。

戦闘機部隊増える

平成25年に策定した防衛計画の大綱では戦闘機部隊を現行の12から13に増やすことを打ち出した。
空自が導入を決めている空軍仕様のF35Aを42機調達し、F2戦闘機の飛行隊を1つしか置いていない三沢基地(青森県)にF35Aの2個飛行隊を配備する。三沢基地のF2は、老朽化により退役するF4戦闘機の飛行隊を2つ置いている百里基地(茨城県)に移した上で、F15戦闘機の飛行隊も1つ増設し、13個飛行隊に引き上げる計画だった。

ただ、この計画のままでは北海道から沖縄県まで全国に7カ所ある戦闘機部隊の拠点のうち、新田原基地だけがF15の飛行隊を1つしか置かない態勢が続く戦闘機部隊は領空に接近する中国軍機などへの対領空侵犯措置(緊急発進=スクランブル)の任務にあたりつつ、訓練時間を設けてパイロットの技能を向上させることが不可欠だが、拠点基地に置く飛行隊が1つだけだと訓練時間を捻出しにくい弊害がある。
新田原基地に2つ目の飛行隊を置く場合、空自が新たに導入を検討するF35Bの配備を視野に入れる。

離島での活躍

F35Aの派生型であるF35Bは短距離の滑走で離陸し、垂直着陸も可能なため短い滑走路での運用に適している。新田原基地に配備すれば中国による南西方面の離島侵攻に迅速に対応でき、滑走路の短い離島の民間空港を拠点に運用できるほか、平時の警戒監視にも活用しやすい
防衛省は海自最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」をF35Bの離着艦可能な「空母」に改修することも検討している。いずもが新田原基地から飛来するF35Bを搭載して東シナ海に展開し、離着艦訓練を行えば中国への抑止力と対処力の一層の強化につながる。

 

F35の関連記事はコチラ↓

トランプ大統領がF35を値下げ!

中国に対抗F-35Aとは?

自衛隊が改造空母でF35Bを導入!?

F-35戦闘機の実力とは?

F-35墜落、無事故記録途絶

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

日本、北朝鮮対話の可能性は?

防衛省イージスアショアの能力向上を発表!

北朝鮮へトランプ大統領が攻撃準備か!?

北朝鮮 美女応援団 帰国後洗脳を受ける!韓国特使を歓迎する裏で何が・・・

イチローホームランをキャッチ

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。