清原果耶の初出演ドラマ「透明なゆりかご」の見どころ

清原果耶の初出演ドラマ「透明なゆりかご」の見どころ

スポンサーリンク

  • 「3月のライオン」の川本ひなた役でイジメられながらも頑張って戦う姿を見て世の中の人の心をわしづかみにした、清原果耶さんがとうとう連続ドラマの主演を演じます!

透明感が魅力的な清原果耶さんのイメージにピッタリなその名も「透明なゆりかご」一体どんな作品なのでしょうか!

『透明なゆりかご』

透明なゆりかごは、累計325万部超、20~30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる、沖田×華さんの漫画作品をドラマ化したものです。

町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、“命とは何か”を問い、見つめてゆく物語です。

産婦人科と聞くと赤ちゃんが生まれてなんだか幸せいっぱいなホームドラマかなと思いきや結構考えさせられる内容となってます。

原作はどんな話?

原作では、日本の本当の死因第1位が中絶だったことや、自分の子供を愛せず他人の子供と取り替えようとする母親など、産婦人科のもう1つの顔を描き続ける結構ショッキングな作品になっています。

舞台はとある産婦人科医院。主人公はその病院でアルバイトとして働き始めた、高校3年生の作者・沖田×華さんの体験を元に描かれてます。

だから『透明なゆりかご』のジャンルはほぼほぼエッセイ漫画と言っても構わないのかも知れません。

ドラマのあらすじ

1997年・夏。17歳のアオイ(清原果耶)は、アルバイトの看護師見習いとして「由比産婦人科」へやって来た。いきなり中絶手術の現場を目の当たりにし、衝撃を受けるアオイ。

しかし、何事も丁寧にあたる院長・由比(瀬戸康史)や、頼りになる先輩看護師・紗也子(水川あさみ)、おだやかな婦長・榊(原田美枝子)らスタッフは、妊婦ひとりひとりにしっかりと向き合い、支えていた。

アオイの母・史香(酒井若菜)は不器用でコミュニケーション下手な娘を心配するが、アオイは独特の感受性と根の優しさで、妊婦さんたちの心に寄り添ってゆく。「命って、何だろう…」産まれて来る赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、少しずつ成長してゆく――

脚本はコードブルー3を手掛けた安達奈緒子さん

脚本は、NHK総合で初執筆となる安達奈緒子さん。主演は、これがドラマ初主演となる清原果耶さん。

物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。

観ていてどこかほっこりする、でも心の底までズドンと来るような、そんなドラマをお届けしたいとコメントしています。

コードブルーも医療ドラマとして人気なだけに期待が高まります!

清原果耶さんのメッセージ

この度「透明なゆりかご」で、主人公のアオイ役を演じることになった清原果耶です。

今まで深く考える機会が無かった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、様々な感情に触れて生きていくアオイを真っ直ぐに演じたいと思います。

初めての主演作品ということで正直不安でいっぱいですが、私が出来る限りの精一杯の準備をし、監督やスタッフ・キャストの皆さんのお力をお借りしながら大切に、丁寧にこの作品を作っていければと思います。

ドラマ化にあたり主演の清原果耶さんは、その他の取材でも

「新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、様々な感情に触れて生きていくアオイを真っ直ぐに演じたいと思います」とコメント。

ドラマには清原さんのほか、瀬戸康史さん、酒井若菜さん、水川あさみさん、原田美枝子さんらが出演します。

ドラマ10『透明なゆりかご』

【放送予定】
2018年7月20日(金)から9月21日(金) <連続10回>
総合 毎週金曜 夜10時から10時44分
【原作】
沖田×華「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」
【脚本】
安達奈緒子(「コードブルー3」「宮崎のふたり」など)
【音楽】
清水靖晃
【出演】
清原果耶 瀬戸康史 酒井若菜 マイコ 葉山奨之 水川あさみ 原田美枝子 ほか

 

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

内村航平NHK杯10連覇

大谷翔平活躍の秘密

電車の中で出産!

高木美帆日本人初の快挙!

美人スノーボーダー岩垂かれん

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。