F-35戦闘機が墜落し無事故記録途絶した。日本への影響は?

F-35戦闘機が墜落し無事故記録途絶した。日本への影響は?

スポンサーリンク

F-35の墜落が及ぼす影響とは?無事故記録をF-22との比較してみる

2018年9月28日(金)、アメリカ海兵隊の短距離離陸垂直着陸型(STOVL)戦闘機ロッキード・マーチンF-35B「ライトニングII」が、アメリア東海岸サウスカロライナ州ビューフォート海兵隊航空基地近辺において墜落、大破するという事故が発生しました。パイロットは緊急脱出(ベイルアウト)したと見られ死者はありませんでした。

F35Bフォーメーション

原因は調査中F-35の墜落事故は今回が初!

原因は調査中であり現在のところ明らかとされていませんが、F-35の墜落事故は今回が初となります。

F-35は2006(平成18)年に初飛行。2015年には今回事故を起こしたSTOVL型F-35Bが海兵隊において実戦配備されました。今年2018年までに通常離着陸型F-35A、艦上戦闘機型F-35Cと合わせて300機が生産され、20万飛行時間無事故の記録を達成していました。

今回のF-35B墜落によって無事故記録は途絶えてしまいましたが、それでもなお、これは開発されたばかりの戦闘機としては異例中の異例ともいえるほど大記録であると言えます。

これまでの戦闘機は開発中または実用化間近においてはどうしても事故が多発しやすい傾向がありました。実際F-22「ラプター」も最初の10万飛行時間において3機が墜落しています。

戦闘機ではないですがV-22「オスプレイ」も事故の多さが際立っていました。

飛行時間と事故の悩ましい関係

墜落したF-35Bの同型機。STOVL型で、アメリカ海兵隊にて運用されています。

F35B

F-22ラプターは2017年度時点において28万9035飛行時間に到達しており、2018年現在はおそらく30万飛行時間を超えていると見られますが、直近20万飛行時間においては1件しか墜落が発生していません。総計で見た場合は10万飛行時間あたり約1.3機が失われている計算となります。

一方F-35は現在のところ1機墜落のみですので、10万飛行時間あたり0.5機と、墜落事故が発生しやすい時期にも関わらずすでにF-22の半分以下であることは驚異的と言えます。

F22
FILE PHOTO — The F-22 is an air-superiority fighter with improved capability over current Air Force aircraft. From the inception of the battle, the F-22’s primary objective will be to establish air superiority through the conduct of counter air operations. The F-22 also has an inherent air-to-surface capability. A combination of improved sensor capability, improved situational awareness, and improved weapons provides first-kill opportunity against the threat. (U.S. Air Force photo)

 

F-35は2019年度第11期低率初期生産において、年産141機を計画されており、総飛行時間は今後大幅に増大します。ピーク時は3000機以上が現役となる見込みであり、1機の戦闘機は年間におおむね200飛行時間から300飛行時間ほど使用されるため、年間60万から100万飛行時間使用されることになります。したがって、仮に今後10万飛行時間あたり0.5機で推移した場合も、年に5機近くは墜落します。今後かなりのF-35が失われることになるのは避けられません。よって、すでに過去に例がないほど低いF-35の事故発生率をさらに低下させることが、重要な課題となるでしょう。

F-35はなぜこれほど落ちなかったのか、そのひとつの理由とは?

かつてF-22は、パイロットが意識障害に陥るという原因不明の欠陥に悩まされ、それに起因する墜落も発生。2011(平成23)年にはアメリカ空軍の歴史上最長となる、4か月半にも及ぶ飛行停止処分が下されました。

これは新開発されF-22で初めて実用化された「フルカバー対Gスーツ」が、呼吸を阻害したものであると後に判明しました。

欠陥は修正され飛行停止は解除されています。同じフルカバー対GスーツはF-35のパイロットも使用しており、もしF-22がこれを使用していなかった場合、F-35において同様の墜落事故を含む問題が発生していたかもしれません。

F-35の極めて優秀な事故率の低さは、これまで無数に積み上げてきた欠陥の修正と運用ノウハウの上に成り立っていると言えます。

開発の遅れから遅延が許されなかったF35

F-35の開発はスケジュール遅延との闘いでした。従来の戦闘機では開発難航といえば墜落など事故や機体上の欠陥に起因するものが多くを占めていましたが、現代戦闘機は乗りものとしてはほぼ完成されきっており、むしろそうしたハードウェア上の問題よりも、高機能なセンサーの制御や情報処理するためのソフトウェア開発に手間がかかるようになってしまっています。

これは、飛行特性そのものよりも、相手のステルスに対するセンサーや自分の武器の性能向上などが、開発での要求を満たすことが難しくなっているのが原因です。

そのため、今回の事故や開発遅延の事実をもって、F-35を安全上の欠陥機であるとみなすことはできません

F-35が完全作戦能力獲得で具体的に可能になったことは…?

ロッキード・マーチンF-35「ライトニングII」ステルス戦闘機が2018年4月に初期開発段階であるシステム開発実証(SDD)を終え、いよいよ「完全作戦能力(FOC)」獲得が目前となっています。

攻撃に特化したF-35「ビーストモード」のイメージ。なお、「ビーストモード」はオフィシャルの呼称。

f35ビーストモード
写真はロッキードより

 

2018年7月現在「F-35」というシステムの中核となるミッション・コンピューターは、限定的な対空・対地攻撃能力が付加された「初期作戦能力(IOC)」を実現する「ブロック3i」ソフトウェアによって動作していますが、本年中に新しいソフトウェア「ブロック3F」へアップグレードされることによって、完全作戦能力が付加される見込みです。

F-35はA/B/C型と3機種存在し、それぞれ能力が異なりますが、アメリカ空軍や航空自衛隊が配備する陸上戦闘機型F-35Aであれば、ブロック3FソフトウェアによってG制限が9Gへ拡張され、またこれまで使用不可能だった機関砲の射撃能力が付加されるなど、いよいよ戦闘機として本格的な能力を発揮できるようになります。

こうした新しい能力のなかでも、ひときわ面白い機能が「ビーストモード」の実現と言えるのではないでしょうか。F-35はこのビーストモードによって攻撃力を数倍に高めることが可能となります。

通常の4倍、「ビーストモード」

ビースト(猛獣)とはなんとも禍々しいネーミングですが、別に『エヴァンゲリオン』のように暴走状態となるわけではありません。F-35のビーストモードとは主翼下左右それぞれ3か所ずつ設けられた兵装搭載ステーションに爆弾や空対空ミサイルを搭載することを意味し、胴体内部の兵装庫(ウェポンベイ)のみに格納した場合にくらべ4倍もの兵装搭載量を実現できようになります。

飛鳥のビーストモード
写真はエヴァンゲリオンより

 

ロッキード・マーチンによるとF-35はビーストモードによって、空対空ミッションであれば視程距離外空対空ミサイルAIM-120C/D アムラーム14発+短距離空対空ミサイルAIM-9Xサイドワインダー2発の搭載が可能となり、また空対地ミッションではアムラーム2発、サイドワインダー2発、JDAM 908kgGPS誘導爆弾6発が搭載可能としています。

ウェポンベイ内部にのみ兵装を搭載した場合は空対空ミッション時アムラーム4発のみ、また空対地ミッション時はアムラーム2発+JDAM 2発のみですから、ビーストモード時の搭載能力はまさにけた違いであると言えるでしょう。

ただしブロック3Fにおいて外部に搭載可能な兵装は小型のペイブウェイ227kgレーザー誘導爆弾のみであり、上述のような大型の誘導爆弾や対艦ミサイル、巡航ミサイルへの対応は「ブロック4」ソフトウェア以降の実装となります(以降2年ごとにアップグレードされる見込み)。

ビーストモードに見るF-22との違い

ビーストモードは攻撃力を大幅に引き上げることと引き換えに、機内のみに兵装を搭載する「ステルスモード」に比べレーダー反射断面積が増大、つまりステルス性が損なわれてしまうしまうという欠点があります。

ゆえに、F-35は戦争開戦初日など敵国の防空網が活発である段階においては生存性を重視したステルスモードで作戦を行い、そしてある程度レーダーサイトや地対空ミサイル、戦闘機を撃滅した後にはじめて、一度の作戦で多数の目標を破壊できるビーストモードとするなど、それぞれの利点を活かして使い分けるようになるでしょう。

最近の防空システムの制度に対する運用法や貴重なパイロットの犠牲を少なくするための運用の使いどころが今後のポイントになりそうですね!

関連記事はコチラ

トランプ大統領がF35を値下げ!

自衛隊F35B導入へ!改造空母「いずも」で運用開始?

中国に対抗F-35Aとは?

中国に対抗、自衛隊が改造空母でF35Bを導入!?

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る。

フィギュアシーズン開幕!ザギトワ初戦を棄権!紀平梨花シニア初優勝!

北海道地震、新千歳空港再開も大混雑で混乱、文句が相次ぐ

新垣結衣主演10月新ドラマ「獣になれない私たち」見どころ

奄美大島で、大河ドラマ西郷どんのロケ地巡り!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。