イチロー ファインプレイにマルチヒット、開幕から絶好調!

イチロー ファインプレイにマルチヒット、開幕から絶好調!

スポンサーリンク

開幕からイチロー選手が大ハッスルですね!ファンとしてはこのまま活躍を続けてほしいところです!

イチローが相手の本塁打を強奪する超ファインプレーを披露、打撃でもマルチ安打で称賛集める!

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が超美技でファンを魅了しました。3月31日(日本時間1日)、本拠地インディアンス戦に「9番・レフト」で2試合連続のスタメン出場すると、3回には相手の本塁打を強奪するスーパーキャッチ!

実況者も大興奮の、全盛期を彷彿とさせるビッグプレーをMLB公式ツイッターが動画で公開している。

【動画】「イチローが捕ったあああ!」実況も大興奮のホームランキャッチをMLBが公開

44歳とはおもえない・・・ 

44歳とは思えない。これぞイチローだ。日本を、そして米国を興奮させたシーンは1-4の3回。先頭のラミレスが放った左翼への大飛球だ。これはフェンスを越える――。そんな大きな当たりだったが、イチローは一直線に打球方向へ。そしてぎりぎりでジャンプ。フェンスに激突しながらも、グラブに収めて見せたのだ。

 超ファインプレーにも涼しい顔のイチローを、スタンディングオベーションで称えるセーフコ・フィールドの大観衆。投手のパクストン、本塁打を損した格好のラミレスも一様に信じられないような表情を浮かべていた。リプレイでははっきりとフェンスを超えていることがわかる一打。実況も思わずこう絶叫した。

「走って飛び――捕った!捕った、イチローがここシアトルで爪痕を残した!44歳の未来の殿堂入り選手をスタンディング・オベーション。イチローが捕った、イチローが捕ったあああ!ラミレスのホームランを強奪成功」

 MLBはこのシーンの動画を公開。コメント欄にはファンからの「英雄は刻まれ、伝説は死なず」「彼は非現実的」「年齢はただの数字」「不老」など賛辞が相次いでいた。

打撃でも復帰後初安打を含むマルチ安打をマーク

攻守に輝きを放った44歳が熱く盛り上げてくれそうだ。

マルチ安打に本塁打強奪キャッチと大活躍「今の僕にとっては…」
マルチ安打でメジャー通算3082安打として、キャップ・アンソン(3081安打)を一気に抜き去って歴代単独21位に浮上。しかし、試合後には「今の僕にとってどうでもいいこと」と振り返っている。

一見後ろ向きに見える「どうでもいいこと」の真意は?

 29日(同30日)の開幕戦に続き、2試合続けて「9番・レフト」でスタメン出場したイチロー選手!この日も打席に立つたびに大歓声を浴びたが、超美技と2本のヒットで応えてみせた。

 まずは3点ビハインドの3回表にラミレスの大飛球をスーパーキャッチ。完全にフェンスを越えていた打球をドンピシャリのジャンプでもぎ取りました。

そして、直後の3回裏に1死走者なしでカラスコからセカンドへの内野安打。その後、ゴードンのヒットで三塁まで進んで、セグラのタイムリーで生還した。

 さらに、7回にはメジャー屈指の中継ぎ左腕ミラーのスライダーを巧みにレフト前に運び、マルチ安打を記録。全てスライダーを投じてきた相手に2球で追い込まれながら、4球目を見事に捉えました。

チームは追い上げたものの及ばず、5-6で敗戦。ただ、イチローは今季初安打について

もちろん、それは重い1本なので、僕にとって。……この1本があるかどうか、ずっとわからないままこの冬を過ごしてきたので、その意味ですごく重い1本になりましたね」と表現。オフにはチームがなかなか決まらず、キャンプにも遅れて合流したが、上々のスタートを切った。
 一方で、マルチ安打でアンソンを抜き去り、歴代単独21位に浮上したことについては「そういうこと、今の僕にとってどうでもいいことなんで。毎日こうやってセーフコ(フィールド)に来てプレーできることがもう、そのことが嬉しくて、そんなことどうでもいい」と話した。27歳で渡米しながら偉大な選手の数字を次々と超えているが、今は“故郷“のシアトルでプレーすることに何よりも大きな喜びを感じている。

今の生き生きと楽しそうにプレーするイチロー選手を今シーズン通して見れるといいですね!

イチロー関連記事はコチラ

イチロー開幕戦9番レフトでスタメン出場!

イチロー死球!頭部に直撃!

イチローマリナーズ入団会見

イチローの気になる年棒は?

イチローの難航した行き先探し

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでます

ザキトワ 不調の原因は成長期!?

北海道オススメの無料スポット 千歳市 さけます情報館

大谷翔平二刀流で全米に衝撃

栄和人コーチパワハラで辞任

サーフィンを始めよう!

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。