大谷翔平海外の反応最新「初2,3塁打!話題沸騰中!」

大谷翔平海外の反応最新「初2,3塁打!話題沸騰中!」

スポンサーリンク

4月12日ロイヤルズ戦

ア・リーグ エンゼルス7―1ロイヤルズ ( 2018年4月12日 カンザスシティー )エンゼルスの大谷翔平(23)が12日(日本時間13日)、敵地カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に「8番・DH」で先発出場。敵地ロイヤルズ戦に「8番・DH」で先発出場。

初の申告敬遠を受ける

第3打席で、申告制による自身初の敬遠をされたことを受け、インターネット上では、さまざまな声が沸き上がった。

第1打席は見逃し三振、第2打席はレフトフライに終わっていた大谷。6回2死二塁の場面で回った第3打席、バッターボックスに向かいかけたものの、ロイヤルズが申告敬遠を選択したため、一塁へ向かった。

ネットでも話題に

ネット上では「打席に立つのを楽しみにしていたのに」「せっかく見てたのに、キレそうになった」「一気に萎えた」など残念がる声があふれた一方、「ある意味、本塁打よりすごい」ど、敬遠されたことによる大谷の存在感をあらためて感じるとする投稿も。

「8番なのに、まるでクリーンアップの扱い」「さすがだな」「そのくらい警戒されていること」「完全にメジャーに認められたということ」といった感嘆の声も多かった。

初の三塁打!

7回2死満塁で迎えた第4打席で右中間を破る三塁適時打を放ちました。大谷の三塁打はメジャー移籍後初で、先発出場した試合では6試合連続安打となった。試合はエンゼルスが7―1で勝って5連勝とした。

■大谷翔平の話「(三塁打の場面は)追加点を取れるように、と思った。何とか取れてよかった。難しいコースだったが、いいところに飛んだ。(好調の)チームの雰囲気に打たせてもらっているのかなと思う。下位打線の役割を果たしたい」

試合後大谷との一問一答

――メジャー初の敬遠は申告敬遠。

「想像はしていなかった。最初は何が起きたか分からなかった。(球審から)“Walk,Walk”と言われて分かった」

――第4打席ではメジャー初となる三塁打を放った。三塁打、球種を張っていた?

「いえ、全体的に待って。チェンジアップがその前に良いボールが来ていたので、ちょっと頭に入れていきました」

――打った瞬間、三塁打と決めて走った?

「外野手も前にいたので、抜けて、三塁までいけるだろうなと思ってました」

――チェンジアップが頭にありながら、実際打ったのは97マイルの直球。どうやってアジャストした?

「もちろん真っ直ぐも速い投手なので、頭には入れていきましたし、どちらかと言ったらどちらに絞ることなく打席の中で待っていた。チェンジアップは頭の隅にあって、来たときにしっかり対応できる準備をしようみたいな感じで、どちらに絞るとかはなかったです」

――6歳の子にバットをあげたのはなぜ?その時のリアクションは?

「悲しそうな顔だったので、1本くらいはいいかなと思いますし、それで毎日スイングしてくれればいいのかなとは思うので。他の子に“くれ、くれ”と言われても困るので、そこは考えますけど。きょうは良かったというか、すごく欲しそうな感じだったので。あげた時はそんなにうれしそうじゃなかったけど(笑い)」

練習中子供にバットをあげる

エンゼルス・大谷が敵地で少年ファンのハートをつかんだ。フリー打撃を終え、グラウンドでファンのサインに応じていると、ロ軍のユニホームを着たレオ・グアステロ君(6)から「バットをください」とおねだり。

ベンチに一度下がった大谷だが「悲しそうな顔だったので、1本くらいはいいかな」と、バットを手に再登場し、プレゼントした。これにはレオ君も大感激。その後は地元テレビ番組に出演するなど、一躍注目の少年となった。

4月13日

初の7番DH

これまで打者での出場7試合は、6試合「8番DH」でスタメン、1試合は代打での出場だったが、初めて7番で先発出場する。相手先発はメジャー通算92勝のジェーソン・ハメル(35)。

マルチ安打で逆転勝利貢献 2回にはメジャー初の二塁打

エンゼルスの大谷翔平投手(23)は13日(日本時間14日)、敵地カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に「7番・DH」で先発出場。メジャー初の二塁打を放つなど4打数2安打で、今季3度目のマルチ安打を記録した。チームは5―4で逆転勝ちし、6連勝で単独首位をキープした。

大谷はメジャー通算92勝ベテラン右腕ジェーソン・ハメル投手(35)と対戦した2回1死からの第1打席で、メジャー初の左翼線二塁打。2ボール2ストライクからの直球を見事に捉えた。4回無死一塁からの第2打席は空振り三振、6回1死一塁からの第3打席は二ゴロに倒れたが、8回無死一塁からの第4打席では、2ボール2ストライクから中前打し、5試合ぶりのマルチ安打となった。エンゼルスはこれで無死一、二塁と好機を広げると、代打バルブエナの適時打で同点とし、なお1死一、三塁からキンズラーの中犠飛で大谷が勝ち越しのホームを踏んだ。

試合後のコメント

試合後、メジャー初の二塁打を「いい所に(打球が)落ちてくれた」と振り返り、逆転につながる8回の中前打については「チャンスをつくることができてよかった。キレのあるカーブがある投手なので、(カーブが)あると思ったけど、難しいところをヒットできた」と話した。

大谷は、これまではすべて8番・DHでの出場で、この日は初の打順昇格。前日12日(同13日)のロイヤルズ戦では「8番・DH」で先発出場し、4打数1安打3打点。7回に走者一掃となるメジャーで自身初の三塁打を放つなどしていた。

ロイヤルズ戦に向けブルペン入り

エンゼルスの大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、15日(同16日)の敵地・ロイヤルズ戦に向けてブルペン入り。スプリット、スライダー、カーブと全球種を交え、43球を投げた。ナギー投手コーチは「いいブルペンだった。変化球の感覚と傾斜を使ってのストライクゾーンを確認した」と話した。

現在2連勝中!

大谷は本拠地初登板となった8日(同9日)のアスレチックス戦で7回1死までパーフェクトに抑える好投。7回1安打無失点に抑え、開幕2連勝を飾った。

指にマメ影響は?

米メディアから右手の指にマメが出来ていると指摘された。ナギー投手コーチは「全然問題ない。私が知る限りは大丈夫だ。準備は出来ている」とし、「(開幕からの2登板は)92球、91球と投げている。100球以上は投げられる」と期待した。

寒さとの闘い

15日のカンザスシティーは最高気温2度。最低はマイナス3度と極寒の中での投球となりそうだ。これまでに大谷は「元々は寒い所(岩手県)出身。結果的に暖かければいいけど、すごく寒いと想定しながら準備したい」と話して

 

大谷翔平関連記事はこちら

開幕戦から二刀流で大活躍!

初ホームラン

大谷初先発

アメリカでの活躍予想

マイナーでの調整の様子

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

レスリングパワハラ問題

イチロー死球!頭部直撃

ザキトワ 不調の原因は成長期!?

藤井聡太 目指せ7段昇段!

日本、北朝鮮対話の可能性は?

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。