イチロー、オープン戦に出場!日本での開幕戦スタメン出場!?

イチロー、オープン戦に出場!日本での開幕戦スタメン出場!?

スポンサーリンク

2月23日ついにイチローがオープン戦に出場!

マイナーからの招待選手としてアリゾナ州ピオリアでのマリナーズのキャンプに参加しているイチロー外野手(45)が22日(日本時間23日)、オープン戦のアスレチックス戦に「7番・レフト」で先発しました。

イチローの今年初試合の成績

昨年5月2日以来、296日ぶりとなる復帰初戦、結果は、2打席目、3回2アウト満塁の場面でライト前に2点タイムリーヒットを放ちました。

その後、代走を送られ、今回の結果は2打数1安打2打点だった。マイナー契約で招待選手の立場でもあり、結果を求められるだけに、まずは好調なスタートを切ったといえそうです。
どんどん調子を上げていって欲しいですね!

試合結果は、マリナーズ8-1アスレチックスでマリナーズの勝利でした。今年から菊池雄星選手も加入しているので是非一緒に試合に出るところを見たいですね!

イチローヒット

イチローの登場にファンから大声援

先発に名前をコールされた際から、他の選手とは比べものにならないような大きな声援が場内から沸いたイチロー選手!

昨年4月22日のレンジャーズ戦(アーリントン)以来306日ぶりのヒットに場内は大盛り上がり!

しかし、直球にチョット詰まらされてのライトヒットにイチロー本人は
「あのヒットではちょっと恥ずかしい。恥ずかしいというかきれいな方がいいけどね。(ファンの)気持ちはうれしいですね」と話していました。

さすがのベテランも初めての緊張感

イチローが、帰ってきた。今キャンプで初めて「背番号51」の水色ユニホームに袖を通すと、軽快な足取りでグラウンドへ飛び出しました。

296日ぶりの実戦。日米通算28年目を迎え、通算3602試合に出場してきた大ベテランのイチロー選手、見慣れたはずのベンチからの景色に特別な感情を覚えていました。

「すごく緊張しました。最初に(メジャーに)来た時とも違うね。どれとも違う緊張感でしたね」。

例年のオープン戦とは、明らかに違う状況で今までの野球人生で最長ブランク、渡米後19年目で初めてとなる招待選手の立場。
イチロー選手は、

「緊張するのはいつものことだけど、こういう種類のものは初めて。当然初めての経験だから初めての緊張感。でも、こういう種類のものを味わうとは確かに思っていなかったです」

と代名詞の背番号「51」は同じでも、色々と違う立場にイチローの心は、いつになく張り詰めている心情を語っていました。

2回無死走者なしの第1打席は、右腕ヘンドリクスの時速94マイル(約151キロ)の速球に押され、キャッチャーフライに倒れました。
迎えた3回2死満塁の第2打席。カウント2-2から救援左腕バクターが投げた真ん中高め、91マイル(約147キロ)の速球にバットを折られながらライトへ運んびました。
実戦での安打は昨年4月22日のレンジャーズ戦以来、306日ぶり。大きな拍手を背に受けながらも、イチローは表情ひとつ変えることなく、代走と交代し、ベンチへ向かいました。

新打撃フォームの完成度は?

低く沈む新打撃フォームでの初安打。
イチロー自身は「恥ずかしい」と振り返りましたが、高めの速球にバットをかぶせる「技」の一打でした。
同打席の2球目には内角高めの速球に、やや振り遅れるかのような空振りを喫した。5球目の安打は、ブランクを感じさせない、持ち前の高い修正能力が生んだものでした。

「この緊張感は今日だけだと思う。毎日緊張すると思うけど、これは今日だけのものだと思う。次はどう試合の感覚を取り戻すか、というステップですね」。

期待の日本での開幕戦の出場は?

マリナーズの首脳陣は日本での開幕2連戦(3月20日、21日)でのベンチ入りを明言しているものの、その後の処遇は未定です!

今オープン戦で結果を求められることに変わりはないので、ここで大活躍してスタメン出場を勝ち取って欲しいですね!

「(今までと)変わった立場がありますからね。当然だと思います」。

周囲の限界説を覆すためだけではない。常に向上心イチローの姿勢は、何ら変わっていないので、ファンとして今シーズンの活躍をsんじていきたいと思います!

関連記事はこちら

イチローが会見、引退せずに2019年現役続行する理由、日本で開幕戦出場の可能性は?

イチローに戦力外通告の危機!

マリナーズイチロー!会見で熱い思いを語る!

イチロー マリナーズに決定!最低年棒+出来高で挑戦!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

大坂なおみ全豪オープン優勝!世界ランク1位、賞金も凄い!

カーリング女子ロコソラーレ敗れる、藤沢五月の怪力が起こした珍プレーが影響?

紀平梨花グランプリファイナルでザギトワを倒し、初優勝!

大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る。

体操世界選手権2018の個人総合、内村航平負傷、白井健三メダルなるか?速報!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。