イチローが会見、引退せずに2019年現役続行する理由、日本で開幕戦出場の可能性は?

イチローが会見、引退せずに2019年現役続行する理由、日本で開幕戦出場の可能性は?

スポンサーリンク

イチロー選手が来シーズン日本で開幕戦に出る可能性が現実味を帯びてきました!

マリナーズのジェリー・ディポトGMは、来年3月に東京で行われるアスレチックスとの開幕シリーズで、イチロー選手のがコンディションさえ良ければロースター入りすると発表しました。
MLB公式サイトが伝えています。

いやーこのニュースは、イチローファンの私としては非常にうれしいです!このまま調子を維持して開幕戦のみならずシーズンを通して活躍してほしいですね!

イチローバッター

今シーズン(2018年)は5月で選手から会長付特別補佐に就任

イチローは今シーズンを選手としてスタートしました、しかし、残念ながら5月にマリナーズの会長付特別補佐に就任し、その後はプレーしなかったものの、打撃練習など練習をしている姿がスタジアムでも見られました。
マリナーズのディポトGMは
「来季開幕までまだまだ時間があるが、ピオリア(マリナーズのキャンプ地)でイチローが打席に立っているのを見ることになるだろう。その段階でチームの様子を見る予定だが、来年東京で彼がフィールドにいたとしても驚きではない」とコメントしています。

イチローマリナーズ

この話ぶりは、かなり期待できますよね!
5月に特別補佐に就任した時もビジネスのために日本での開幕戦をイチローの花道にしようとしている!なんて、憶測が飛んでいましたが、私は、復帰を信じていました!
イチロー選手は、普通の人ならあきらめるところでも実際に一年間コンディションを整えていたという、この強いメンタルが再び選手とし復活するとファンなら思うのです!

イチロー選手の評価

ディポトGMは、マリナーズの選手に対するイチロー選手の指導的役割と、メジャーリーグと日本プロ野球の両方でプレーしてきたキャリアを高く評価していて、
「イチローが健康であることを確かめなくてはならないので、断言はできないが、彼はロスター入りするだろう」とし、「そうするのは我々の球団にとっても日本プロ野球にとっても正しいことだと強く感じており、イチローにとっても正しいことだと信じている」と発表しています。

ディポトさんあなた見る目があるよ!

イチロー選手のシーズン終了後の会見

「なんか改めて決意表明するのもおかしな感じだけれど、これが来年の春に僕が240パウンド(約109キログラム)になっていたら終わりですよ、それは。その可能性は低いと思うので、そうでなければ、終わりではないと思います」

とイチロー節で軽めのジョークを飛ばして会見していました。109キロになったら、ホームランバッターになってほしいですね(笑)
イチロー選手は「できることは全部やった」と今シーズンを振り返ります。
マリナーズの選手登録から外れて、5月3日会長付特別補佐に就任した時もイチロー選手は会見で来シーズンの現役復帰の意思を伝えていました、その時、みんな事実上の引退!と話題になっていましたよね!

それでも……とくすぶる声をこう制した。「これが最後ではない、ということをお伝えする日」この言葉通り、その後のシーズンで練習を重ねるスーパースターのすごさを感じます!
シーズン最終日となった9月30日の試合前も、通訳を伴ってフィールドに姿を見せると、ゆっくり体をほぐした後でキャッチボールを始め、90メートル近い遠投ではスタンドのファンを沸かせていました。
「一日(が終わって)帰る時にはもうくたくたでというのは、その日の目標でしたから、そこだけを見れば完遂したということになるでしょうね」
試合に出られない中でどう体力を維持し、技術を高めるのか。イチロー選手は相当自分を追い込んだに違いありません!
「この状態でも怪我をなく過ごすことは結構大変なことなのでね。体のケアはもう自分でしか(できない)。それでもこの期間を過ごしたのは一つの抗体ができたのかなという気がします」

来シーズンのキャンプへ早くも意気込み!

「イチローはキャンプにいる」
すべては来季の復帰を見据えてのこと。5月3日の会見でも、「それ(来季復帰の可能性)があることで明確に、遠いですけど、目標を持っていられるっていうのは、大きなことです」と話したが、ずっとそのことが支えになったようで、その思いにチームも早々に応えています。
シーズン閉幕の翌日に行われた総括会見で、ジェリー・デュポット・ゼネラルマネジャー(GM)が、「イチローは、我々と一緒にキャンプにいるだろう」と踏み込み、半ば再契約を認めました。
「(2月には)きっとピオリア(マリナーズのキャンプ地)で打撃練習をしてるんじゃないかな。その結果で(その後については)評価をするが、東京に行ったとき、イチローがそこでプレーしているとしても、驚かないでくれ」とはなしていました。

イチローに追い風!来シーズンはメジャー契約のチャンス!

この会見を受けて地元メディアなどはさっそく、イチローとマイナー契約を交わして招待選手としてキャンプに参加するのでは、と報じたが、多分彼らは、後に訂正を迫られるのではないか。
マリナーズはおそらく、イチローとメジャー契約を交わすだろうといわれています。

日本開催の試合は、ロースターが3人多い

関係者の話では、
「契約するということ自体、決まっているわけではない。しかし、契約するのであれば、それはメジャー契約だ。でなければ、イチローに対して敬意を欠くことになる」
海外で行われる開幕戦ではケガなどをした場合、すぐに補充ができないので、大事をとって選手の登録枠が25→28に増えます。
だからこそイチロー選手にもチャンスがあり、通常の「25」に戻る米国での開幕戦では居場所がない――と指摘する地元記者が大半であり、敬意というなら、東京での開幕戦を花道とすることで十分ではないのか? と反論されそうですが、そこにはある事情があるんです!

マリナーズの若手が伸び悩む!

マリナーズの外野手の陣容は、そう言い切れるほど安定しているわけではありません。今年期待されていた、たベン・ギャメル、ギレルモ・ヘレディアといった若手選手が伸び悩み、主力のロビンソン・カノ(マリナーズのスター選手セカンドを守ってます)の出場停止に伴ってセンターのディー・ゴードンがセカンドにコンバートされると外野手が足りなくなって、トレードで補強しなければならないという誤算が生じました。そんなんだったら、早くイチロー使えばいいのにと思ってしましますが、シーズン序盤はまだ若手の成長に期待していたんですねー

ベンギャメル選手

 

来シーズンは今のところ、ライトのミッチ・ハニガーとセンターのゴードンが固定だが、現時点でレフトは全くの白紙。ネルソン・クルーズが移籍して指名打者が空けば、カノがそこに入り、ゴードンがセカンドに回る可能性もあります。そうなれば、外野のポジションが2つ空くことになります

ここまでくるとイチロー選手のレギュラーすら見えてくると期待するのはファンの気持ちですよねー!

マリナーズの補強設計図

補強の優先順位としては、先発投手とクルーズが抜けた場合の穴埋めになりそうです。色々なシナリオが考えられますが、フェリックス・ヘルナンデス、カノたち長期高額契約者に縛られてほかの選手の動きが取りにくいことを考えれば、レフトと控え外野手という2つの枠をイチロー、ギャメル、へレディアの3人で争うという構図は、来年も変わらないの可能性があります。

今年はそこでイチローが負けてしまいましたが、来シーズンは違います!
実際ライバルのギャメル、ヘレディアは9月の消化試合でも出たり出なかったりが続いていて、2人の力を見極めたいという思惑が働いた今季前半の状況とはちがって、いまいち期待されてない感があるからです。それだったらスーパースターのイチローを出したほうが客も集まっていいですよねー

イチメータのエイミーさんも大喜び

“イチメーター”ボードを掲げ応援するエイミー・フランツさんも復帰を喜んでいます!
 MLB公式サイトのツイッターもイチローの“現役復帰”について
イチローはまだ終わっていない! 彼は2019年の日本での開幕シリーズで、マリナーズのロースターに含まれることになるだろう
これにエイミーさんは反応。MLB公式ツイッターを引用し
「4月からずっと、私はそう言ってきたのに…」
とツイートしています!イチローの力を信じる真のファンですねー!
 イチローの現役復帰を信じて疑わなかったエイミーさん。これにはファンも同感の様子でMLB公式サイトのツイートに対し多くのコメントが寄せられました。

エイミー

関連記事はコチラ

チロー今季戦力外スタメンから外れる

イチローファインプレイにマルチヒット、開幕から絶好調!

イチロー開幕戦9番レフトでスタメン出場!

イチロー死球!頭部直撃!災難続き開幕間に合うか

マリナーズイチロー!会見で熱い思いを語る!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る。

大谷翔平海外の反応トミージョン手術決意!影響は?二刀流の危機

松坂大輔 大荒れも開幕ローテ目指す!

松坂4241日振りの勝利!連敗ストップ!

貴乃花親方の引退騒動、弟子の行き先は?そもそも年寄りって何?

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。