大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る。

大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る。

スポンサーリンク

打者としてメジャー1年目で打率.285、22本塁打、61打点の成績を残した大谷翔平選手、あめのメディアでは新人王に押す動きが高まっています!大谷翔平

大谷翔平の名を全米に知らしめた

エンゼルスの大谷翔平投手は今季全米で二刀流旋風を巻き起こしました。

打者として104試合に出場して326打数93安打22本塁打61打点、打率.285の好成績を残し、4月と9月の月間最優秀新人にも輝きました。ちなみに、メジャー1年目の日本人野手のホームラン記録を塗り替える活躍です!

今までは、マリナーズの城島選手の16本が記録でしたがそれを大きく上回る大活躍です!

投手としての成績

右肘の靭帯損傷のため投手としては10試合の登板にとどまったものの、4勝2敗、防御率3.31という結果を残しました。

ベーブ・ルース以来、メジャーに100年ぶりに現れた二刀流として様々な伝説を残した大谷翔平選手ですが、アメリカのメディアは衝撃のデビューウィークに残した圧巻の記録にスポットライトを当てています。

当初は控え選手としてみられていた記録

「MLBシーズンで最も奇抜な統計」と特集したのはアメリカの「スポーツ・イラストレーテッド」というメディアです。

メジャーではデータや統計を重視する特集がさかんで、今シーズンも生まれた様々なデータに注目しています。

安打よりも三振数が多かった投手優勢なのシーズンだったこと、ナ・リーグ西地区最下位のパドレスに打率2割6分に到達した(300打席以上立っている)打者がいなかったこと、今シーズンリーグ最多となる48本塁打を放ったアスレチックスのクリス・デービス外野手の打率が4年連続で.247を記録したこと(偶然ってすごいですね)など、今季生まれた数々のデータを紹介しています。

そして、大谷も現在メジャーで最も重要視される指標でいきなり伝説を残していました。

「ショウヘイ・オオタニは控え選手の1年分相当の1週間を過ごした」と特集では注目!

大谷翔平選手は、控えメジャー選手1シーズン分の働きをわずか1週間でしてのけたというのです!

「小さなサンプルサイズもまた、興味深いものだ。ショウヘイ・オオタニのメジャーリーグ最初の1週間のように。彼は打席では3試合連続で本塁打を放ち、それからアスレチックス相手に7回無失点、12奪三振の投球をしたのだ」と記事では振り返っている。

キャンプでは不調だった

スプリングトレーニングでは打率.125、防御率27.00と苦しみぬいた大谷翔平選手、当初は日本からきて、1年目から活躍しないだろうと、各種メディアも辛口なコメントが目立ちました。

ソーシア監督

しかし!開幕直後には大爆発。投打に渡り、鮮烈極まりない活躍を見せました!

この1週間の働きは控えメジャー選手1シーズン分の貢献に相当したという統計結果が出ています。

大谷翔平選手の年俸の安さからこういう統計も、でたのかもしれませんね。

ア・リーグ新人王の有力候補にその名が挙がる大谷翔平選手、開幕序盤のインパクトでア・リーグ週間最優秀選手にも選出されていたが、まさに記録にも記憶にも残るセンセーショナルなデビューだったと言えそうです。

大谷の野球に取り組む姿勢を評価

辛抱強く、雑念を寄せ付けない」

メジャー挑戦1年目で、二刀流の一大旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。

右肘の内側側副靭帯損傷で一時戦線を離脱し、投手としては10試合の登板にとどまりました。しかし、打者として104試合に出場して打率.285をマーク。

キャリアで最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録したことにアメリカのメディアは、大きな関心を寄せています。

チームはポストシーズン進出を逃し、早々とシーズンが終了。

大谷翔平選手はレギュラーシーズン終了翌日の10月1日(日本時間2日)に右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、来季の打者復帰、そして2020年の二刀流復活に向けてリハビリを進めていくことになります。

日本ハムから海を渡り、メジャー1年目で驚くべき活躍を見せた大谷翔平選手

ポスティングシステムを利用しての移籍となったが、2016年12月に結ばれた新労使協定でメジャー最低保障の54万5000ドル(約6200万円)という“破格の安さ”で夢だったメジャーの舞台に身を投じた。その激動の1年を、AP通信が振り返っています。

「オオタニがエンゼルスに入団することを決めて以降、辛抱強く、そして雑念を寄せ付けない彼の野球に対するアプローチは常に顕著だった」と、大谷の野球に取り組む真摯な姿勢を称賛!

「日本でもう数年待っていれば得られたはずの莫大な金額を彼は逃したのだ。その代わりに、彼は駆け足でアメリカに渡り、投手・打者の両方でメジャーを席巻する長期にわたるプロセスを開始した」と、大金には目もくれず、自身の夢に邁進した二刀流右腕の歩みを称えています。

海外のメディアも賞賛される大谷翔平選手の活躍は、なんだか同じ日本人として、嬉しい限りですよね!

チームとアメリカへの適応の早さも紹介

明らかに英語を理解している」

右肘の故障を抱えたまま、打者としてグラウンドに立ち続けた大谷翔平選手の決断を評価。「右肘の手術が必要と判明した後でもなお、彼が10月まで打席に立ち続ける決断をしたことは、彼の同僚やコーチにとっては何の驚きでもなかった。そして、二刀流をしていくための長期的なプランを諦めることなく、来シーズンも打席に立つことを彼が画策していることもまた、何の驚きでもない」としています。

活躍の要因をAP通信は「オオタニの粘り強さは、彼に備わっている最も素晴らしい強みの一つであることは証明済みだ。そしてそれは、並外れた才能を備えるアスリートに必ずしも見られる光景ではない」と指摘しています。

「彼が2カ月間マウンドから遠ざかって、7月がスタートする際には打席で苦しんだ。しかし、彼は8月になって打率を.328とし、6本塁打18打点を挙げた。9月初旬にマウンドに復帰したものの好投とはいかず、トミー・ジョン手術が避けられない事態になってしまった。それでもオオタニは、驚くべきことに(手術が推奨されてから)最初の4試合で4本塁打、10打点を記録した」と、度重なる困難に直面しながらも、それを粘り強く乗り越えてきた点を驚きをもって伝えています。

正直、自分に降りかかる不幸の中実力を発揮できる人は、あんまりみたことがありません。

そういう意味で大谷翔平選手のメンタルの強さこそがメジャーでの成功に大きく影響を与えた感じがしますね!

バスでの歌も好評!

また、大谷のチームへの溶け込み、異国の地への適応の早さも紹介!

「フィールド外においても、オオタニはオレンジカウンティーの地に素早く溶け込んだ。通訳のイッペイ・ミズハラがいるため、オオタニは公共の場で話す機会は少ないが、4月に比べて彼は明らかに英語を理解している。そして、チームバスの中で披露した“デスパシート”が証明したように、スペイン語に関しても同じことが言える」と伝えています!

トミー・ジョン手術によって大谷の投手復帰は2020年となり、二刀流はしばらくお預けですが、まずは来季、早い時期での打者としての復帰を目指してリハビリを進めていくことになります。

来季は“打者専念”となるのでAP通信は「エンゼルスはオオタニの二刀流の才能をサポートしていくことに、引き続き毅然とした態度で力を注いでいく一方で、『二刀流・オオタニが片方の能力に専念したら、彼は何を成し遂げてくれるのだろう』と言うことを、あらゆる人たちが待ち遠しく思っている」と、打者一刀流でどれほどの成績を残すかにも、期待を寄せていました。

トリプルスリーとか、達成して欲しいですね!

関連記事はこちら

大谷翔平海外の反応トミージョン手術決意!影響は?二刀流の危機

大谷翔平海外の反応 3か月ぶりの二刀流復活!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。