F35戦闘機の驚異の最新技術!コックピットが透けて見える!?

F35戦闘機の驚異の最新技術!コックピットが透けて見える!?

スポンサーリンク

F35の最新技術、HMDの凄さとは

F35(ライトニングⅡ)はマルチロール機、日本語的にいうと多目的戦術航空機になります。
そんなマルチロール機のパイロットにとって、一瞬の意思決定は生死の問題になる可能性があります。
それを助けているのがHMD(ヘルメットマウントディスプレイ)です。
言葉だけだとイメージがつきにくいですが、ヘルメットのシールド(サンバイザー)部分(下の写真)

f35ヘルメット

このシールド部分にいろんな情報が出るようになっています。
ドラゴンボールのスカウターみたいな感じです。

これまでの戦闘機の表示

これまでの戦闘機はHUD(ヘッドアップディスプレイ)を使用してコックピット内のパイロット正面のガラス板に速度やロックオンのターゲットを表示していました。これでも当初は画期的だったのですがパイロットが正面以外を向いているときはHUDの譲歩が見れないという不具合がありました。
昔の戦闘機は、正面の航空機に対してしかロックオンできなかったのですが、火器管制レーダー(主にミサイルを撃つ時に使用するレーダー、よく中国とかが自衛隊機に当てて問題になっているレーダーです)の性能が上がり正面以外でもロックオンできるようになり、ロックオンしている航空機がHUDだけでは確認できないようになりました。(HUD以外では確認できます)

HMDの利点

F35第3世代ヘルメットマウントディスプレイシステムの次世代インターフェースはパイロットに高度な状況認識、正確さと安全性のための膨大な量の飛行、戦術とセンサー情報への直感的なアクセスを提供します。

革命的状況認識

F35のHMDのユーザーインターフェースはパイロットのシールドにディスプレイシステムとして機能し、赤外線カメラや、機体のカメラレーダーによる情報などをシールド表示します。
これによってパイロットが操縦席の足元を見た時、胴体の底を透視することが可能になっています。

これによって、足元の標的直接見ることが可能になっています。死角を確認できるだけでなく、フライト情報とセンサーデータを途切れることなく表示することは、パイロットにとって非常に助かる機能ですね。
特に狭い地域へのVTOL(垂直離着陸)をする時、揺れが大きい空母で甲板を見れるのはパイロットにとって非常にありがたい機能だと思います。
また、今回のHMDには、ヘルメットでターゲットを追うことによりロックオンができるなどの優れた武器ターゲティング機能、 統合HUD、ディスプレイおよびナイトビジョンヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘルメットマウントディスプレイ、およびバイザー投影型暗視機能などの技術が完全に統合され、パイロットに戦闘機のコックピットでこれまでにない機能を提供しています。
これにより、昼夜を問わずの戦術的優位性をできると開発者たちは言っています。

https://youtu.be/k3aimm04SWU

昼間と夜間の全視力を備えた双眼ディスプレイシステム

今回のHMDは高度な両眼視の装置が使われていて、30×40度の視野を持っています。
夜間任務中は、各センサーが処理した情報をHMDSは直接バイザーに投影するため、暗視ゴーグルを別に取り付ける必要がなくなります。


ビジュアルターゲティング

HMDSは、パイロットが標的を見て指定することによって武器を標的にすることを可能にしています。
これにより、正面以外のターゲットに関しても目視でターゲッティングができより直感的な操作が可能になります。
そして搭載センサーからまたは操縦手掛かりをデータリンクを介して受け取るときの標的の確認を可能にし、敵味方の識別もよりわかりやすく表示されるようになりました。

最適重心による高性能設計

HMDの登場初期は、その付属品の重量から高いGがかかる戦闘機には不向きだと言われてました。
しかし、技術の進歩によってより軽量な設計を追求し、最適な重心とアクティブノイズリダクション(騒音軽減装置)が設定される快適なものになっています。特注ののヘルメットは、操縦者の疲労を軽減し、パイロットの情報処理を助けてくれます。

https://youtu.be/w0btzIvlScI

関連記事はこちら


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。