ザギトワ身長の急成長を克服!紀平梨花がフリーで2回のトリプルアクセルに挑戦!

ザギトワ身長の急成長を克服!紀平梨花がフリーで2回のトリプルアクセルに挑戦!

スポンサーリンク

2019世界フィギュアが日本で開幕!

フィギュアスケートの世界選手権はが2019年3月20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕しました!
初日は、女子ショートプログラム(SP)があり、日本勢は、坂本花織選手、宮原知子選手、紀平梨花選手の3名が出場します。
他にもロシアの平昌オリンピックの金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手、同じく平昌銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ選手、カザフスタンの全四大陸選手権2位のエリザベート・トゥルシンバエワ選手など有力選手が出場します。

フリーでは、日本選手とロシアの選手が僅差の大接戦さらに、トゥルシンバエワの大躍進など見応え十分な世界選手でした。

ショートプログラムは、高レベルの戦い

今回のショートプログラムについては、有名選手が比較的ミスなくこなした印象があります。そんな中、紀平梨花選手は、緊張からいつものミスが出てしましいした。

日本勢は、紀平梨花と坂本花織の明暗がくっきり、宮原は我慢の勝負

坂本花織ショートは2位スタート

最終組の1番手で滑った坂本花織選手、冒頭の3フリップ+3トーループの連続3回転で幅のあるジャンプを見せ、2・12点の出来栄え(GOE)加点を得て11・62点のスタート最近の坂本花織は、入りの安定感が抜群いいいです!
続くダブルアクセル(2回転半)、演技後半の3回転ループのGOE加点を獲得!
ステップ、スピンも全て最高のレベル4を並べ、技術点は41・98点、演技構成点は5要素全て8点台で34・88点でした!

見ている限りミスは見られなかったので、本人も納得の演技だったのではないでしょうか!

坂本選手のコメント

「自己ベストを更新してすごく満足している。(冒頭で)納得のいくジャンプが跳べたので、良い波に乗れた」。

最後は両手でガッツポーズし「結果はどうであれ、自分の演技をしようと思った。それが達成できた喜びが出た」と笑った。

紀平梨花ショート7位トリプルアクセル不発!

紀平梨花選手は今シーズンショートプログラム(SP)のを通じて成功率が低迷している冒頭のトリプルアクセルが1回転になり、無得点になります。事前の練習でも着氷できていたので、調子は良さそうに見えたのですが、残念です…

演技終了後に残念な表情を見せていました。

これは基礎点8.0が丸々入らないことになる大ダメージです。最高の加点を取ると12.0入るだけに痛恨のミスでした。しかし、ミスを引きずらないのが紀平梨花の持ち味、その後は立て直し、2フリップ+3トーループの2連続3回転で1・14点のGOE加点をとり、演技後半の3回転ルッツで2・28点のGOE加点をとって挽回していきます。

スピン、ステップは最高のレベル4を並べ、技術点は36・92点、演技構成点は5要素全て8点台で33・98点でした。

国際大会では1度しか成功していないSP冒頭のトリプルアクセル(3回転半)が1回転半になるミスが響いて7位発進、トリプルアクセルの得点がなくても優勝射程圏内に入ってくるところは流石です!

しかし!その一方で紀平選手は、国際大会で4度逆転優勝を飾っています!
今回も逆転の紀平梨花に期待です!

紀平梨花選手のコメント

22日のフリーはトリプルアクセルを2本入れる予定でフリーでの巻き返しへ「世界選手権では絶対に3回転半を2本入れたいと考えていたので、必ず2本決めれるようにしたい。絶対に自己ベストを更新できるように今からイメージして、きょうとあすは過ごしたい」と強い思いを語っていました。

元日本女王宮原知子の意地

子雀に捧げる歌宮原は冒頭の3ルッツ+3トーループの2連続3回転のトーループで回転不足を取られ、GOEで1・1点の減点からのスタートとなります。
その後は立て直し、ダブルアクセル、演技後半の3回転ループはそれぞれ1点近くの加点を得た。スピン、ステップは最高のレベル4を並べて技術点は36・37点、演技構成点は5要素全て8点台で76・08点の8位スタートとなりました。。

努力の天才宮原選手、個人的には凄まじい練習量で作り上げた宮原選手のバッキバキの背中が好きです。みんなにも注目してもらいたい

宮原選手のコメント

フリーに向け「(練習で)やれることはしっかりやってきた。本番ではしっかりそれを出したい」と語っていました。

ロシア勢奮闘!

平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)今季自己最高の82・08点で首位。四大陸選手権2位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)は75・96点で3位。平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワが74・23点で4位にはいりました。

ザギトワ自己ベスト更新!成長期の身長の変化を克服!

フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワがルール改正後の2018年以降で自己ベストとなる82.08点の高得点で首位発進!

オペラ座の怪人の音楽に乗せ白い衣装でショートの最後を飾ったザギトワは冒頭の3ルッツ+3ループの2連続3回転で2・44点のGOE加点を得て13・24点の好スタート!
ダブルアクセル、3回転フリップの単独ジャンプも1点以上のGOE加点を得て、ステップ、スピンも最高のレベル4を並べるなど、技術点は44・72点、演技構成点は5要素全て9点台で37・36点でした。
去年のソチオリンピックと比べても明らかに身長が伸びている感じがします。昔はメドベージェワ選手の方が圧倒的にスラット身長が高いイメージでしたが、今ではあまり変わらない印象を受けます。身長を生かしたダイナミックな演技に今後も期待大ですね!

ザギトワ選手のコメント

演技を終え「観客の皆さんが、私を助けてくれた。日本の観客は、温かく迎えてくれる。今日の演技は良かった」と振り返りました。

キスアンドクライでは、文字通りの投げキッスが見られました。ファンが何人か倒れたんではないかと心配です。

メドベージェワ復活!

今回のショートプログラムでは大きなミスもなく技術点も37.60で、合計74.23と4位につける好発進ぶり、大きなミスもなく優勝戦線に絡んできそうです。

フリーは、ザギトワ、メドベージェワ、トゥルシンバエワが希薄の演技!坂本花織、紀平梨花少しのミスで表彰台ならず。

アリーナ・ザギトワ身長の急成長を克服!大きなミスなく大差で優勝!

ショートでトップでとって平昌オリンピック金メダリストとしての存在感を示したザギトワ、フリーでは坂本花織の次、最終グループの第5滑走で出場します。オペラカルメンの曲に合わせて黒地に赤の衣装で昨シーズンよりも大人っぽい魅力の演技だったと思います。身長が伸びたせいもあって全般的にダイナミックな演技だったと思います。


演技構成は、オペラ「カルメン」の曲に合わせて、

2アクセル 基礎点⒊30 GOE1.04
3ルッツ+3トゥループ 基礎点 10.10 GOE 2.28
3サルコウ 基礎点4.30 GOE 1.47
2アクセル 基礎点 3.30 GOE 1.04
後半ジャンプの基礎て10%up
フライングキャメルスピンlevel4 基礎点 3.20 GOE 1.28
コレオシークエンス 基礎点 3.00 GOE 1.71
3ルッツ+3ループ 基礎点11.88 GOE 1.18
3フリップ+2トゥループ+2ループ 基礎点 9.13 GOE 1.44
3フリップ 基礎点 5.83 GOE 1.24
足変えコンビスピンlevel4 基礎点 3.50 GOE 0.99
ステップシークエンスlevel4 3.90 GOE1.34
フライング足換えコンビスピンlevel4 基礎点3.50 GOE 1.40

演技終了後は思わず涙が溢れ出し、目頭を抑えるシーンがありました。
昨シーズンオリンピックの後成長期の反動で調子を崩していた時期もあり、今シーズンもなかなか思うように演技ができなかったことを思い出したんでしょうねー

ザギトワがキスアンドクライで見せたハートマークがかわいい!

今回の得点は、237.50で2位のトゥルシンバエワに10点以上の差をつける圧勝!得点を聞いたザギトワ選手は思わず両手でハートを作り笑顔で喜んでいました!

ザギトワの優勝インタビュー

ザギトワ選手は「今回の優勝はアリーナ・ザギトワ選手でした」と紹介されると満面の笑みで「ありがとうございました」と日本語でこたえていました!

Q:今の気持ちを聞かせてください

ザギトワ:本当にどうもありがとうございました。昨シーズン大変な時期がある中で私を支えてくれたコーチや全ての人に感謝したいと思います。そして観客の皆さん私に大きな声援を送ってくれてありがとうございました(最後に日本語で)

Q:今シーズンは苦しんできた中で迎えた世界選手権でした。そんな中この素晴らしい演技につながった一番の要因を教えてください。

ザギトワ:私をサポートしてきた親戚や親しい人たちのおかげだと思います。改めて感謝の気持ちを伝えたいです。

Q:今回の日本での世界選手権は満員のお客様から大きな大きな声援がありました。そんな中で滑った世界選手権はどんな世界選手権になりましたか?

ザギトワ:日本はいつも私を暖かく迎えてくれます。皆さんの暖かい声援が私に力を与えていいジャンプを飛ばせてくれます。

最後は投げキッスで締めくくりました。ザギトワさんは、日本でマサルをもらったり世界選手権で優勝したりといい思い出続きなので、親日度がまた増しそうですね!

関連記事はこちら

紀平梨花、本田紗羅、W優勝!かわいい笑顔で喜びの会見

ザギトワ身長が伸びて今シーズンは、演技の迫力UP!絶好調の秘密!

フィギュアシーズン開幕!ザギトワ初戦を棄権!紀平梨花シニア初優勝!

紀平梨花グランプリファイナル初優勝!ザギトワを超えた理由はこれだ!

フィギュアスケートシーズン開幕!オータムクラシック2018、メドベージェワ、樋口新葉の初戦結果は?

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでいます

イチロー、オープン戦に出場!日本での開幕戦スタメン出場!?

体操世界選手権2018の個人総合、内村航平負傷、白井健三メダルなるか?速報!

下町ロケット2018第1話あらすじ、第1話からテンポが速すぎ!阿部寛、竹内涼真迫真の演技

F35戦闘機の価格を値下げ!トランプ大統領の決断は日本へどんな影響があるのか

大谷翔平海外の反応トミージョン手術決意!影響は?二刀流の危機

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。