女神転生D2無課金攻略日記、ストレンジシグナル、ライト編

女神転生D2無課金攻略日記、ストレンジシグナル、ライト編

スポンサーリンク

ストレンジ・シグナルの霊力10を周回するには?

ライト・シグナル

今回はメガテンD2(女神転生)のライトシグナル霊力10(ミカエル)の周回にチャレンジしようと思います。

ボスを始めとする各敵悪魔の編成やステータス、攻略におすすめの悪魔や実際に挑んだパーティを紹介したいと思います。メガテンD2のライトシグナル霊力10攻略の参考にしてください。

ライト・シグナルの特徴

ライト霊力10は、雑魚戦からボス戦まで魔法スキル主体で攻撃してきます。

特に破魔を使ってくる傾向にあるので、2体以上は、無効以上の耐性が欲しいところです。

反射しても吸収する悪魔は、いないので反射して行動回数を減らせるマカラカーン持ちもおすすめです。

万能属性や物理攻撃をしてこないため確実に反射でき、全waveで機能します。

全体攻撃で全て解除され、後続の悪魔からダメージを受ける場合もあるので、過信しすぎずあくまで戦闘を有利にできるスキルとして使いましょう。

1戦目

1戦目と2戦目では、火炎弱点のシキオウジとスレイプニルが登場し、マハラギ系が通りやすくおすすめのスキルです。

火炎系があると効率よく進められます。

「マハラギオン」や「マハラギダイン」を所持している悪魔を1体以上採用し、プレスターンを稼ぎながら効率よくダメージを与えましょう。

所持していない場合は「追い打ち」持ちに「マハラギ」を継承して、代替悪魔として活用するのも良いです。

結構ムド系を使ってくるので弱点持ちは避けた方がいいです。

2戦目

2戦目は、ホルス、ダンダリアン、スレイプニルの三体です。

一戦目と同じで、マハンマダインなどの破魔攻撃に加えて火炎、呪殺を駆使してきます。

こちらもどちらかといえば火炎より呪殺の方が割合が多い気がします。

破魔反射がいるとダンダリアンに効率よくダメージが与えられます。

ボス戦

ミカエル、サンダルフォン、ダンダリアンとの戦闘です。

ミカエルには、呪殺で攻撃が有効ですが、全体攻撃をすると、サンダルフォンの無効に引っかかってしまうので注意が必要です。

こちらも同様に破魔、呪殺、火炎の攻撃をしてきます。

私が実際に周回に挑んだパーティ

今回は、破魔反射持ちのパラスアテナ、回復役ジャンヌダルク、攻撃にルシファー、リリスを使いました。

パラスアテナは、破魔を反射してくれますが、呪殺により割と死にやすい傾向があります。回復が滞ると危ないです。一戦目は、シキオウジのせいで刹那五月雨撃ちが使いにくいですが、2戦目以降活躍してくれます。

今は、更なる安定化を目指し、ベルゼブブを育てています。

ジャンヌは、ひたすら回復しています。オルレアンの祈りでみんなの攻撃回数を増やしてくれます。

しかし、2番目に死ぬことが多いので今後、パズスを採用しようと考えています。

ルシファーは、トリスアギオンと万能でダメージを与えています。

割と最後まで残りダメージを与えてくれます。特に呪殺の反射が優秀です。

今回一番活躍したのが防魔リリスでした。呪殺と破魔を無効にするので最後の一人になってからも安定した強さを見せてくれます。

何より結構魅了が効くので同士うちによるダメージと、プレスターンを減らしながら攻撃も兼ねてくれました。

サンダルフォンには、効きませんがそれでも充分な戦力になりました。

こんなメンバーで周回しています。

まだまだ勝率が8割くらいなので、改善していきたいと思います。

改善パーティできたらまたアップしたいと思います。

実際にライトシグナルの霊力10をオート攻略をした動画

とうとうメンバーが揃いましたー

回復役に防魔パズス、そして、ベルゼブブ、サンダルフォン、リリスという完全に破魔と呪殺が効かない編成をくみました。まだまだ成長途中なので火力不足ですが安心してみてられます。

勝率10割です!しかもリリス以外は、☆4で構成してしかもレベルが最高に届いてません。

みなさんの意見とかコメントしてもらえると励みになります。

関連記事はこちら

女神転生D2無課金攻略、アウラゲート後半、第8層を周回するには?

女神転生D2の無課金攻略日記、初心者向けのアウラゲー ト攻略

女神転生D2無課金攻略日記、毎日のルーチンワークとジェムの使い道

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

いずもの多用途空母化は現実的なのか、気になる問題点は?

紀平梨花グランプリファイナル初優勝!ザギトワを超えた理由はこれだ!

大坂なおみ全豪オープン優勝!世界ランク1位、賞金も凄い!

F35戦闘機の驚異の最新技術!コックピットが透けて見える!?

下町ロケット2018が放送、キャストに阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、イモトも出演!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。