戦闘機

F35戦闘機の驚異の最新技術!コックピットが透けて見える!?

  • 2018.12.26

スポンサーリンク F35の最新技術、HMDの凄さとは F35(ライトニングⅡ)はマルチロール機、日本語的にいうと多目的戦術航空機になります。そんなマルチロール機のパイロットにとって、一瞬の意思決定は生死の問題になる可能性があります。それを助けているのがHMD(ヘルメットマウントディスプレイ)です。言葉だけだとイメージがつきにくいですが、ヘルメットのシールド(サンバイザー)部分(下の写真) このシー […]

F-15J戦闘機を隣りの韓国のF-15Kと比べてみる。

  • 2018.10.21

スポンサーリンク F-15J(イーグル)とF-15Kの違いは? 実は、同じF-15戦闘機でも日本のF-15Jと韓国のF-15Kでは、設計思想に大きな違いがあります。今回は、その違いについてみていきたいと思います。 日本のF-15J戦闘機(イーグル) 日本のF-15は、航空自衛隊の第3次F-X計画で、米マクドネル・ダグラス社のF-15C/Dを導入しています。ちなみに、F-15Cは、単座(一人乗り)、 […]

F-35戦闘機が墜落し無事故記録途絶した。日本への影響は?

スポンサーリンク F-35の墜落が及ぼす影響とは?無事故記録をF-22との比較してみる 2018年9月28日(金)、アメリカ海兵隊の短距離離陸垂直着陸型(STOVL)戦闘機ロッキード・マーチンF-35B「ライトニングII」が、アメリア東海岸サウスカロライナ州ビューフォート海兵隊航空基地近辺において墜落、大破するという事故が発生しました。パイロットは緊急脱出(ベイルアウト)したと見られ死者はありませ […]

F35戦闘機の価格を値下げ!トランプ大統領の決断は日本へどんな影響があるのか

  • 2018.10.03

スポンサーリンク トランプ大統領の交渉によりロッキードマーチンがF35戦闘機の値下げを発表! アメリカ国防総省は9月28日、最新鋭のステルス戦闘機F35、141機を計115億ドル(約1兆3千億円)で調達することで、製造元のロッキード・マーチンと合意したと発表しました。 これまでの調達で最安値となり、空軍仕様で航空自衛隊も導入したF35Aは1機当たり約8920万ドル(約101億円)となり、初めて9千 […]

F16ファルコンの低空飛行は何故行われるのか?

スポンサーリンク 米軍機の訓練飛行の映像が話題に アメリカ軍の戦闘機が日本の集落の上などを超低空で飛行していたことがわかり、住民らから不安の声が上がっている。 さらに、その戦闘機のコックピットから撮影された映像が、今月2日、動画サイトに投稿され、波紋が広がっている。 在日アメリカ軍の戦闘機による訓練映像―。機体を左右に大きく傾けながら、山あいをすれすれに飛行している。やがて下には畑が見え始め、さら […]

陸自AH64ヘリ墜落、直撃の2軒のほか7軒で被害 陸自が確認

スポンサーリンク 陸自のヘリ墜落 佐賀県神埼市で陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、陸自は11日、同日午前8時までに、墜落したヘリが直撃した民家2軒のほかに、現場から約200メートルの範囲で7軒に被害が出ているのを確認したことを明らかにした。ヘリの部品が屋根を貫通したり、倉庫の壁に穴があいたりしているという。 小野寺五典防衛相が同日、墜落事故の謝罪のため、佐賀県の山口祥義知事と […]

陸自ヘリAH64、佐賀県神埼市で民家に墜落!

スポンサーリンク 陸自のヘリ 墜落 5日午後、陸上自衛隊のヘリが佐賀県神埼市の民家に墜落し、民家が炎上した。この民家に住む4人のうち11歳の少女が軽いケガをしたという。また、ヘリの乗員2人のうち1人の死亡が確認された。 民家に墜落!奇跡的に民間人に死者なし! 警察と防衛省によると5日午後4時43分、佐賀県神埼市千代田町の民家に陸上自衛隊の攻撃ヘリ「AH64」が墜落した。民家は、激しく炎をあげて炎上 […]

ブルーインパルスが名古屋で訴えられる!

スポンサーリンク ブルーインパルスを住民が告発 愛知県の航空自衛隊小牧基地で昨年3月に開催されたイベントで、空自アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が必要な許可を取らずに曲技飛行をしたとして、地元の住民約380人が26日、航空法違反の疑いで、当時の基地司令やパイロットらへの告発状を名古屋地検に提出した。こうした告発は全国初とみられる。 何を訴えたのか! 航空法は人口密集地域で宙返りや横転など […]

中国に対抗F-35Aとは?

スポンサーリンク F-35とは? 最近ニュースで新型戦闘機F35が話題になってますが、実は、A型とかB型とかC型とかあるんです。 F-35A F-35Aは、F-35シリーズの基本型であり、アメリカ空軍での使用が考慮されたオーソドックスなCTOLタイプ(通常離着陸)である。 3タイプの中では最も簡素で軽量な構造であるが、機体の大きさは、全長15.40m、全幅10.67mで、F-16の全長15.03m […]

中国に対抗、自衛隊が改造空母でF35Bを導入!?

スポンサーリンク とうとう日本にも空母が復活するかもしれない!そして最新鋭の戦闘機との組み合わせになると強力な抑止力になりそうですね! 防衛省ヘリ搭載護衛艦の改修か? 防衛省は、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を、戦闘機を搭載できる「空母」に改修する検討に入った。 米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦できるようにする。航空自衛隊もF35Bを導入する方向で、将来的には空自機 […]