貴乃花親方の引退騒動、弟子の行き先は?そもそも年寄りって何?

貴乃花親方の引退騒動、弟子の行き先は?そもそも年寄りって何?

スポンサーリンク

貴乃花親方(46=元横綱)が25日夕方、日本相撲協会に退職届を出した後、東京都港区の弁護士事務所内で会見を開き、「貴乃花光司は、年寄を引退する旨の届けを提出いたしました」と語りました。今後の弟子の行く末や引退する年寄について詳しく見ていきたいと思います。

貴乃花親方、年寄引退

会見の最初、同席した弁護士から「午後1時、日本相撲協会に対し、年寄貴乃花の代理人として、年寄を引退する旨の引退届を出し、床山、世話人の千賀ノ浦部屋への所属先の変更願いを提出した」との説明がりました。

貴乃花親方は年寄引退の理由について、「貴ノ岩(28)への暴力問題について真実を隠さず追及したいと内閣府に3月9日、告発状を提出しました。その後、弟子の不祥事もあり(告発状を)取り下げましたが、何ら真実に反することはない。降格処分を受け、一兵卒として力士の指導、監督、審判業務を行ってきましたが、本日、協会から見解を示した書面が届き、告発状が事実無根のものと記されていた」と明かしました。

貴乃岩、日馬富士暴行
写真はzakzakより

さらに「事実無根ではないと書面で説明したが、それを認めないと廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受けた。また理事会で一門に所属しない親方は部屋を持てないと決まった。真実を曲げて認めることが私はできない」と訴えました。

やはり、日馬富士の貴ノ岩に対する暴力問題に対し、告発状を出したことに関する協会側の圧力が引退の大きな要因になっていることは、間違い無いようです。

貴乃花部屋の関係者がかたる貴乃花の様子

「昨年の貴乃花の乱以来、親方はかなり、精神的に参っていた 家で急に大声で怒鳴ったり、物を投げたりして情緒不安定だった。当初、奥さんの花田景子さんは我慢強く見守っていたが、奥さんにまで悪態をつくようになった。それでついに奥さんも家を出てしまったようだ。今場所、貴乃花部屋の貴ノ岩など力士はよく頑張っていた。場所中に力士らは部屋がなくなること、親方が引退することは聞かされていたようだ。何人かは泣いて、親方のような横綱になりたくて部屋に入ったので、やめないでと言ったが親方の気持ちは変わらず、引退となった。 親方は理事長を目指してこれまで頑張ってきたが、理事降格などで気持ちが切れてしまった」と話しています。

やはり、現在の現役力士は、貴乃花親方の全盛期の憧れが多く、目標として頑張っていただけに、ショックが大きかったようです。

そもそも年寄とはどんなもの?

年寄(としより)とは、公益財団法人日本相撲協会(以下「協会」)の構成役員で、通常は「親方」の敬称で呼ばれています。

協会および大相撲の運営は年寄が主体となって行われています。

現役を引退した元力士が協会の正規の構成員としてとどまるには、原則として年寄になる必要があります(若者頭、世話人など例外もあります。なお、相撲部屋と個々に契約しているコーチやマネージャーは協会員ではありません)

年寄の枠は歴史的な経緯からその名称(年寄名跡)まで決まっていて、昭和2年(1927年)以降は105名の定員からなっています。

年寄になるには現役時代の成績や日本国籍の保有、協会の承認などの要件を満たす必要があり、誰でも簡単になれるものではありません。

年寄りの仕事

年寄は協会と人材育成業務の委託契約を結んでいます。

そのため親方にとって最も重視される仕事は部屋に所属する力士に対する指導・監督とされています。

技術面の指導はもちろん、若い力士が部屋で集団生活を送るという相撲界の慣習から、精神面の指導や、さらにはちゃんこ番や付き人といった部屋内での力士の雑務についても親方が責任を負って部屋を運営しています。

弟子のスカウトも

部屋持ち親方の場合はスカウト活動にも余念がなく、全国の高校や大学を訪れたり入門希望者の面接なども親方として必要になってきます。

部屋の経営に必要な資金は、協会から補助金が出るものの基本的には部屋持ち親方の持ち出しであり、活躍する力士を多く輩出することで有力な後援者(いわゆるタニマチ)を求めることも必要となります。

相撲協会での役目

また、全ての親方は協会の構成員として、理事長から指示された職務分掌に従い協会内の各部署の職務に当たります。

勝負審判や巡業地の宿の手配や土俵造り、木戸口での入場券のもぎりを含む館内警備、協会の事務まで多岐にわたります。

毎年1月場所終了後に定期の職務分掌異動があり(西暦偶数年は役員改選も行われる)、その他欠員・増員が生じた際は随時異動が命じられます。

ちなみに、貴乃花親方は、巡業部長を務めたこともあります。

年寄の年収は?

年寄の報酬には、月例給、賞与のほかに、勤続年数に応じた勤続手当、年3回支給される場所手当、協会在勤者への在勤手当、羽織・袴で勝負審判を務める者への衣装補助費、年寄名跡の取得補償として名跡金などが支給されます。

また部屋持ち親方には、力士1人当たり1場所ごとに部屋維持費と稽古場経費、幕下以下の力士への力士養成費、関取を育てあげた養成奨励金などが支給されます。

2017年5月13日発行の書籍によると、相撲部屋維持費が力士1人当たり1場所11万5000円、稽古場経費が力士1人当たり1場所5万5000円、養成員養成費が幕下以下の力士1人当たり1か月7万円支給されます。

日本相撲協会の構成役員である年寄の職責には、理事、監事、役員待遇委員、委員、主任、参与、平年寄があり、役員待遇委員の者の給与等は、理事又は監事と同等額と定めています。

相当数を占める委員の年収は、1,500万円から1,600万円になると推定されます。

ちなみに、理事になると2000万円を超える報酬を協会から貰えるようです。

貴乃花部屋の力士の今後

日本相撲協会は9月27日の理事会までに、全ての親方が5つある一門のいずれかに所属しなければならない旨を通達。

全親方のうち、貴乃花親方だけが、所属先が不透明のままでした。

そんななか、日本相撲協会は10月1日、貴乃花親方が退職すると発表しました。

「平成の大横綱」が角界を去ることになり、大きなニュースになりました。

この日の臨時理事会で、力士8人ら計10人の千賀ノ浦部屋移籍が承認され、貴乃花部屋は消滅…

貴乃花親方から出されていた退職の届け出も受理されました。

貴乃花親方は10月1日、「貴乃花応援会」公式サイトで千賀ノ浦部屋へ移籍する序ノ口の貴正樹への思いをつづっています。

「私の最後の弟子が、相撲教習所を卒業いたしました。この子は強くなります。只者ではない子です」と最後の弟子に思いを馳せて

「引退会見をし卒業式に出てあげられませんでした。情けない師匠です。大阪出身、貴正樹は、いい男になります。この子の信念は只者ではありません」と残念な想いを語っていました。

移籍先の千賀ノ浦部屋とは?

1989年(平成元年)7月場所限りで引退して春日野部屋の部屋付き親方となっていた年寄・19代千賀ノ浦(元関脇・舛田山)が、2004年9月27日に春日野部屋から分家独立して千賀ノ浦部屋を創設したのが始まりです。

独立に際しては、拓殖大学の後輩である幕内力士の栃乃洋を内弟子として引き連れる予定でしたが、年寄株の譲渡の問題で話がまとまらずに栃乃洋は春日野部屋に留まることになりました。

この時、同じ拓殖大学の後輩である幕下・栃の山(現・世話人)は千賀ノ浦部屋へ移籍しています。

2010年11月場所に舛ノ山が新十両へ昇進し、部屋史上初となる関取が誕生しました。

2014年6月25日には出羽海部屋から13代稲川(元小結・普天王)が移籍して部屋付き親方となりました。

2016年4月10日に19代が定年退職を迎えるため、同年3月中旬から部屋の後継者擁立を進めていたものの、所属する出羽海一門内からの後継は実現せず、同一門内の他の部屋との合併も条件的に折り合がつきませんでした。

そこで19代は貴乃花一門に所属する貴乃花部屋の部屋付き親方である15代常盤山(元小結・隆三杉)に対して千賀ノ浦部屋の師匠に就任することを要請、常盤山はこれを了承し、同年4月8日付で19代と名跡を交換、20代千賀ノ浦を襲名して部屋を継承しました。

また、この部屋継承により千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門へ移籍した

ここに現在の貴乃花部屋との繋がりがあり、今回の弟子の引き受けに繋がります。

2018年10月1日の臨時理事会で、貴乃花部屋所属の力士、床山、世話人の計10人の千賀ノ浦部屋移籍が承認されました。

理事選などで一緒に戦った阿武松親方の想い

かつて貴乃花一門に属した元関脇・益荒雄の阿武松審判部長は10月1日、両国国技館で取材に応じ、「本心で言えば無念です」と貴乃花親方の退職に視線を落としました。

この日、日本相撲協会が配布した臨時理事会の概要によると、「一門への所属」という新規則を決めた7月26日の理事会で、阿武松親方を無所属の親方衆への伝達役に決めました。

阿武松親方は8月上旬になって貴乃花親方に説明。これに対して貴乃花親方は、一門に所属しなければ廃業になると認識して、協会による「圧力」と捉えたもようです。

協会が設定した期限は7月の理事会から約2カ月後。阿武松親方は9月の秋場所後半になり東京都江東区の貴乃花部屋を訪れたことを明かし、「私はもう精いっぱいの説得をした。私の力不足です。残ってほしかった、本当に」と肩を落としました。

協会が報道陣に配った資料には「無所属の親方たちの所属先は、だんだん決まっていって、最後に、貴乃花親方が残りました。しかし、9月の理事会までに決まらなくても、それで師匠をやめなくてはいけないなどということは、まったくありませんでした。決まるまで待つつもりでした」とあります。

貴乃花親方が会見した9月25日の後、八角理事長は貴乃花親方の顧問弁護士らに各一門が門戸を開いていると伝えたそうです。

ただ、ある親方は「(貴乃花親方を受け入れることになった場合は)俺が出る」と断固拒否。アレルギーのある親方もおり、実際は全ての一門が受け入れられる状態ではなく、協会の説明と実情はやはり一致していなかったようです。

最も大事なのは大相撲を支えるファンの思い。審判として館内に姿を見せると、人気のある関取と同じぐらいの大きな歓声が送られている貴乃花親方の姿が思い出されます。

阿武松親方が説得した時の言葉に「9月の理事会までに決まらなくても、それで師匠をやめなくてはいけないなどない。決まるまで待つ」とあります。この言葉通り協会が待つ気持ちがあれば、現役を引退しても絶大な人気を誇る大スターが角界から去るような異常事態にはならなかったと感じています。

貴闘力の反論

貴乃花親方の引退騒動を受け、元関脇の貴闘力が情報番組に出まくっている。皮切りとなった9月26日放送のワイドショー「スッキリ」(日本テレビ系)では、「子どもが力士になるのだから大人しくしていたほうがいい(息子は現在「納谷」の四股名で幕下力士)」と言われるなど、自分にも相撲協会から脅しがあったことを告白しています。

貴乃花親方への圧力もあったのではないかと推測しました。

「貴闘力のコメントに対して、南海キャンディーズの山里亮太も同日放送の自身のラジオ番組で、ともに出演していた協会寄りのコメンテーターもタジタジになるほど、何も怖いものはないというぐらいの物言いで凄かったと驚いていました。貴闘力は翌27日にも『スッキリ』に出演し、二所ノ関一門と貴乃花親方の確執について歯に衣着せず発言していましたが、視聴者は文字どおり気分が“スッキリ”する思いで見ていたのではないでしょうか」

と、協会の陰湿な体質に物申して、注目を集めています。

さらに貴闘力は貴乃花親方の行いたかった改革について、相撲道の透明化、ガチンコの真剣勝負、力士の年俸制、サポーター制度などを挙げ、一生懸命、正直に相撲協会を改革していこうと思っていたと、貴乃花親方の相撲への真摯な気持ちを説明!

しかし、貴闘力の舌鋒はこれだけでは収まらりません。

「貴闘力は27日の『ひるおび!』(TBS系)にも出演。貴乃花親方は協会と話し合いを持てないのかという街の声に対し、これまで何度もだまされているから無理だろうとコメント。これまでも協会側と合意したことと真逆のことが発表されるなど、ひどい目にあっていると暴露していました」

愚直で不器用な印象の貴乃花親方を援護射撃する貴闘力にあらためて貴乃花親方の人気ぶりを感じます。

関連記事はこちら

相撲理事選、貴乃花親方わずか2票で落選!

貴乃花一門、気になるもう一人の候補者阿武松親方について

貴乃花親方、「理事選」基礎票では圧倒的不利なのに「当選」予測が出る理由

貴乃花親方、理事選で錣山親方を推薦か?

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

新垣結衣主演10月新ドラマ「獣になれない私たち」見どころ

大谷翔平海外の反応トミージョン手術決意!影響は?

奄美大島で、大河ドラマ西郷どんのロケ地巡り!

大阪なおみ全米オープン優勝!その凄さとは?

その

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。