一条工務店のグランセゾンを建てる男の日記2、どんな家にするか決める編

一条工務店のグランセゾンを建てる男の日記2、どんな家にするか決める編

スポンサーリンク

家を買うと決めたら次はタイプを決める

前回は「家を買う」ということを決めましたが、家を買うにしてもいろいろなものがあります。マンションを買うのか、戸建てを買うのか、新築なのか中古なのか、リノベーション(リフォーム)にするのかなど、家を買う方法は様々です。最初予算を爆然と3000万以内を検討していました。しかし、それでは福岡では土地の値段が高いため、新築の注文住宅は難しいという感じでした。当初の予定より大幅に増えても注文住宅になった、思考過程を見ていきたいと思います。

マンションか戸建てかそのメリットデメリット

マンションか戸建てかまずはここから考えました。最初家を買う前はなんとなくマンションの方が安いし、便利だし、経費がかからない、というイメージを持っていました。しかし、意外にも(意外と思ったのは勉強不足w)戸建ての方が値段は安かったんです。その理由は、マンションと戸建てのメリットにもあるのですが、マンションは駅に近い、その代わり高いと言った他に、修繕費の積み立てなどで月々の支払いが高くなってしまうなどの問題がありました。下記にまとめてみたので参考にしてみてください。

マンションのメリット

  • 般的に駅に近く生活がしやすい
  • 玄関での防犯システムなどが優れているので安心感がある
  • 立地が良ければ貸したりするのが行いやすい
  • 高い部屋に部屋に住むと景色がいい
  • 近辺にスーパーや病院があるため、老後の生活が楽である

マンションのデメリット

  • 自分の分譲された部屋の代金の他に駐車場代、建て替えや修繕費の積み立てなどがかかってきて意外にランニングコストがかかる
  • 購入後、年数が経過すると、毎月の修繕費が高くなることがある
  • 戸建てと比べるとどうしても手狭になりやすい、間取りが限定されている
  • 売却の際に、価格がつきにくい
  • 地震などがあったときに建物にヒビが入ったりした場合の修繕などが管理組合の話し合いで行われたりするのでそういったと気に揉めやすいというのがあります
  • 戸建てのメリット
    • マンションに比べ広い
    • 修繕などは個人の計画でできる
    • 自分で立てるときには思い通りの家が立つ

    戸建てのデメリット

    • 土地の値段の影響をうけ駅からは遠くなりやすい
    • ハザードマップなどを確認して立てないと洪水などの被害に遭いやすい
    • 土地によって地盤が緩かったりして傾いたりする
    • 施工業者によって性能の差が出やすい。
    • 防犯上、マンションよりも徹底されていないため、不安がある
    • 庭の手入れが必要、高齢になると負担になる
    • 個人の計画で修繕して行かなければならないので計画性が求められる。
  • これらを踏まえて個人的には戸建て

  • メリットとデメリットを比べてみて、個人的にサーフィンをしたりするのでどちらかというと収納が充実している家に住みたいというのと、家族もあまりゴチャゴチャしたところが好きじゃないというのもあって個人的には戸建てを選びました。
    次は戸建てでも中古を買う、中古を買ってリフォーム、新築の建売、注文住宅といろいろあります。
  • 戸建てそれぞれのメリットデメリット

  • 中古住宅のメリット

    • やすい
      条件が合えばお買い得
      固定資産税が安い
      資産価値が最初から下がっているので購入時と売却時の差が少ない
  • 中古住宅のデメリット

    • 影に何か不具合があるかもしれない
      好条件の物件を探すのが大変
      新築に比べると光熱費が高くなることが多い
  • 中古住宅は条件さえ合えば非常に魅力的な物件だと思います。しかし、福岡で探すといい物件はすぐ売れてしまったりするので早めの決断が必要だと感じました。しかし、買うときには、「インスペクション」という第3者による検査を受けているかなど確認を希望すると見えない部分のリスクを知ることができます
  • 中古住宅をリノベーションリフォーム)する

  • 最初は、私も中古物件をリノベーションする方法を考えていました。ちなみにリフォームとリノベーションは少し意味合いが違います。リフォームは古いものを新しくするということで、リノベーションはさらに新しい価値を加えることのようです。建物の断熱化やオール電化かなどクロスを張り替えたりするリフォームよりも高額になっています。
  • 中古住宅リノベーションのメリット

    • 新築に近い状態の物件を安く作れる
      固定資産税が安い
  • 中古住宅リノベーションのデメリット

    • 業者によって性能が大きく左右される
    • リノベーションに向いている物件を探すのが大変
    • 元の物件の条件により新築より高くなることがある
  • デメリットを克服するとかなりいい条件で立てれる可能性があります。土地や家を引き継ぐ人はデメリットを克服できる可能性が高いと思います。後は業者の選定の時にどういう工事をするかをよく考えるといいと思います。
    実際に私も途中まで高気密高断熱のリノベーションを計画していましたが、探してきた物件だと工事できなかったりすることもあり、工事費も2000万くらいかかるということで結局一条に至りました。
    高気密高断熱みたいな大きな工事をしなければリフォームで十分だと思います。話を聞くと500万くらいで内装と水まわりを変えている方法が多かったです。
  • 新築建売のメリット

    • 注文住宅に比べやすい
      モデルハウス落ちの物件は装備が充実してお得
      気に入った間取りであればすぐに住めて手続きが簡単
      住宅ローンの手続きも注文住宅より楽
      土地を別で探す必要がない
  • 新築建売のデメリット

    • 見た目や間取りに騙されやすい
      個性が出にくい、特に分譲地では似たような家が並ぶ場合も
      物件を見ないと安物をつかまされる可能性がある。特に見えない壁の断熱や隙間風は重要、夏暑く、冬寒い家になると光熱費も大変
  • 注文住宅のメリット

    • 間取りなど自分の好みが反映できる。
      不要なものを除いてコストダウンが可能
      素材などを自分で選ぶことができる。
  • 注文住宅のデメリット

    • コストが建売などより高い
      土地探しが大変打ち合わせに労力がかかる
      住むまでに時間がかかる
  • 注文住宅を実際に立てようと思いましたが、本当に福岡県での土地探しは大変でした。
    前回にも書いたんですが、福岡に転勤するため家を立てようと決めたので、インターネットで土地を見つけて現地に行ってということをしているうちに次々と土地が売れていき、めぼしい土地は現地で見ることもできないような状況でした。本当に土地探しはタイミングだと思いました。
  • 最終的な決め手

  • 家を決めようとした時に考えたのが今の家賃でした。今の家賃が駐車場代などを含めて7万円それに光熱費が2万円くらいかかっていました。これを35年ローンに当てはめると9万円×12月×35年=3780万円になります。これにボーナスで年2回10万円払うと10万×2回×35年で700万で合計4480万になり、最悪これを超えないように資金計画を立てようと思いました。
    なので、月の支払いも家のローンだけではなくローン+光熱費で考える様にし、少々高い家でもランニングコストが安い家に住めば、光熱費込みで考えると同じ金でいい家に住めると考えて高気密高断熱のうえにこの値段でソーラーまでのる一条工務店の注文住宅にしようと思いました。
  • ネットの検索もいいですが本を買って検索するのもおすすめ

    最初から最後まで手が届く情報が載っていておすすめです。他にも住宅ローンなどのことも詳しく載っているのでオススメです!

    次回は土地を選ぶときの苦労話を載せたいと思います。

    関連記事はこちら

    一条工務店のグランセゾンを建てる男の日記1、一条工務店に決めるまで

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。